【関西同好会トーナメント2018 決勝戦】 激闘の決勝戦!龍谷キッカーズが前回大会準優勝の関大TRIOSをPKの末下し初優勝!!

BeYonD 編集部

RESULTS

関西同好会トーナメント2018 決勝戦

龍谷大学
龍谷キッカーズ
1-1
関西大学
FC. TRIOS
4 PK 3

6月9日午前10時、晴れ渡る青空の下、同志社大学アメフト場で関西同好会トーナメント決勝戦が行われた。

決勝のカードはここまで接戦をものにしてきた龍谷大学 龍谷キッカーズ (以下龍谷)と、前回大会王者である京都産業大学ONZEを準決勝で下した関西大学 F.C.TRIOS(以下TRIOS)の一戦。

初優勝を目指し勢いに乗る龍谷と、前回大会準優勝の雪辱を果たしたいTRIOSの顔合せで、試合開始のホイッスルが鳴り響いた。

0627b7a9-6c4b-441b-b3d3-8d10f0d22ea8

(龍谷スタメン)

1ca7d132-b3c0-4a69-963a-c41063859510

(TRIOSスタメン)

【前半】

開始早々、最初のチャンスはTRIOSだった。前半1分、77番筆本(3年=東海大仰星)がクロスボールのこぼれ球を振り抜き、バー直撃のオープニングシュート。ならばと龍谷は5分、右サイドで獲得したFKから59番上杉(3年=向陽)の折り返しを26番河野(3年=高槻北)が押し込むも、ここはTRIOSのGK八木(3年=松山中央)に阻まれる。

9分には、TRIOS76番前野(2年=阪南大高)が中央突破を図り、龍谷のGK森口(3年=龍野)を抜いてシュートを放つも、龍谷のDF陣が決死のクリア。序盤から両者互いに譲らない白熱した戦いが繰り広げられる。

龍谷は左サイドの223番葉賀(3年=大津)を起点にゴールを目指すも、中々 TRIOSのDF陣をこじ開けることが出来ない。対するTRIOSは2トップの76番前野と28番松村(2年=関西大学第一)にボールを収め、徐々に試合の主導権を握っていく。

すると20分、ついに試合が動く。TRIOS76番前野が右サイドから送ったクロスボールを28番松村がボレーシュート。これがネットに突き刺さり、龍谷から先制点をもぎ取ることに成功。前線からリズムを作っていた2人がしっかり仕事を果たし、TRIOSに待望の先制点が生まれた。

40f3d676-4398-41fc-8825-4ece61298a94

その後もTRIOSが試合を優位に進め、25分には先制点と同じ様に、76番前野からのクロスボールを28番松村が龍谷GK森口の頭上を越すシュートを放つも、ここは龍谷27番野田(3年=岡山龍谷)がクリア。

龍谷はなんとか失点を1で抑え、TRIOS1点リードで前半を折り返す。

 

【後半】

TRIOSペースだった前半と対照的に、前線からのプレスが功を奏して後半は龍谷が主導権を握る。

3分、龍谷の3番渡辺(2年=神戸弘陵)と59番上杉が右サイドでのパス交換でTRIOS DF陣を揺さぶり、最後は3番渡辺がシュート。こぼれ球を223番川島(3年=八日市)が押し込み、早い時間帯で龍谷が同点に追いつく。

