【新関東カップ2017 準決勝】グルービーが勢いそのままに逆転勝利を収める

高橋佑輔

RESULTS

新関東カップ2017 準決勝

明治大学
Groovy kids
2-1
早稲田大学
HUMAN F.C.
  1. 準決勝第二試合目のカードは独特の雰囲気と圧倒的個の力を見せつける明治大学Groovy Kids(以下:グルービー)と準々決勝で強敵フースバルを倒し、優勝を狙う早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)であった。

 

img_1237

グルービースタメン

 

img_1236

HUMANスタメン

前半

前半開始からグルービー名物のヤジが飛び交う中、試合がキックオフ。
前節では青理にボールを支配されていたグルービーだったが、10番山中(4年=川和)を中心に攻撃を組み立てる。HUMANは精神的支柱の藤林が体調不良による不調や応援禁止の影響でスイッチの入りが遅い印象。
しかし最初にチャンスを作ったのは、HUMAN。13分に右サイドを崩し1番藤林(3年=比叡山)がシュート。キーパーのナイスセーブに阻まれるが、30番緒方(3年=加治木)がこぼれ玉をシュート。これは惜しくもゴールならず。
その後もHUMANが試合を優位に進める。15分、17番菰原(3年=熊本国府)が左サイドをフィジカルで突破するもグルービーがナイスディフェンスで得点を許さない。更に、17分、HUMANのFKの場面には放り込まれたボールを味方が逸らし菰原がシュートを放つも、これはゴールとはならない。
そして20分、ついに試合が動く。HUMAN92番磯島(2年=真岡)が右サイドをえぐりアウトサイドでクロス、これに17番菰原が合わせる。このシュートをブロックしに行ったグルービーDFの手に当たりハンドの判定。このハンドで得たPKを菰原が右サイドに確実に沈めHUMANが先制点を決める。
しかし、その3分後の23分、グルービー23番小田島(3年=国学院久我山)が左サイドからの個人技でPKを誘発。得たPKを小田島が自ら決め、グルービーは同点に追いつく。
一進一退の攻防を繰り広げる中、25分にはHUMANにビッグチャンス。21番水谷(2年=神代)が強烈なミドルシュートを枠内の絶妙なコースに放つも、これをグルービーGK森本(2年=広島国泰寺)がファインセーブ。
すると、流れはグルービーに。28分、右サイドに流れたボールを23番小田島が相手から奪うと、そのままカットインからニア下に強烈なシュートをたたき込む。グルービーは小田島の驚異的な個の力を見せつけ一気に逆転に成功。
このまま前半終了の笛が鳴り、グルービーが1点リードで折り返す。両チームチャンスを多く作り出す見ごたえのある前半となった。

19105878_688581947996895_1431749225448925638_n

後半

最初にチャンスを迎えたのはグルービー。10番山中と40番竹井(3年=水戸商業)が中央を崩し、最後は87番中司(3年=国学院久我山)がシュート。
続く展開、グルービー23番小田島が右サイドに展開すると34番千葉(2年=横浜FMユース)がクロス、このボールを再び小田島がシュートするも枠を捉えられない。
対するHUMANも92番磯島のドリブルを中心としてゴールへとボールを運んでいく。しかし、グルービーの統率された守備を崩せず一点が程遠い。焦りの見られるHUMANはファールが多くなりイエローカードの出る展開になる。
両チーム決定的なチャンスが少なかった後半だが、17分にはHUMAN30番緒方のクロスに17番菰原がヘディングするも枠を捉えられない。
追加点の欲しいグルービーはロングボールを蹴り込みむが、これをHUMAN42番高橋(3年=暁星国際)が得意の空中戦にてボールを跳ね返して対応する。
試合も終盤を迎えるとグルービーは3番妹尾(4年=作陽)を投入し守備を固め、勝利を狙いに行く。ベンチからも妹尾に対し、多くの期待の声がかけられている様子だった。
何が何でも同点ゴールの欲しいHUMANは後半アディショナルタイムにコーナーキックを獲得。全員攻撃態勢で臨んだコーナーキックは42番高橋が合わせるも決めきれず、ここで試合終了の笛が鳴る。前半に逆転に成功したグルービーは、一点リードを守りきり昨年度王者稲穂キッカーズが待ち受ける決勝へと駒を進めた。HUMANも新関東2部枠として出場したという事実を一切感じさせない躍動を果たしたがグルービーを前に万事休す。

