【新関東リーグ 2018】1部 第1節・第2節ハイライト

BeYonD 編集部

先日10月13.14日に集中開催形式で新関東リーグ1部 第1節と第2節が開催された。
例年、集中開催は第4節と第5節で行われていたが、今年は異例の開幕戦スタート。
リーグ戦の勢いに大きく影響を与える集中開催となった。

開幕戦、第1試合はリーグ戦2連覇中の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と同行ライバルの早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)の早稲田ダービー。
両者のプライドを掛けた戦いは、早稲田グスタのエース安東(3年=國學院久我山)とキャプテン日高(3年=上野ヶ丘)のゴールで早稲田グスタが制した。
早稲田稲穂は実に3年ぶりとなるリーグ戦敗戦となり大きな衝撃となった。

第2試合のカードは新関東カップ覇者、中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フースバル)とマガジン杯覇者、立教大学サッカー愛好会(以下:立教愛好会)という大変面白いカードとなった。
序盤から中央フースバルが主導権を握り、復帰したエース大石(4年=藤枝東)の1G1Aの活躍。
2-1で中央フースバルが1冠同士の対決を制した。

第3試合は明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)と昇格組の慶應大学キッカーズフットボールクラブ(以下:慶應キッカーズ)が対戦。
両者強みを見せ合うゲームとなった。前半20分に明治体同連5番冨永(3年=都立駒場)が先制ゴール。
明治体同連がこの一点を守りきり、開幕戦を白星で飾った。

そして第4試合は明治大学体同連生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青山理工)が対戦。
キックオフすると明治生田が電光石火の攻撃。新旧エースの岩間(3年=座間)と吉崎(4年=八千代)が開始早々得点を挙げ、2-0で明治生田が勝利を挙げた。

 

続く第2節、

第2試合は絶対に勝ちが必要な早稲田稲穂vs勝ち点3の明治体同連。
早稲田稲穂は前線の2トップに積極的にボールを集める。一方明治体同連も樋下田(3年=伊勢崎商業)にボールを集めていく。両者ロングボールを使い、展開の早い試合となるが、両者得点を奪えずスコアレスドローで試合終了。
前回王者早稲田稲穂は2節を終え、勝ち点1で後のない状況となった。

第3試合は中央フースバルと青山理工が顔を合わせた。
開幕戦で負け、後のない青山理工は序盤にポゼッションでペースを握るが、先制点を取ったのは中央フースバル。
その後、中央フースバル小竹(2年=新潟明訓)はハットトリックを達成。結果、中央フースバルが4-oで青山理工を下した。開幕2連勝で首位に躍り出た中央フースバルに対し、青山理工は開幕2連敗。これ以上の敗北は許されない。

そして第4試合は早稲田グスタと慶應キッカーズが対戦した。
両チーム共ポゼッションサッカーを基盤とするため、テクニカルな試合展開となった。
早稲田グスタが日高のゴールで先制するも、すかさず慶應キッカーズも仲(1年=幕張総合)のゴールで同点に追いつく。
その後も両者譲らず、2-2で試合を終えた。

 

集中開催を終えて、中央フースバルと明治生田が2勝で首位に立った。一方でマガジン杯覇者立教愛好会や青山理工は2連敗で窮地に立たされている。
また、2年連続無敗優勝の早稲田稲穂は勝ち点1と苦しめられている。

次なる第3節は上位対決と下位対決が多く見られる。ここでの勝敗が優勝争いに食い込めるか、それとも降格争いをすることになるか、重要になる。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.19

【美女マネvol.24】今回は先日のマガ杯で準優勝したあのチームのマネ!!

  こんにちは!!     先日行われたマガジン杯、例年通り大盛り上がりでしたね!!     敗戦に悔し涙を…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.16

【新人戦2年生大会】 総集編

【優勝】 慶應義塾大学リコタイChanpagenaFC 【総評】  2月5・6日に行われた2年生学年大会。抽選によりグループリーグの組み合わせが決まった。昨年度準優勝の立教愛好会…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.16

【美女マネ特集vol.5】第5回は、シロガネーゼもあっぱれの明治学院大学のあのチームのマネ!

こんにちは!     気付けば週1回ペースで会っていますね!   これくらいのちょうどいい距離感でこれからもやっていけたらなと思います! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.16

【フットサル新歓記事vol.5】東京大学編(さんぱち先生、FIFTY626)

・自分達のサークルを一文で表すなら 以和征技  ・大学、チーム名  東京大学、さんぱち先生 ・活動地域  東京都内 ・設立年 2000年 ・所属リーグ  F…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.30

【BeYonD協賛イベント】ドルトムント観戦ツアーはいったい誰の手に!?豪華賞品をかけたHIS主催フットサル大会!!

2017年10月28日(土)MIFA Football Palkにて、私たちBeYonDが協賛させていただいたイベントが行われた。その名も… ~本場の海外サッカーを観に行こう~ HIS主催フットサ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.26

【Guam Championship決勝戦】フォトギャラリー

12番天下谷(3年=実践学園)が先制ゴールを挙げ、歓喜のLiberteイレブン 東洋Liberteは同点に追いつかれるも、長身を生かした16番西岡(3年=東久留米総合)がドンピシ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.01

【サッカー美女マネ特集vol.2】多くの美女がいる美男美女サークルから!

皆さんこんにちは!     お久しぶりです!     美女マネ特集部です!     お…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.01

【新関東FL1部入れ替え戦】マッチプレビューまさに天国と地獄。1部の最後の一枠を手にするのは?

先週11月25日zozoparkで行われた自動昇格戦で前半に時間帯に先制するも逆転を許してしまい自動昇格を逃した明治大学ESPERANZA(以下:明治エスペ)。一方で去年悲願の1部昇格を果たすも2年連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.18

【新関東FL1部第7節】 マッチプレビュー

第1試合 青山理工vs.明治大学体同連サッカー部 4位青山理工(勝ち点9)は6位明治体同連(勝ち点6)と対戦する。前回両チームとも負けてしまい残留には後がない状態となった。青山理工は前回試合を終始支…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.15

【新関東リーグ2017MVP】やんちゃな王様から、真の王様へ。早稲田稲穂、長瀬が新関東リーグ2017MVPに輝く。

新関東リーグ1部2017が閉幕。優勝した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が東西対抗戦も制し、日本一に輝いた。 優勝した早稲田稲穂から、攻守ともに気迫溢れるプレーでチームを牽引したMF…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-