【BMOM105】安東尚宏(3年=國學院久我山)創立初の稲穂狩り!帰ってきたスーパーエースが歴史的勝利の立役者!

BeYonD 編集部

新関東リーグ2018の1部第1節、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の試合が鹿島ハイツで行われた。

新関東リーグ3連覇を果たすため、初戦は絶対に落としたくない稲穂と、創立10年目にして初の2年連続の新関東1部リーグを戦うグスタの試合。
この試合最も存在感を発揮していたのが彼、安東(3年=國學院久我山)だ。

b3bfc147-a4a2-4e88-a3ef-072ed245ff10

 

磨き抜かれた足元の技術と当たり負けしない強い身体を評価され、入学後すぐに主力として活躍してきた安東。
「安東がボールを持てば何かが起こる」や「戦術=安東」など、チームメイトからの信頼も厚かった。
昨年度も、2年生ながら10番を背負い、グスタの攻撃を常に牽引してきた。

 

しかし、マガハイを境に、留学が理由でチームを離れてしまう。
そのため昨年度の新関東リーグに、彼の姿はなかったのだ。

当時、「今年のマガハイで僕もグスタ引退かも・・・」そう漏らしていた。
留学先でも、サッカーボールを触ることすらなかったようで、チームメイトもエースの復帰は期待できない状況だったようだ。

しかし、今年のグスタにはさらに進化したエースがいる。
どのような”情熱”をもって復帰したのか気になり、理由を聞いてみたところ。
「Como no podía jugar al fútbol cuando estaba en España, por eso querría jugarlo con mis amigos en Japón.」
(私がスペイン留学にいたときにはサッカーをすることができなかったので、わたしは日本の友達と遊びたいです。“グーグル翻訳より”)と語ってくれた。

予想とは裏腹に特別な思い入れがあったわけではなかったようだ。

しかし、グスタのキャプテン、日高も「前線でタメが作れたり、ボールを前に運ぶ力はチーム1。1人でも局面を打開できるし、周りの選手を使うのも上手いので、戦術の幅がとても広がった。最近は責任感が出てきて、守備の意識も高まって来たので、今のグスタには絶対欠かせないエースですね。」と語っているように、安東の復帰はとても重要であったことは間違いない。

 

グスタへの愛着はそれほどでも、サッカーが大好きで復帰した安東は復帰後の気持ちについて
「やっぱグスタのサッカーで勝ちたいと思いました」
と語り、実は内に秘めている“愛”を漏らしてくれた。

そして、「グスタは武器である攻撃をベースにして、最近では“球際” “セカンド” “切り替え”の3つを意識してできているので、ポゼッションを高めることができ、最大の防御にもなってきた。やるからには勝ちたいので、チームとしても個人としても課題として抱えていた“守備”の部分を改善し、気持ちを出してグスタの勝利に貢献しないといけないと思っています」と続け、熱い思いを伝えてくれた。

 

そんな安東を要するグスタは、創立以来10年間一度も勝ったことのない稲穂キッカーズと初戦で対戦することになる。

「一度も勝てたことのない稲穂戦だったので、歴史を変えたいと思っていました」
安東自身もこう語ったように、特別で重要な意味を持つ試合だったようだ。

そして、結果は“2-0”。
グスタが歴史的な勝利を収めることになり、この試合で安東は2得点に絡む活躍を見せる。

 

まず、前半33分。20mのドリブルからの自らの得点シーンについて
「ラッキーでした。フリーだったので余裕をもってボールを持てましたし、キーパーがネットに引っかかっていたので、途中でドリブルからシュートに切り替えました。先制できたことで、チーム全体も盛り上がって、最高でした!」
安東のボールを前に運ぶ力が遺憾無く発揮された瞬間の喜びを爆発した。

このまま前半戦を1-0で折り返したグスタ。後半戦でも試合を動かしたのはまたしても安東だった。
「大竹とは高校の時から一緒にやってきていたおかげで、お互いのプレーを理解できたから完璧に崩せました」

551b6d44-d55e-4ec6-bb9c-0e5ac148ac4e

 

