【新関東リーグ2020・1部】大会総括

BeYonD 編集部

10月31日から開催された同好会カテゴリーの最高峰のリーグである『新関東リーグ』は12月5日に幕を閉じた。

新型コロナウイルスの影響も受けながら開催された今年の1部は、早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)が制し、昨年に続く優勝で大会2連覇を達成した。

今回は、世間の例に漏れず影響を受けながらも開催された新関東リーグ1部を振り返っていきたい。

まず、優勝争いについては昨年に引き続き、グスタと中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)の最終節までもつれ込んだ白熱した争いであった。フースバルは昨年のメンバーをベースに作られた盤石なサッカーを見せつけ5勝2分と無敗であった。
しかしながら、多くの1年生を新戦力として迎えたグスタは3つの早稲田ダービーを含む開幕5連勝を達成し、6勝1敗と初優勝を達成した昨年の勢いのまま見事に優勝を果たした。

続いて、今年の1部の特徴であったのが早稲田大学チームの数である。
今季から1部に復帰した早稲田大学HUMAN F.C.を含め早稲田大学から4チームが1部に所属していた。早稲田大学の学内戦では早稲田大学稲穂キッカーズが優勝していたが、リーグ戦では3位が早稲田大学理工サッカー部、優勝はグスタであるなど実力は拮抗し、レベルの高いことが窺える。来季も早稲田大学がリーグ戦を引っ張っていくだろう。

また、コロナウイルスの影響を大きく受けた今年のリーグ戦でもあった。
前日に試合が延期になるアクシデントや、その影響で棄権せざるを得ないチームが出てきてしまったことは非常に残念なことであった。そんな中、無事リーグ戦を完遂することができたのは臨機応変に対応した新関東委員会のメンバーのおかげである。この前例にないリーグ戦を管理し、運営した新関東委員会のメンバーに改めて賛辞を送りたい。

今シーズンはレギュレーション上降格はなく、来年は2部からの昇格組を合わせた10チームで行われる予定だ。来シーズンも白熱するであろうリーグ戦に注目すると同時に、同好会カテゴリーに注目していきたい。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.01.19

新チーム始動インタビュー第3弾”明治大学Groovykids 竹井伸吾”

昨年度、高い技術を備えたタレント達が躍動し、新関東カップベスト4、明大カップ準優勝や新関東リーグ2位と好成績を収めた明治大学Groovykids。そのタレント軍団を率いた澤井(3年=ジェフ千葉Y)に代…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.06.02

【新関東カップ2022】出場チーム紹介vol.6

青山学院大学理工サッカー部 チームPR 僕たちのチームプレーのフィーチャーはとにかくクイックでパッショネイトでイニシアチブを握るグレイトなチームだよ 注目選手 宮下誠一(3年・創価) …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.21

【新人戦1年生大会②】総集編

【優勝】成蹊大学FC kanoa 安定した守備と厚みのある攻撃を武器に優勝という最高の結果を収めた。準決勝では法政PASSION AとPK戦までもつれ込むなど苦しい試合もたくさんあったはずだが勝…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.11

【美女マネ特集vol.12】第12回の今回はユニオンリーグに所属し、今年で44期を迎えるワールドなあのチームのマネ!

  こんにちは!   新年も最高のスタートを切った美女マネです!   いや~それにしても青森田中、あ、、青森山田強かったですね~!! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM7】GK山崎亮輔(2年) ビッグセーブ連発でチームを救う

最後の砦 山崎 第5節、7位早稲田大学HUMAN.F.Cは、8位中央大学サッカー同好会と対戦。結果は4-0でHUMANが快勝した。スコアだけを見れば、簡単な試合に見えるが、幾度となくピンチが訪れる危…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.16

【新関東リーグ2018】2部A 第1節ハイライト

今年も新関東リーグ1部への狭き門へ挑戦する新関東リーグ2部が10月13日に開幕した。 2部Aブロックは、降格してきた明治大学グル―ビーキッズ(以下=明治グルービー)や昨年惜しくも昇格戦に敗れ、昇…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.07

新チーム始動インタビュー第2弾”中央大学フースバルクラブ 若杉俊介”

2017年になり、新チームが始動した中央大学フースバルクラブ。キャプテンの若杉俊介(2年=新潟明訓)を取材した。 (写真 左はキャプテンの若杉、右は副キャプテンの大石) 2015-20…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.05

【BMOM30】SB嶋方翼(2年=農大二高)左サイドをシャットアウトし悲願の初タイトル獲得

本日、GuamChampionship予選が鹿島ハイツにて行われた。決勝戦は立教大学サッカー愛好会、慶應大学理工学部サッカー部というカード。結果は1-1の同点で50分間が終了した。そして、PK戦の末、…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.05

【新入生必見!同好会チームガイドvol.11】法政大学編その1

法政大学 FC PASSION 【男性メンバー数】 50名 【女性メンバー数】 50名 【SNS・ホームページ】 Twitter:https://twitter.com/shu…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.31

【BMOM50】中島剣士郎(1年=早大本庄)名門の攻撃を牽引した”超絶怒涛のスーパールーキー”

激戦区の早稲田大学学内戦で優勝を逃した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。今年も名門としての強さを示すにはこの男が一番のカギになるかもしれない。 名門のスーパールーキー中島剣士郎(1年=早大…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-