【新関東カップ2022 得点王】新谷 唯我(3年=日大三高)今大会8得点をマークし見事得点王に輝く!!

杉本 竣平

6月7月と約1ヶ月にかけて行われた新関東カップ2022で大事な場面でも大きな仕事を果たし、さらにはハットトリックを2回達成し、計8得点と驚異の得点力で見事得点王に輝いた中央大学サッカー同好会の10番新谷唯我(3年=日大三高)にインタビューをした。

 

ーまずは優勝おめでとうございます。

ありがとうございます。

 

―決勝戦を振り返ってどうでしたか?

まずは勝てて安堵したのが素直な感想でした!先制点をとれて勢いに乗れたし、試合の応援にも100人近くきてくれて強みである組織力とかが出た試合だったかなって思いました。

 

―稲穂フェスタに引き続きタイトルを取りましたが要因はどんなところにあると思いますか。

学年、プレマネ関係なく仲が良くて練習以外の時でもずっとサカ同の人たちといるのが当たり前になってきていたのでチームの雰囲気はとにかくよかったことですかね。練習の部分でも週に二回AB戦をやれていたので質の高い練習になってたと思います。

―個人としては5試合8得点と大活躍を見せてくれましたが個人としての感想はどうですか?

元々ストライカータイプではなかったけど結果でチームにこたえることができてうれしかったです。

 

―ここまでの得点をとれた要因はどんなところにあると思いますか?

そうですね。僕、稲穂フェスタ前くらいに彼女と別れてしまったんですけどそこから調子が上がりだしたなんてみんなからは言われてますね。なので僕もそうなんじゃないかなって思い始めてます。
あ、でもカップ戦も一段落したので今は彼女大募集してます。

 

―最後に今後の目標を教えてください。

チームとしては残っているタイトルをすべて取りに行きたいと思っています。個人としても得点という形でチームに貢献していきたいです。

 

―ありがとうございました。

 

中央サカ同はチーム全員が一体となって応援して選手たちはチームのために走る組織力の塊のようなチームだった。だからこそ点を入れた時や試合終了したときは応援席にいるチームメイト全員が声を上げて喜び、人によっては涙を見せている人もいた。
8得点をマークした新谷はインタビューを通して中央サカ同らしいユーモアな部分も持ち合わせながら自分のことよりもチームのみんなのことをたくさん話すチーム愛のあふれた部分を見せてくれた。
今後の新谷選手の活躍はもちろん、中央サカ同がさらに大暴れしていく姿に注目していきたい。

Written by

杉本 竣平

sugimotosyunpei

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.09.16

【BMOM104】内海 健太郎(3年=春日部共栄)優勝への立役者は闘志あふれる高い壁!!

全国から65チームが集まりしのぎを削るサークルの全国大会、マガジン杯が9月7日に開催された。 優勝候補としては新関東カップを優勝した中央大学フースバル、昨年の王者である早稲田大学稲穂キッカーズが有力…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.10

【新関東カップ2017】ベストイレブン

6月24日、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下稲穂)が明治大学Groovykids(以下グル―ビー)を下し、見事な3連覇で幕を閉じた新関東カップ2017。この大会で活躍した選手からベストイレブンを選出させ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.25

【新歓記事2021】vol.1 早稲田大学サッカーサークルその1

サッカーサークルに入りたい!マネージャーとして選手をサポートしてみたい!そんな風に思っているけれど、迷ってしまっている新入生の皆さん! 今年も新型コロナウイルスの影響下で、サークル選びの判断材料が少…

read more 後藤直也
コラム 2018.10.01

【就活記事vol.1】早稲田稲穂 米澤直也(4年=早稲田実業)の某大手広告会社の内定獲得に迫る!

某大手広告会社1に就職予定の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)6番米澤直也(4年=早稲田実業)の就職活動に迫った。 早稲田稲穂では、副キャプテンを務め“対人負け知らず”のサイドバックと…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.28

【BMOM117】増井裕次郎(3年=修道)8年ぶりの1部へ!導いたのは Mr.信頼感!

  11月24日(土)、新関東リーグ1部昇格戦の明治大学Esperanza(以下:明治エスペランサ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)の試合がZOZOPARK HONDA …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.26

【BMOM28】大山銀士(1年=東福岡)悔しさをバネにもぎ取った同点弾

優勝を収めたのは今大会屈指のタレント軍団中央大学フースバルクラブB。Aチームは準決勝で法政学団連に惜敗したが優勝したBチームの中で異彩を放っていたのが大山だ。 1-2で迎えた後半19分に芸術的な…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.26

【イケメン特集vol.5】FC東京U15出身!サッカーサークル界の”貴公子”に取材!

皆さんこんにちは!!お家時間いかがお過ごしでしょうか。 外は暑くなって来ましたね。外出自粛の生活も、もう2ヶ月になります。 今僕が思うこと。 「そろそろ友達に会いたい。」 皆さんも自粛生活に疲…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.11.08

【新関東リーグ2020・1部第4節マッチハイライト】リーグ中盤戦。優勝争いの結果は?!

11月8日、新関東リーグ2020・1部第4節@鹿島ハイツ、矢田部Aグラウンドの速報がこちら。 ①中央大学フースバルクラブ VS 早稲田大学理工サッカー部 (以下:中央フースバル、早稲田理工) …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.18

【18卒サッカー経験者限定招待】採用直結『蹴活イベント』開催決定!

【18卒サッカー経験者限定招待】BeYonD×株式会社アイ・パッション 採用直結『蹴活イベント』開催決定!   サッカーをしながら採用されちゃおう!という企画です。 …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-