【稲穂フェスタ 決勝】稲穂キッカーズ、絶対王者の意地を見せつける!

BeYonD 編集部

RESULTS

稲穂フェスタ決勝戦

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブ

毎年、強豪チームが集まり、新関東カップ3回戦が控えてるチームにとっては、新関東カップの強化試合とも言えるだろう稲穂フェスタ。今年も高レベルな熱い闘いが繰り広げられた。決勝のカードは昨年前人未到の3冠を成し遂げた絶対王者早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:稲穂)と今年一番勢いに乗っている慶應義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:キッカーズ)であった。

183a74de-ff74-4339-8d97-9eb268306382(稲穂キッカーズスターティングメンバー)

8c1eb761-89cf-4d34-ab2b-3cf975501ff6(慶應キッカーズスターティングメンバー)

前半

試合の立ち上がりは両チーム共に固く、簡単なボール処理が多く、セカンドボールを拾い合う展開だった。そんな中、稲穂は主将6番近藤(3年=日大藤沢)が長短織り交ぜたパスでの展開、縦パスを幾度となく入れるなど稲穂が優位にゲームを進める。

一方、キッカーズは序盤は11番張(3年=暁星)のスピードと個人技を生かしたカウンター攻撃が目立ったものの、プレーに久我山感が溢れ出ている110番横山(2年=國學院久我山)が縦パスを入れ、長身フォワード30番中村(1年=東京武蔵野シティ)がポストプレー、20番川島(2年=東京ヴェルディユース)が3枚目で関わるというリズムで徐々にキッカーズらしいパスサッカーを見せ始める。
その後も稲穂97番中島(2年=早稲田本庄)を起点に左サイドバックの21番吉田(3年=広島大附属)が何度もオーバーラップし、クロスを上げるが、4番小林(3年=暁星)を中心としたキッカーズDFに阻まれる。
両者とも試合序盤とは裏腹に良い流れでゴール前までもってくがシュートを打ちきれず、前半終了。

c4afc797-abf7-4bf7-a1d6-d676481d2dd9

後半

後半立ち上がり5分、ペースを掴んだのはキッカーズ。細かいパスワークで110番横山から11番張にスルーパスをおくったが、稲穂のキーパー1番落合(3年=日大藤沢)の素早い飛び出しにより稲穂はピンチをすり抜ける。

後半10分 、97番中島が左サイドを抜け出し、クロスを上げる。これに77番梶原(2年=都立狛江)がボレーで合わせるもわずかに枠を外れる。後半は稲穂キッカーズがロングボールを多用し、徐々に流れを掴み始める。
ここから絶対王者稲穂の超絶怒涛の猛攻が始まる。

後半15分、稲穂の盛り上げ隊長5番梶田(3年=早稲田本庄)が右サイドを突破し、クロスを送るが、味方とのタイミングが合わない。
その2分後、稲穂97番中島が左斜め45の位置から切れ込み技ありのミドルシュートを打つが、わずかに枠を外れる。

後半20分、ついにゲームが動く。
稲穂21吉田が左サイドを突破し、クロス。それに、77梶原がダイレクトで97中島に落とし、97中島が左足でネットを揺らした。

終了間際、キッカーズ11番張が個人技で突破したが、稲穂ディフェンダーがスライディングで必死のブロック。
その後のコーナーキックでは、稲穂キッカーズがクリアミスをし、あわやオウンゴール。
会場全体がどよめいた。
試合終盤は、キッカーズが反撃を仕掛けるも稲穂の守備をこじ開けられずに試合終了。

793833c2-8020-44d6-9f5c-510ecb5ff615

昨年前人未到の3冠を成し遂げた稲穂キッカーズが、この大会も勝負強さを見せた。果たして、現在行われている新関東カップで絶対王者を倒すチームは現れるのか、注目が高まる。

早稲田大学
稲穂キッカーズの詳細を見る
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブの詳細を見る

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

試合情報 2016.10.21

【関東同好会トレセン】体育会相手に先制するも逆転負け。リーダー不在が課題か

関東同好会トレセン2016強化試合

関東同好会トレセン
1-3
東京国際大学
体育会サッカー部
read more 斉藤 耕兵

関東同好会トレセン2016強化試合

関東同好会トレセン
1-3
東京国際大学
体育会サッカー部
試合情報 2017.06.13

【関西同好会トーナメント準決勝】TRIOSが阪大同好会を下し、連覇をかけ決勝戦への切符を手にした!

関西同好会トーナメント準決勝

関西大学
FC TRIOS
2-1
大阪大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

関西同好会トーナメント準決勝

関西大学
FC TRIOS
2-1
大阪大学
サッカー同好会
試合情報 2018.02.10

【学年別round 2年生大会】学内戦を控えた中大ダービーは今大会ダークホースの中央MAPLEが制する!

Football Competition 学年別round 2年生大会 決勝

中央大学
MAPLE
1-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more 高木啓行

Football Competition 学年別round 2年生大会 決勝

中央大学
MAPLE
1-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2016.11.04

【アットホームカップ決勝戦】延長までもつれた激闘は早稲田稲穂が走り勝ち、関東制覇!!

アットホームカップ決勝戦

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-1
法政大学
学団連サッカー部
read more 斉藤 耕兵

アットホームカップ決勝戦

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-1
法政大学
学団連サッカー部
試合情報 2017.05.07

【稲穂フェスタ決勝】フースバルが退場者を出すも、競り勝ち2連覇を遂げる

稲穂フェスタ決勝

中央大学
体同連フースバルクラブ
1-0
青山学院大学
理工サッカー部
read more 高橋佑輔

稲穂フェスタ決勝

中央大学
体同連フースバルクラブ
1-0
青山学院大学
理工サッカー部
試合情報 2017.05.30

【新関東カップ2017 4回戦】早稲田HUMANが全員サッカーで”因縁の明治生田”に勝利!

新関東カップ2017 4回戦

明治大学
生田サッカー部蹴友会
0-1
早稲田大学
HUMAN F.C.
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 4回戦

明治大学
生田サッカー部蹴友会
0-1
早稲田大学
HUMAN F.C.
試合情報 2016.10.24

【新関東FL1部2節第3試合】体同連が勝利し上位に食い込む

新関東FL1部第2節

早稲田大学
HUMAN F.C.
0-3
明治大学
体同連サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第2節

早稲田大学
HUMAN F.C.
0-3
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2018.09.15

【マガジン杯2018 決勝】5日間に渡る激闘を制したのは一体どのチームか!?

マガジン杯2018

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
0-2
立教大学
サッカー愛好会
read more 遠藤瞭介

マガジン杯2018

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
0-2
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2017.04.23

【Guam Championship決勝戦】延長戦にもつれる好ゲーム。京産大が凄まじい勢いで試合を飲み込んだ。

Guam Championship決勝戦

東洋大学
FC.Liberte
2-3
京都産業大学
ONZE
read more 古平 翔太

Guam Championship決勝戦

東洋大学
FC.Liberte
2-3
京都産業大学
ONZE
試合情報 2016.11.07

【新関東FL1部第4節】今季最注目!首位決戦は早稲田稲穂が中大フースバルを退ける。

新関東FL1部第4節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第4節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-0
中央大学
体同連フースバルクラブ

-PICKUP CIRCLE-