【BMOM82】亦野陸生(3年=八千代) 鮮やかなFKで同点弾を演出

高橋佑輔

[10.28 新関東リーグ2017・1部第3節 青山理工 1-1 明治生田 ZOZOPARK]

img_5200

一点のビハインドを負って迎えた後半17分、センターよりやや左で手に入れたFKのキッカーを務めたのが64番亦野(3年=八千代)だった。右足で狙いを定めたボールはゴール右上へと綺麗な弧を描いて吸い込まれていった。

「いい位置でFKもらってくれて落ち着いて蹴れば入るかなと思ってたのでうまくいってよかったです」と
このように本人も狙い通りの一撃に満足そうに答えた。

第2節では数的優位という有利な展開で勝ち点の得ることのできなかった青山学院大学理工サッカー部。(以下:青山理工)
「前節負けているのでチームとして勝ち点3を確実に取るという気持ちで試合に臨んだ」
と本人も述べているように、最下位の明治大学生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)相手に勝ち点を取りに行きたいという試合であった。

しかし、試合が始まると序盤は明治生田に押し込まれる展開に。
前半6分に失点を喫し、不利な状態に立たされるとなかなか攻め手の作れない苦しい時間が続いた。
この状況に関して亦野は
「先制されて苦しかったですが焦らずゆっくりいこうと思ってました」
と気持ちを述べた。

この発言の通り、青山理工は亦野を中心に自分たちのペースを取り戻し、得意のパスワークで明治生田ゴールを何度も脅かした。
「個人的にはサイドバックの安藤(3年=座間)と左サイドを崩したかったのですが相手が対応してきたので少し中めでプレーしました」
と試合を振り返った。プレーエリアを中に移しポゼッションサッカーの起点として働いていた。
また試合を通しセットプレーのキッカーを務めた亦野。彼のキックからチャンスが演出されるというシーンも幾度か見られた。

そしてFKで貴重な同点ゴールを挙げ、なんとか勝ち点1をチームにもたらした。

img_5202

そしてこれからのリーグ戦に向けて
「最後うちが押していた分勝ちたかったですが切り替えて残り4試合頑張ります!」
と意気込んだ。
試合終盤、猛攻を仕掛けるも追加点の取れなかった青山理工。リーグ戦を勝ちきる上で決定力を上げるのは必須課題になる。
残り4試合、この結果に満足せず戦い続けなければならない。

img_5201

青山学院大学 理工サッカー部のチームページ

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.13

【マネの想いvol.6】”全てを懸けて”

3年マネージャー特集 第六弾 早稲田大学理工サッカー部 大西夏未さん 「全てを懸けて。」 −まず、早稲田大学理工サッカー部(以下早理)に入ったきっかけを教えて下さい。 南アフリカW杯…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.18

サッカーサークルのマネージャーの実態を暴け!

  新入生のみなさんこんにちは!       今回の特集は、サッカーサークルの「マネージャー」についてです!!  …

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.29

【特別企画】プレマネ必見!!胸キュン仕草まとめました!!

こんにちはBeYonD編集部です。     もう6月も末ですね、、、     夏です。っていうか梅雨真っただ中です。。。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.05.08

【新歓記事vol.10】元幹事長に聞いてみました!新歓の極意!

こんにちは!BeYonD編集部です! 4月も終わりに差し掛かり、各サークル新歓活動も盛り上がってきているのではないでしょうか。ということで今回の記事は新歓をする側の2,3年生に向けた内容になって…

read more 野口日向
コラム 2017.08.15

【BMOM69】”圧倒的存在”遊佐拓矢(3年=川越南)が成蹊の頂点に導く決勝弾!!

8月17日に行われた成蹊大学学内戦の決勝戦。 成蹊大学アースエラスティックサッカー(以下:ARSE)と成蹊大学フットサルクラブ(以下:SFC)が頂点を争った。 前半からギア全開のARSEに押さ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.14

体育会でも、サークルでもない。新たな選択肢を体現するFC GRAN SUMAとは。

体育会サッカー部でも、サッカーサークルでもない。神奈川県社会人リーグ3部に大学生のみで参戦するFC GRAN SUMA。 「2年連続で惜しくも2部昇格を逃し、何としても今年は昇格を決めたい。」そう語…

read more 大田智輝
コラム 2017.06.07

【BMOM58】森本麗(2年=広島国泰寺) グルービーのラスボスが青理の攻撃をシャットアウト

Zozopark Honda Football Area で行われた新関東カップ2017準々決勝。明治大学 Groovy Kids(以下:グルービー)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)がベスト…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.28

【新関東リーグ2021・第9節】新関東リーグ最終節!優勝・残留をかけた運命の一戦に勝利したのは!?

11月27日(土)矢田部グラウンドにて新関東リーグ最終節が行われた。今節までに慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:慶應理工)と中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)の降格が決まっている。今…

read more 東 孝太郎
コラム 2016.12.01

【BMOM17】八木俊輔(1年) 新生TRIOSの守護神が三ツ葉の猛攻を完封

謙虚なニュースターの誕生   関西同好会リーグ最終節、同志社大学三ツ葉キッカーズと関西大学TRIOSとの一戦。春の王者TRIOSには負けられない意地があった。押される場面も少なくない…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.02.12

【BeYonD?×Criacaoイベント】新3年生幹部が集結!!リーダーズカレッジ

2019年1月16日(水)西新宿にあるCriacaoオフィスにて 新関東リーグに所属するサッカーサークルの新3年生幹部30名集めたリーダーズカレッジが行われた。 今回はそのリーダーズカレッジで…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-