【新関東リーグ2020・1部】大会総括

BeYonD 編集部

10月31日から開催された同好会カテゴリーの最高峰のリーグである『新関東リーグ』は12月5日に幕を閉じた。

新型コロナウイルスの影響も受けながら開催された今年の1部は、早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)が制し、昨年に続く優勝で大会2連覇を達成した。

今回は、世間の例に漏れず影響を受けながらも開催された新関東リーグ1部を振り返っていきたい。

まず、優勝争いについては昨年に引き続き、グスタと中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)の最終節までもつれ込んだ白熱した争いであった。フースバルは昨年のメンバーをベースに作られた盤石なサッカーを見せつけ5勝2分と無敗であった。
しかしながら、多くの1年生を新戦力として迎えたグスタは3つの早稲田ダービーを含む開幕5連勝を達成し、6勝1敗と初優勝を達成した昨年の勢いのまま見事に優勝を果たした。

続いて、今年の1部の特徴であったのが早稲田大学チームの数である。
今季から1部に復帰した早稲田大学HUMAN F.C.を含め早稲田大学から4チームが1部に所属していた。早稲田大学の学内戦では早稲田大学稲穂キッカーズが優勝していたが、リーグ戦では3位が早稲田大学理工サッカー部、優勝はグスタであるなど実力は拮抗し、レベルの高いことが窺える。来季も早稲田大学がリーグ戦を引っ張っていくだろう。

また、コロナウイルスの影響を大きく受けた今年のリーグ戦でもあった。
前日に試合が延期になるアクシデントや、その影響で棄権せざるを得ないチームが出てきてしまったことは非常に残念なことであった。そんな中、無事リーグ戦を完遂することができたのは臨機応変に対応した新関東委員会のメンバーのおかげである。この前例にないリーグ戦を管理し、運営した新関東委員会のメンバーに改めて賛辞を送りたい。

今シーズンはレギュレーション上降格はなく、来年は2部からの昇格組を合わせた10チームで行われる予定だ。来シーズンも白熱するであろうリーグ戦に注目すると同時に、同好会カテゴリーに注目していきたい。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2024.04.17

【新歓記事vol.9】新入生必見!!駒澤大学、神奈川大学、上智大学の各サークル紹介!

BeYonDプロジェクト 本日はこれまでに紹介されなかった大学の主要サークルについて紹介していきます! 大学生活を楽しみたい!という駒澤、神大、上智の新入生の皆さんは是非参考にしてください! 駒…

read more 阿部真珠
コラム 2017.10.12

【チームの根vol.8】 “自己犠牲” 慶應義塾大学理工体育サッカー部 愛野幸陽(4年=穎明館)

  77期にも及ぶ歴史を持ち、同好会カテゴリー最古参の慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下リコタイ)。 今回をそのリコタイを昨シーズン、副代表としてチームをまとめた男に迫った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.05

【関西同好会リーグ2018】関西で繰り広げられる熱き戦い!その展望を紹介!

間も無く開幕する関西同好会リーグ2018。開幕に先立ち、リーグ戦1部の注目チームを紹介したい。 本命はやはり同志社大学三ツ葉キッカーズだろう。これまで関西同好会リーグを幾度となく制してきた彼らは…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.29

【復活!!マネの想いvol.1】”仲間はいて当たり前の存在、なくてはならないもの”

約1年半ぶりにこの企画が復活します! “マネの想い” 大学サッカー同好会カテゴリーにおいて必要不可欠な存在 また、そのあり方もチームによって大きく異なるマネージャーに迫るこのコラム。 様々なチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.20

【新関東カップ2018MVP】選ばれたのはこの男…!?

例年の新関東カップは早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が三連覇を果たしていて、今年も早稲田稲穂が四連覇目を果たすかと思われていた。 この前人未到の四連覇を打ち壊し、優勝したのが中央大学体同連フ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.06

【BMOM57】河瀬雄哉(3年=高松)チームを救う2連続ビッグセーブ!頼れる守護神の駆け引きが稲穂を勝利に導く!

6月3日新関東カップ2連覇中の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は同校の早稲田大学FC.GUSTAと(以下:グスタ)と対戦した。 先週の日本大学法学部サッカー部戦では、爆発的な攻撃力を披露した稲…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.14

【BMOM68】門倉怜央(1年=正智深谷) 全国経験者の大きな貢献

先日行われた大東文化大学AVANZRE(以下AVANZRE)と大東文化大学GLANZ(以下GLANZ)による大東文化大学学内戦決勝戦は1点を争う好ゲームを繰り広げた。 前半はGLANZがボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.09.07

【明日開幕】第41回マガジンカップ オープン大会2023の概要と展望

サッカーサークル日本一を決めるマガジンカップ、通称マガ杯が今年も長野県菅平で開催される。 今年は東京近郊の大学に加えて関西地方や東北地方から総勢64チームが、サークル日本一の座をかけて凌ぎを削る…

read more 東 孝太郎
コラム 2018.06.15

【BMOM98】西出有佑(3年=座間)が伝統の中大ダービーを制する決勝点!!

来たる6月10日、中央大学フースバルクラブ(:以下中央フースバル)と中央大学サッカー同好会(:以下中大サカ同)の両チームが待ちわびた因縁の中大対決がサークル界の「埼玉スタジアム2002」、ZOZOパー…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-