8分には、代わって入った龍谷18番佐々木(2年=東福岡)が裏に抜け出し、シュートを放つも惜しくも枠外。

龍谷はベンチメンバーのガヤを背にTRIOSゴールに向かい続けるも、なかなか決定機を作り出すことが出来ず、その後は拮抗したゲーム展開が続く形に。

試合終了間近には、TRIOS76番前野が左サイドを突破しシュートを放つも、ポストに嫌われゴールならず。両者1歩も引かず、勝負の行方はPK戦へ託された。

【PK戦】

コイントスの結果、先行は龍谷、後攻は、TRIOSに。

67e79750-031b-4e83-acff-595448964357

両チーム最初のキッカーは成功するも、TRIOSの2人目のキッカーが外してしまう。

龍谷は4人目までパーフェクトで迎えた5人目。決まれば優勝が決まるシーンで枠外に外してしまい、TRIOSは追いつくチャンスを迎える。

しかし、TRIOSの5人目が放ったシュートを龍谷GK森口が執念のセーブ。

龍谷がPK戦までもつれ込む激闘を制し、初優勝を飾った。

龍谷     ○○○○×

TRIOS  ○×○○×

721636da-7a70-4b09-b209-d36defb2058c

1ヶ月に渡って繰り広げられてきた関西同好会トーナメントは、龍谷キッカーズの優勝で幕を閉じた。3年連続で決勝に駒を進めたF.C.TRIOSは、昨年のリベンジを果たすことが出来なかったものの、そのチーム力は光るものがあった。

関東だけでなく、関西でも熱い戦いが繰り広げられる。夏を経て始まるリーグ戦では、いったんどんなドラマが待っているのだろうか。今後とも目が離せない。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

試合情報 2019.06.14

【新関東カップ2019・準決勝】立愛vsリコタイ。白熱の準決勝を制したのは?

新関東カップ2019・準決勝

立教大学
サッカー愛好会
2-0
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
read more 狩野幹太郎

新関東カップ2019・準決勝

立教大学
サッカー愛好会
2-0
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
試合情報 2016.10.31

【新関東FL1部第3節】早稲田稲穂と明治体同連の激闘は稲穂に軍配!!

新関東FL1部第3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2016.11.07

【新関東FL1部第5節】明治ダービーはグルービーが勝利を飾る

新関東FL1部第5節

明治大学
Groovy kids
3-0
明治大学
体同連サッカー部
read more 浅川大樹

新関東FL1部第5節

明治大学
Groovy kids
3-0
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2017.04.29

【新関東カップ2017 1回戦】終始ゲームを支配した明治大学BeeVooが無傷の4得点で力を見せつける。

新関東カップ2017 1回戦

早稲田大学
CRUYFF
0-4
明治大学
BeeVoo
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 1回戦

早稲田大学
CRUYFF
0-4
明治大学
BeeVoo
試合情報 2017.05.21

【新関東カップ2017 2回戦】 明治ESPERANZAが終了間際の劇的ゴールで接戦をものにする

新関東カップ2017 2回戦

明治大学
ESPERANZA
1-0
明治学院大学
白金FC
read more 澤田結人

新関東カップ2017 2回戦

明治大学
ESPERANZA
1-0
明治学院大学
白金FC
試合情報 2019.11.14

【新関東リーグ2019一部・第6節】優勝と残留、お互いに負けられない一戦の結果は!?

新関東リーグ1部第6節

早稲田大学
FC.GUSTA
2-0
明治大学
ESPERANZA
read more 齋藤優

新関東リーグ1部第6節

早稲田大学
FC.GUSTA
2-0
明治大学
ESPERANZA
試合情報 2017.06.04

【新関東カップ2017準々決勝】立愛が苦しみながらも逆転で体同連を下し準決勝へ駒を進める!

新関東カップ2017 準々決勝

立教大学
サッカー愛好会
2-1
明治大学
体同連サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 準々決勝

立教大学
サッカー愛好会
2-1
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2017.06.05

【新関東カップ 2017準々決勝】準々決勝の最後の試合は熾烈なPK戦をヒューマンがモノにした!

新関東カップ2017 準々決勝

中央大学
体同連フースバルクラブ
0-0
早稲田大学
HUMAN F.C.
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 準々決勝

中央大学
体同連フースバルクラブ
0-0
早稲田大学
HUMAN F.C.
試合情報 2019.05.14

【稲穂フェスタ2019・決勝】主催チームの意地!空中戦から主導権を握った稲穂がカップ戦にむけて弾みをつける!

稲穂フェスタ2019決勝戦

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
read more 齋藤優

稲穂フェスタ2019決勝戦

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2019.12.07

【新関東リーグ2019・昇格プレーオフ決勝】今シーズン最後のゲームを制した、早稲田大学HUMAN F.C.が1部復帰を決める!

新関東リーグ2019昇格プレーオフ決勝

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-0
明治大学
ESPERANZA
read more 丸山椋大

新関東リーグ2019昇格プレーオフ決勝

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-0
明治大学
ESPERANZA

-PICKUP CIRCLE-