【マガハイ直前!】昨年度Best4サークルにインタビューvol2.

BeYonD 編集部

夏休みも後半戦に差し掛かってきたところではないでしょうか。どうもBeyond編集部です!いよいよ開幕を目前に控えた「第41回サッカーマガジンカップオープン大会2023(通称:マガハイ)」に向けて各サークル、士気が上がっているところかと思います。

そこで、今回は昨年のマガハイ決勝で激突した、早稲田大学稲穂キッカーズさん(以下:稲穂キッカーズ)、中央大学体動連フースバルさん(以下:フースバル)の選手にインタビューをしました!今回の大会に向けて熱い思いが語られています!!必見です!!

早稲田大学稲穂キッカーズ

 まず、前回大会覇者であり。早稲田大学学内戦で4連覇中の稲穂キッカーズさんにインタビューをしていきます!

 

・昨年の良かったところは?

マガハイの期間でかなり成長できた所です。4チームエントリーでしたが、稲穂として一体感を持って戦えました!結果、決勝トーナメントに全チーム残れました!

・昨年の反省点

弁当の配達です(笑)

・注目選手

10番で主将の田中駿也

正確なキック、変幻自在のドリブルからチャンスを生み出す万能型10番です!

・注目しているチーム

マガハイは、出場する全てのチームが手強いですが、特に、新関東カップ王者のフースバルさんには注目しています!昨年決勝で戦ったこともありますし、今年も対戦した際には熱い闘いにしたいです。

・優勝候補予想

今年も稲穂が優勝します🏆

・最後に一言お願いします!

熱い5日間にしましょう!よろしくお願いします!

 

 

中央大学体同連FUSSBALL CLUB

続いて、中央大学フースバルにインタビューをしていきます!今回インタビューに協力してくれたのはキャプテンの鈴木大登さんです!

 

昨年の良かったところは?

お互い尊重、信頼しあいプレーできていたところです。マガ杯前まではチームがバラバラであると感じていましたが、大会を通してキャプテンを中心に少しずつ変わっていき、試合ごとにチームの雰囲気が良くなっていきました!

昨年一番印象に残っている試合は?

予選リーグ3試合です。
中大フースバルである以上予選リーグは絶対に突破しなければならないという覚悟を持って臨んだグループリーグでしたが、思うようには進まず、最後の1試合に勝たなければ敗退という状況にまで追い込まれました。しかし、中大フースバルであるという覚悟とプライドが相手を勝り、勝利できた時は何より安堵が大きかったです。一つの山場を乗り越えられたあの時はチームとしても自信になりました!

今年のチームの特徴・良さ

個性の強さです!
一人ひとりとてもキャラが濃く、和気藹々とした雰囲気で過ごしています。数多くの様々な個性が一つになることで大きな力が生まれているのではないかと思います!

注目選手

廣瀬蒼大

チームの攻撃の軸となるリズムを生む選手で、センスあるパスで攻撃に厚みを生み出します。
中大フースバルが点を取るためには彼の躍動が必要です!

ここには負けたくないチーム

どこのチームにも負けたくありません!優勝を目指している以上負けていては達成できないので!

今年の意気込み

今年は昨年のリベンジと王者奪還を目指して、全身全霊で戦います!

 

今回インタビューに協力してくれた2チームの今年の活躍にも注目です!
今大会はどのチームが優勝するのか楽しみです!

一緒にマガ杯を盛り上げていきましょう!!

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ 中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.05.11

【新歓ムービー紹介vol.2】中央同好会、早稲田理工、慶應リコタイ、立教愛好会

中央大学 サッカー同好会 https://vimeo.com/213201875 【コンセプト】 同好会にとって最も重要なオンザピッチとオフザピッチの切り替えの部分を、年間行事を通して分かり…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.08

【マネの想いvol.10】”サークルの枠を超えた日本一のチームへ”

同志社大学三ツ葉キッカーズ 野村まどかさん −三ツ葉キッカーズ(以下三ツ葉)についておしえてください。 プレは同志社大学、マネは同志社大学と同志社女子大学で構成されていて、私たち…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.26

【BMOM46】伊藤貴紀(1年=座間) 強心臓ルーキーの1発が試合を決める

新関東カップ2017の2回戦、明治大学ESPERANZAと明治学院大学白金FCが対決した。 猛暑の中で試合は拮抗し、両チームスコアレスのままPK戦に突入するかと思われたが、試合終了直前のところで1人…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.18

【美女マネ特集vol.13】第13回はミス〇〇リンピックにも選ばれたあのチームのマネ!

こんにちは!   夏は暑がり、冬は寒がり、好きな国旗はハンガリーでお馴染みの美女マネです!!   最近非常に寒いですね~。   &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.01.17

【株式会社フジキカイ】BeYonDの新スポンサー様を訪問させていただきました!

    みなさんこんにちは!BeYonD編集部です!   今回、2021年12月より新たにBeYonDプロジェクトをスポンサードしていただいている…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.21

【H.I.S.主催ドルトムント選手交流会&マーケティングセミナー】愛されるクラブになるためには?同好会運営へのヒントがここにある!

2017年7月、香川真司選手も所属するブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントは2年ぶりとなる日本ツアーを行いました。 ドルトムントのツアーパートナーとして旅行代理店のH.I.S.が契約を結び今回…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.05.07

【チーム特集】中央大学MAPLE

今回は【インスタ企画 いい写いいね大会】において、 第3グループで見事優勝いたしました「中央大学MAPLE」に独占インタビューさせていただきました!! 幹事長の吉武友樹さん、マネー…

read more 渋井颯太
コラム 2017.11.17

【美女マネvol.27】現在ミスコン出場中!今回は黒いユニフォームのチームのマネを初特集!

こんにちは!   サークル生活もいよいよ終盤に入りましたね!   先輩たちが引退すればいよいよ幹部交代となります。   寂しいですね。…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.01.30

新チーム始動インタビュー第4弾”明治大学体同連サッカー部 青木聡汰”

2年前、アットホームカップを制し日本一を勝ち取った明治大学体同連サッカー部。翌年、マガ杯で3位入賞となるものの無冠の1年となった。リーグ戦では最終節に土砂降りの中、青山理工に劇的勝利し残留をもぎ取った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.20

新関東リーグ所属サークル新ユニフォーム『徹・底・解・説』!!青山立教中央法政駒沢編

  代替わりを終え新学期が始まり、新歓活動が本格化してきているチームも多いのではないでしょうか🌸 そんな今回は…! 新年度が始まって他のチームの雰囲気が気になる現役の皆さん…

read more 川田 千夏

-PICKUP CIRCLE-