【マガハイ直前!】昨年度Best4サークルにインタビューvol2.

BeYonD 編集部

夏休みも後半戦に差し掛かってきたところではないでしょうか。どうもBeyond編集部です!いよいよ開幕を目前に控えた「第41回サッカーマガジンカップオープン大会2023(通称:マガハイ)」に向けて各サークル、士気が上がっているところかと思います。

そこで、今回は昨年のマガハイ決勝で激突した、早稲田大学稲穂キッカーズさん(以下:稲穂キッカーズ)、中央大学体動連フースバルさん(以下:フースバル)の選手にインタビューをしました!今回の大会に向けて熱い思いが語られています!!必見です!!

早稲田大学稲穂キッカーズ

 まず、前回大会覇者であり。早稲田大学学内戦で4連覇中の稲穂キッカーズさんにインタビューをしていきます!

 

・昨年の良かったところは?

マガハイの期間でかなり成長できた所です。4チームエントリーでしたが、稲穂として一体感を持って戦えました!結果、決勝トーナメントに全チーム残れました!

・昨年の反省点

弁当の配達です(笑)

・注目選手

10番で主将の田中駿也

正確なキック、変幻自在のドリブルからチャンスを生み出す万能型10番です!

・注目しているチーム

マガハイは、出場する全てのチームが手強いですが、特に、新関東カップ王者のフースバルさんには注目しています!昨年決勝で戦ったこともありますし、今年も対戦した際には熱い闘いにしたいです。

・優勝候補予想

今年も稲穂が優勝します🏆

・最後に一言お願いします!

熱い5日間にしましょう!よろしくお願いします!

 

 

中央大学体同連FUSSBALL CLUB

続いて、中央大学フースバルにインタビューをしていきます!今回インタビューに協力してくれたのはキャプテンの鈴木大登さんです!

 

昨年の良かったところは?

お互い尊重、信頼しあいプレーできていたところです。マガ杯前まではチームがバラバラであると感じていましたが、大会を通してキャプテンを中心に少しずつ変わっていき、試合ごとにチームの雰囲気が良くなっていきました!

昨年一番印象に残っている試合は?

予選リーグ3試合です。
中大フースバルである以上予選リーグは絶対に突破しなければならないという覚悟を持って臨んだグループリーグでしたが、思うようには進まず、最後の1試合に勝たなければ敗退という状況にまで追い込まれました。しかし、中大フースバルであるという覚悟とプライドが相手を勝り、勝利できた時は何より安堵が大きかったです。一つの山場を乗り越えられたあの時はチームとしても自信になりました!

今年のチームの特徴・良さ

個性の強さです!
一人ひとりとてもキャラが濃く、和気藹々とした雰囲気で過ごしています。数多くの様々な個性が一つになることで大きな力が生まれているのではないかと思います!

注目選手

廣瀬蒼大

チームの攻撃の軸となるリズムを生む選手で、センスあるパスで攻撃に厚みを生み出します。
中大フースバルが点を取るためには彼の躍動が必要です!

ここには負けたくないチーム

どこのチームにも負けたくありません!優勝を目指している以上負けていては達成できないので!

今年の意気込み

今年は昨年のリベンジと王者奪還を目指して、全身全霊で戦います!

 

今回インタビューに協力してくれた2チームの今年の活躍にも注目です!
今大会はどのチームが優勝するのか楽しみです!

一緒にマガ杯を盛り上げていきましょう!!

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ 中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2020.11.22

【新関東リーグ2020・1部第4節】スタイルの違う上位2チームが激突!

波崎では珍しい風もなく陽気な気候で行われた新関東リーグ一部第3節。4連勝を果たし首位に浮上したい中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と優勝争いに食い込むために負けられない早稲田大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.24

”ホットライン”〜高校時代からの信頼関係はどのようなプレーを繰り出すのか〜

サッカーにおける”ホットライン“とは何か皆さんご存知だろうか。それは長い時間をかけて構築された信頼関係が故に繰り出される”連携プレー”のことである。大学サッカーサークル界には高校時代からの信頼関係を活…

read more 中嶋 快
コラム 2019.06.01

【BMOM128】水野晃佑(3年=慶應志木)エースが躍動。チームをベスト8に導く2ゴール。

5月25日、慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下:慶應リコタイ)と明治大学生田蹴友会(以下:明治生田)の試合が神栖市矢田部サッカー場にて行われた。新関東リーグ1部の明治生田を相手に2部の慶應リコタイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.02

【BMOM129】小竹直輝(3年=新潟明訓)試合を決めたのはやはりこの男!

5月25日(土)神栖市矢田部サッカー場にて中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)vs慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)の試合が行われた。 主導権を握り何度もチャンスを作る…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.17

【高校別OB座談会vol.6】千葉県〇〇の強豪2校のOB座談会 高校時代の地獄のトレーニングから現在の苦悩までを語り合う!

日本トップのサッカー県、千葉。   今回はそんな千葉県にある幕張の 強豪校・幕張総合高校・渋谷幕張高校2チームまとめて座談会。   高校時代の"浜練"…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔
コラム 2019.02.25

【インタビュー記事 ISA 坂井惟史氏】ISAのサッカー留学事業に迫る!! 

「人生の転換期は間違いなくイギリス留学!」 と語る、坂井惟史氏。 今回、BeYonDでは留学事業を柱にサッカー事業を幅広く展開する International Sports Acad…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.05

【関西同好会リーグ2018】関西で繰り広げられる熱き戦い!その展望を紹介!

間も無く開幕する関西同好会リーグ2018。開幕に先立ち、リーグ戦1部の注目チームを紹介したい。 本命はやはり同志社大学三ツ葉キッカーズだろう。これまで関西同好会リーグを幾度となく制してきた彼らは…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.19

【新関東リーグ 2018】1部 第1節・第2節ハイライト

先日10月13.14日に集中開催形式で新関東リーグ1部 第1節と第2節が開催された。 例年、集中開催は第4節と第5節で行われていたが、今年は異例の開幕戦スタート。 リーグ戦の勢いに大きく影響を与え…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.03

【BMOM130】石井 諒太郎(三年=日大習志野)チームの愛され大バカ者が値千金の先制点!

2019年5月25日新関東カップ第3回戦が行われた。カードは立教愛好会(以下:立愛)vs早稲田大学HUMAN.FC(以下:ヒューマン)。ヒューマンは2戦目、立愛はシードもありこの試合がチームとしては初…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-