00番大竹(3年=國學院久我山)への絶妙なスルーパスを通し、それが追加点(PK)に繋がったシーンを振り返り、友情コンボが華麗に決まったことに嬉しげな表情を見せてくれた。
「でも、2-0が1番危険だと思ってたので、改めて気を引き締めて最後まで戦いました」
と続け、文字通りグスタは最後の最後まで気持ちの入ったプレーで、稲穂に反撃の狼煙を上げさせることはなかった。

そして、歓喜の瞬間を迎えることとなる。

“2-0”
創立10年目にして初めて、常に目標としてきた稲穂に勝利を収め、歴史を変えた。

勝利の瞬間と今後の目標については
「創立以来、初の稲穂狩りを自分たちの代で達成できて最高でした!なにより、先輩たちが喜んでくれたので勝ちに貢献できてよかった。ただ、これからも簡単な試合はないと思うので、しっかりと準備して、リーグ王者日本一を掴み取ります」

と語り、歴史的勝利の喜びを噛み締めるとともに、物語の序章に過ぎないことを教えてくれた。

これまで、自身も課題としていた「守備」を改善し、高い位置からも攻撃を開始出来るようになった安東。彼が牽引するグスタの攻撃が今後どれだけリーグを盛り上げていくのかが楽しみだ。

25684280-8e5c-45d0-a3cd-cfc18ceff032

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.24

【チームの根vol.7】”つなぎ役” World Cup Kickers 屋久凌馬(4年=市立浦和)

チームの根第7弾は、ユニオンリーグから初参戦の早稲田大学World Cup Kickers(以下:ワールド)。ユニオンリーグの強豪を会計兼副キャプテンとしてチームを支えた男を取材した。 早稲田大学W…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.23

【マネの想いvol.7】”日本一のマネージャーになる”

−中央大学体同連フースバルサッカークラブ(以下フース)でのマネージャーとしての仕事を教えてください。 3マネについてお話しすると、私たちの代は係制度にしていて、10人が副マネキャプ、出席係、会計、備…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.03.09

【新歓記事vol.6】新入生必見!明治学院大学、駒澤大学、都立大学のサッカーサークルを比較してみました!!

明治学院大学、駒澤大学、都立大学の新入生必見!サッカーサークルを比較してみました!! こんにちは、BeYonD編集部です! 新歓記事第6弾!! 毎日投稿を続けている新歓記事も、明日でラス…

read more 編集部BeYonD
コラム 2017.02.26

【BMOM28】大山銀士(1年=東福岡)悔しさをバネにもぎ取った同点弾

優勝を収めたのは今大会屈指のタレント軍団中央大学フースバルクラブB。Aチームは準決勝で法政学団連に惜敗したが優勝したBチームの中で異彩を放っていたのが大山だ。 1-2で迎えた後半19分に芸術的な…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.05

【美女マネvol.21】第21弾はプリティ八重歯でY字バランスを繰り出す美女!!

  お久しぶりです!   久しぶりすぎて気まずいですね!!   成人式などで久しぶりに会う友達も、最初何を話せばいいかわからなくて写真撮りが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.23

【BMOM40】千葉光輔(3年=上尾)ピッチ上を駆け回るひと際目立つ男の1発で試合を決定づける。

5/20に行われた新関東カップ2回戦、日本大学理工学部サッカー部(以下日理)vs東京大学駒場FC(以下駒場)は2-0で日理が勝利し、3回戦へ駒を進めた。 気温は28度、天然芝の照り返しも考えると…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.07.27

【キャプテン特集vol.1】サークル屈指の熱き闘将

こんにちは! 今回の記事はキャプテン特集です! 第一弾は昨年、悲願の新関東1部昇格を決めノリに乗ってる 慶應義塾大学理工学部サッカー部 3年 田中崇太 さんです。 キャ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.17

【新関東リーグ2017・1部最終節】マッチプレビュー 激化する残留争いまとめ!

2017年11月18日 鹿島ハイツにて新関東リーグ最終節、全4試合が開催される。 本日までに全チーム6試合消化し、残すはあと1節となった。 現在優勝の可能性が残されているのは早稲田大学稲穂キッ…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.02.19

【BMOM26】諸井悠理 (1年=鹿島学園) 「最高峰のスーパールーキー」

2月16日に行われた日本大学学内戦決勝トーナメント。決勝戦まで勝ち上がったのは日本大学教育BAMBINO Bと日本大学法学部サッカー部だった。 日大法学部は前半に先制されるものの、直後に1点を返し試…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-