【BMOM57】河瀬雄哉(3年=高松)チームを救う2連続ビッグセーブ!頼れる守護神の駆け引きが稲穂を勝利に導く!

BeYonD 編集部

6月3日新関東カップ2連覇中の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は同校の早稲田大学FC.GUSTAと(以下:グスタ)と対戦した。
先週の日本大学法学部サッカー部戦では、爆発的な攻撃力を披露した稲穂だったが、この日のヒーローはそんなチームを後ろから支えるある男だった

前半開始直後にスーパールーキー中島(1年=早大本庄)が電光石火の先制ゴールを挙げるも、徐々に流れは足元の勝るグスタに持っていかれてしまう。
得意のパスワークから完全にディフェンスラインを崩され失点を許してしまう。

後半は運動量で勝る稲穂が息を吹き返し、77番中島と7番坂梨(3年=早稲田実業)のゴールで突き放すも試合終盤、再び稲穂は2点を追いかけるグスタの猛攻に遭う。
何度も決定機を迎えられピンチに陥る稲穂を救ったのは守護神の河瀬(3年=高松)だった。

img_1175

後半20分過ぎ、スルーパスで完全にディフェンスの裏を取ったグスタ9番金田(1年=國學院久我山)は目の前のキーパー河瀬に対して10番安東と2対1の状況を作り出す。
金田は横の安東に丁寧なラストパスを送り、後は安東は無人のゴールに流し込むだけだった。
しかし、これに絶妙な駆け引きで反応した河瀬は、わずかにパスの軌道を変えこのピンチを防いだ。

極めつけは終了間際、同点ゴールを挙げた8番大野が再びキーパー河瀬と1対1に。
これも抜群のタイミングで飛び出した河瀬は右足一本でセーブ。
前半にゴールを許した相手に見事リベンジを果たし試合を締めくくった。

 

img_1072

 

終了間際のビッグセーブについて河瀬は「一対一に関しては得意なので、キーパーの間合いで対応できました。準々決勝を突破できて素直にホッとしています。」とコメント。
その言葉の通り自らの間合いに持ち込む技術はさすがであった。

準決勝の立教大学サッカー愛好会戦への意気込みを聞いてみると「稲穂の目標である三冠日本一のために、まずは目の前の準決勝に集中して、驕らず常にチャレンジャー精神で戦いたいです。」
三連覇をかけて挑む大会でもしっかりと地に足をつけ戦う守護神の姿勢は何とも頼もしい限りだ。

苦しい試合展開の中でも勝ち切る稲穂の強さは今年も健在だ。
グスタ戦でその勝負強さを体現したキーパー河瀬に注目してみると面白いのではないだろうか。

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2020.06.01

【マネの想いvol.3】“1番伝えたいのはプレーヤーへの感謝”

第3弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは、 早稲田大学理工サッカー部 3年 山下美穂さん(左から2番目)     −早稲田大学理工サッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.06.01

【注目の1年生紹介記事vol.1】早稲田大学HUMAN F.C.と立教大学立教サッカー愛好会の注目の1年生を紹介!

みなさま、お疲れ様です!新歓期が終わって、三学年が揃い非常に盛り上がってきている時期かと思われます。 そこで今回は、早稲田大学HUMAN.FC.、立教大学立教サッカー愛好会から一名ずつ、これから活躍…

read more 仲田一真
コラム 2022.11.09

【新関東リーグ2022・1部・2.3節マッチハイライト】過密日程となった2日目。2連戦を物にするのはどのチームか!?

第2節 中央大学体同連フースバルクラブ VS 明治大学生田サッカー蹴友会 前節、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)に敗れた中央大学フースバルクラブ(以下:フース)と、明治大学groovykids…

read more 柴田尋生
コラム 2019.03.31

「ちみら何者⁈」2019年度 曲者揃いのBeYonD運営メンバー紹介記事!!

みなさんこんにちは!   いつもBeYonDの記事を見てくれている方も初めての方もこんにちは!   2年前同じような入りの同じような記事を見てくれた方もこん…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.07

新チーム始動インタビュー第2弾”中央大学フースバルクラブ 若杉俊介”

2017年になり、新チームが始動した中央大学フースバルクラブ。キャプテンの若杉俊介(2年=新潟明訓)を取材した。 (写真 左はキャプテンの若杉、右は副キャプテンの大石) 2015-20…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

【ハイライト動画】アットホームカップ決勝

新企画のハイライト動画更新です! 記念すべき第1回目は11月3日に行われた「アットホームカップ決勝」のハイライト動画を作成しました!!   早稲田大学稲穂キッカーズvs法政大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.16

【BMOM105】安東尚宏(3年=國學院久我山)創立初の稲穂狩り!帰ってきたスーパーエースが歴史的勝利の立役者!

新関東リーグ2018の1部第1節、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の試合が鹿島ハイツで行われた。 新関東リーグ3連覇を果たすため、初戦は絶対に落…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.09.06

【マガハイ直前!】昨年度Best4サークルにインタビューvol2.

夏休みも後半戦に差し掛かってきたところではないでしょうか。どうもBeyond編集部です!いよいよ開幕を目前に控えた「第41回サッカーマガジンカップオープン大会2023(通称:マガハイ)」に向けて各サー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.16

【フットサル新歓記事vol.5】東京大学編(さんぱち先生、FIFTY626)

・自分達のサークルを一文で表すなら 以和征技  ・大学、チーム名  東京大学、さんぱち先生 ・活動地域  東京都内 ・設立年 2000年 ・所属リーグ  F…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.08.02

【新入生特集】ラグビー花園経験者がサッカーサークルに入った理由とは

こんにちは。BeYonD編集部です!! 梅雨が明け、ますます暑さが増してくる季節かと思いますが体調を崩さず過ごせているでしょうか。そんな時期ですが、大学一年生にとってはやっとサークルに慣れてくる時期…

read more 柴田尋生

-PICKUP CIRCLE-