19059617_688580831330340_3913688260283572724_n

明治大学
Groovy kidsの詳細を見る

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

試合情報 2016.11.12

【新関東FL1部第6節】天国と地獄、稲穂が優勝を決める勝利を挙げる。

新関東1部第6節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
4-0
中央大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

新関東1部第6節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
4-0
中央大学
サッカー同好会
試合情報 2016.12.01

【全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦】中央フースバルが全国制覇で30thの有終の美を飾る!

全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦

中央大学
体同連フースバルクラブ
3-1
関西大学
FC TRIOS
read more BeYonD 編集部

全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦

中央大学
体同連フースバルクラブ
3-1
関西大学
FC TRIOS
試合情報 2017.05.20

【新関東カップ2017 2回戦】理科大II部の堅守を破った日大経済が3回戦に駒を進める!

新関東カップ2017 2回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
1-2
日本大学
経済学部サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 2回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
1-2
日本大学
経済学部サッカー部
試合情報 2017.05.28

【新関東カップ2017 3回戦】日大理工がエース増田の3発で2点差をひっくり返す大逆転勝利!!

新関東カップ2017 3回戦

日本大学
理工学部サッカー部
3-2
法政大学
工体連サッカー部
read more 高橋佑輔

新関東カップ2017 3回戦

日本大学
理工学部サッカー部
3-2
法政大学
工体連サッカー部
試合情報 2016.10.23

【新関東FL1部第2節第4試合】今年3度目の対戦は打ち合いの末Groovy kidsが勝利

新関東FL1部第2節

明治大学
Groovy kids
3-2
中央大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第2節

明治大学
Groovy kids
3-2
中央大学
サッカー同好会
試合情報 2017.06.07

【関西同好会トーナメント準決勝】鉄壁の守備を誇るCRACKSだったが、ONZEが力の差を見せつけ決勝進出

関西同好会トーナメント 準決勝

京都産業大学
ONZE
3-0
立命館大学
FC.CRACKS
read more BeYonD 編集部

関西同好会トーナメント 準決勝

京都産業大学
ONZE
3-0
立命館大学
FC.CRACKS
試合情報 2017.04.29

【新関東カップ2017 1回戦】終始ゲームを支配した明治大学BeeVooが無傷の4得点で力を見せつける。

新関東カップ2017 1回戦

早稲田大学
CRUYFF
0-4
明治大学
BeeVoo
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 1回戦

早稲田大学
CRUYFF
0-4
明治大学
BeeVoo
試合情報 2017.02.06

【新人戦2年生大会・準決勝】昨年度準決勝敗退の法政大学Irishが見事雪辱を果たす!

新人戦2年生大会・準決勝

法政大学
学団連サッカー部
0-1
法政大学 Irish
read more 古平 翔太

新人戦2年生大会・準決勝

法政大学
学団連サッカー部
0-1
法政大学 Irish
試合情報 2016.11.07

【新関東FL1部第4節】今季最注目!首位決戦は早稲田稲穂が中大フースバルを退ける。

新関東FL1部第4節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第4節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2016.10.07

【スポマネ 夏の陣Champions Match】大会通じて1失点と早慶戦を制し、グアム遠征獲得!!

スポマネ 夏の陣 Champions Match 決勝

早稲田大学
FC.GUSTA
0-1
慶応義塾大学
white fighters
read more BeYonD 編集部

スポマネ 夏の陣 Champions Match 決勝

早稲田大学
FC.GUSTA
0-1
慶応義塾大学
white fighters

-PICKUP CIRCLE-