【新関東カップ2022 得点王】新谷 唯我(3年=日大三高)今大会8得点をマークし見事得点王に輝く!!

杉本 竣平

6月7月と約1ヶ月にかけて行われた新関東カップ2022で大事な場面でも大きな仕事を果たし、さらにはハットトリックを2回達成し、計8得点と驚異の得点力で見事得点王に輝いた中央大学サッカー同好会の10番新谷唯我(3年=日大三高)にインタビューをした。

 

ーまずは優勝おめでとうございます。

ありがとうございます。

 

―決勝戦を振り返ってどうでしたか?

まずは勝てて安堵したのが素直な感想でした!先制点をとれて勢いに乗れたし、試合の応援にも100人近くきてくれて強みである組織力とかが出た試合だったかなって思いました。

 

―稲穂フェスタに引き続きタイトルを取りましたが要因はどんなところにあると思いますか。

学年、プレマネ関係なく仲が良くて練習以外の時でもずっとサカ同の人たちといるのが当たり前になってきていたのでチームの雰囲気はとにかくよかったことですかね。練習の部分でも週に二回AB戦をやれていたので質の高い練習になってたと思います。

―個人としては5試合8得点と大活躍を見せてくれましたが個人としての感想はどうですか?

元々ストライカータイプではなかったけど結果でチームにこたえることができてうれしかったです。

 

―ここまでの得点をとれた要因はどんなところにあると思いますか?

そうですね。僕、稲穂フェスタ前くらいに彼女と別れてしまったんですけどそこから調子が上がりだしたなんてみんなからは言われてますね。なので僕もそうなんじゃないかなって思い始めてます。
あ、でもカップ戦も一段落したので今は彼女大募集してます。

 

―最後に今後の目標を教えてください。

チームとしては残っているタイトルをすべて取りに行きたいと思っています。個人としても得点という形でチームに貢献していきたいです。

 

―ありがとうございました。

 

中央サカ同はチーム全員が一体となって応援して選手たちはチームのために走る組織力の塊のようなチームだった。だからこそ点を入れた時や試合終了したときは応援席にいるチームメイト全員が声を上げて喜び、人によっては涙を見せている人もいた。
8得点をマークした新谷はインタビューを通して中央サカ同らしいユーモアな部分も持ち合わせながら自分のことよりもチームのみんなのことをたくさん話すチーム愛のあふれた部分を見せてくれた。
今後の新谷選手の活躍はもちろん、中央サカ同がさらに大暴れしていく姿に注目していきたい。

Written by

杉本 竣平

sugimotosyunpei

Keywords

Recommend

コラム 2016.10.28

【新関東FL一部第3節】中央ダービー含めた4試合の見どころ

第1試合(9:00 ko) 明治大学体同連サッカー部vs稲穂キッカーズ 前節、両チームとも完勝したこのカードは先制点が鍵となるだろう。両チームのキャプテン共に守備に重点を置き、「まずは守備をしっかり…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.10

【BMOM115】津幡康樹(3年=八千代) 首位を走る中央フースバルを支える影の大黒柱が活躍!!

11月3日土曜日、鹿島ハイツで行われた1部リーグ5節は首位維持のために勝ち続けたい中央大学体同連フースバスクラブ(以下:中央フースバル)と残留するために勝ちたい慶應大学キッカーズクラブ(以下:慶應キッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.05.25

【BMOM125】川島 優太(3年=東京ヴェルディ)圧倒的なサッカーセンスで相手を翻弄する

新関東カップ二回戦第三試合。慶応義塾大学慶応キッカーズ(以下:慶応キッカーズ)と、明治学院大学白金FC(以下:明治学院白金)の試合が5月18日(土)ATSU FOOTBALL FIELDにて行われた。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.12

新チーム始動インタビュー第5弾”明治大学生田蹴友会 吉崎光”

昨年明大カップ優勝、新関東リーグ1部昇格と華々しい結果を残した明治大学生田蹴友会。3年生が引退し新チームの旗揚げとなった生田の代表吉崎光(2年=八千代)と副代表の 小林賢正(2年=海星)の2人に話を聞…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.05

【新関東カップ MVP】MVPに輝いたのは誰か!?

新関東カップ2022決勝が昨日7/2(土)に埼玉スタジアム2022第2グランドで開催された。 今大会のMVPに輝いたのは中央サカ同42番加藤翔太(3年:浦和西)である。 優勝したサカ同の守護神…

read more 三田結人
コラム 2016.11.22

【BMOM13】鷹野 友哉(3年) 復帰戦で底抜けの肺を披露

ドラマティックボーイ   明治体同連は、先日の新関東リーグ最終節で青山理工と対戦した。残留圏に残るために勝利が絶対条件であった。明治体同連は2点差をつけ勝利すれば、自力での残留を決め…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.11.22

【新関東リーグ2020・1部第4節】スタイルの違う上位2チームが激突!

波崎では珍しい風もなく陽気な気候で行われた新関東リーグ一部第3節。4連勝を果たし首位に浮上したい中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と優勝争いに食い込むために負けられない早稲田大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.28

【新入生必見!同好会チームガイドvol.4】慶應義塾大学編

大好評の第一弾「早稲田大学編」に続き、第二弾はやはりこの大学。"慶應義塾大学編"です!   今回紹介するのは新関東フットボールリーグとユニオンリーグに所属するチームを筆頭に、イン…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.07

【BMOM58】森本麗(2年=広島国泰寺) グルービーのラスボスが青理の攻撃をシャットアウト

Zozopark Honda Football Area で行われた新関東カップ2017準々決勝。明治大学 Groovy Kids(以下:グルービー)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)がベスト…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.12

【BMOM 68】桐ヶ谷拓実(3年=久喜北陽) 安定したセービングで2連覇を達成!!

8月11日、アットホームカップ文教大学学内戦決勝が文教大学第三グラウンドにて行われた。 2年連続アットホームカップ本大会出場権獲得を目指す文教大学Flip F.C.(以下:Flip)は、文教大学…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-