今後のサッカーサークル界を牽引する11人を紹介!【後編】

BeYonD 編集部

【学年別ROUND 1年生 ベストイレブン】

今回は前回の記事で紹介しきれなかった残りの6人を紹介していきます!

日々の練習から試合のメンバー決めまで、学生たちで運営を行う大学サッカーサークル。前回の記事と同様に、高校時代の部活動と大きく環境の異なる1年間を過ごした彼らに1年間を振り返ってもらいました。

【1:高校時代のサークルへの印象・入ったきっかけ 2:この一年を振り返って 3:今年の目標】

角能俊介 早稲田大学FC GUSTA(早大学院)

1高校時代の部活とは異なり、サッカーを趣味として捉え、サッカー以外のドライブやBBQなどの企画系が中心なものという印象を持っていました。
2サッカーのレベルをまだまだ上げようと皆で努力していて、高校の部活に筆頭するくらいの熱量を感じました。
3大学のサッカーサークル界を盛り上げていきたいです。コロナが蔓延して大会が中止になってしまうなどの悲しいことが起きないように日々感染対策を心掛けて楽しいサークルライフを送りたいです。
チームとしてはグスタを日本一に返り咲かせる🙂

助安勇治 慶応キッカーズ(日本大学高校)

1遊びながらサッカーするところ。高校でやり切った感はあったのですが、やっぱりサッカーが好きだったのでサークルに入りました。
2印象通りでした。その中でも、早稲田は強いサークルが特に多かったです。
3慶応キッカーズはみんなで雰囲気だけは高めようと頑張っている。できるだけ勝って上にいきたいです。

竹野豪 早稲田大学HUMAN FC (奈良高校)

1サークルは楽しんでやることがメイン。大学生と関わる機会もなく、高校の先輩にもサークルで続ける人はいなかったので、それが自分のサークルに対するイメージでした。サークルに入ったきっかけとしては、大学でできた友達が誘ってくれた。決めては、盛り上がり方が自分と合っていたところです。

2優勝といった目に見える結果は出なかったが、サークルに持っていた偏見が覆された一年でした。また、勝負に拘りながらも楽しんでやれた一年でした。

3去年も楽しかったですが、今年もより一層自分たち主導で楽しめるサークルづくりに貢献していきたいです。

 

中林岳也 中央大学サッカー同好会(昌平高校)

1高校生の時は、インスタグラムで見る限りマネージャーが凄く可愛くて、明るく楽しくやっているサークルという印象でした。他のサッカーサークルに所属している友達から、思ったよりサークルはガチと聞いていたので楽しみでした。。

2僕自身サークルに入ってから長い間怪我をしていたのですが、時々練習に行った時でも声をかけてくれるような本当に優しい人ばかりです。アットホームな雰囲気です。

3所属しているサッカー同好会を新関東リーグ1部に昇格させること、そして怪我無くシーズンを終えることです。

伊藤碧斗 日本大学理工サッカー部(日大鶴ヶ丘)

1遊びのイメージでした。サッカーをやる時間が欲しく、大学近くで探してサークルに入りました。

2しっかりやるところもあれば、楽しくやる部分もあり楽しいです。

3自分は社会人サッカーをメインにやっていて、サークルはたまに参加するぐらいなのですが、とにかく怪我なく頑張りたいです。

岡本拓真 明治大学体同連サッカー部(明大中野八王子高校)

1個人としても、世間的に見てもサークルという響きは、あまりサッカーを真面目にやってないというイメージを持っていました。

2とにかくサッカーのレベルが高いことに驚きました。抱いていてたイメージが大きく変わった一年でした。また、選手権に出場したことのある選手が所属していたりと、とてもレベルが高い環境でできていて、刺激を受けています。

3去年新関東リーグに1年生ながら出場させてもらったが、2部降格となってしまったので、今年の代で1部に復帰できるように頑張っていきたいです。

 

 

いかがでしたでしょうか。是非今回紹介した11人のこれからの活躍に是非注目してみてください!今回は11人しか紹介できませんでしたが、サッカーサークル界にはまだまだ魅力的な選手がたくさんいるので、他の選手にも要注意です!今後期待の新1年の紹介記事も書こうと思っているので、楽しみにしていてください!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2020.06.22

【筋トレ特集vol.1】筋トレはもてるためではない。

皆さんこんにちは!   おうち時間いかがお過ごしですか?     本日紹介するのは、、、、 おうち時間全てを筋トレに捧げたイカした男 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.10

【新関東リーグ2019・1部第6節マッチハイライト】優勝争いと残留争いが2極化!運命は最終節に委ねられた!

2019年11月10日、鹿島ハイツ第5グラウンドにて新関東リーグ第6節が行われた。 今節の特徴は2つ、 「引き分けの対戦がなかったこと」 「順位変動が起きなかったこと」 である。 今…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.07.10

【新関東カップ2017】ベストイレブン

6月24日、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下稲穂)が明治大学Groovykids(以下グル―ビー)を下し、見事な3連覇で幕を閉じた新関東カップ2017。この大会で活躍した選手からベストイレブンを選出させ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.18

サッカーサークルのマネージャーの実態を暴け!

  新入生のみなさんこんにちは!       今回の特集は、サッカーサークルの「マネージャー」についてです!!  …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.15

【チームの根vol.3】”無賃雇用” 明治大学Groovy kids 儘田和也(3年=國學院久我山)

  昨年度、タレントを兼ねそろえ好成績を残した“異端児”Groovykids。その副代表と言うことで期待をしていくと、そこにいたのは顔の八割が俳優の佐藤次郎で構成された男だった。一見地…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.19

【BMOM107】小田島圭吾(4年=國學院久我山)開幕戦での貴重な同点ゴール! 今年もこの男が新関東を盛り上げる!!

明治大学Groovykidsは昨年、チーム史上初の2部降格。 この試合、悲願の1年での1部昇格のために、どうしても勝ち点3が欲しいところだ。 しかし、序盤から早稲田大学HUMAN.FCに主…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.16

【BMOM12】菰原 大喜(2年)が途中出場で決勝点を挙げる大活躍

ウルトラマン 菰原 早稲田大学HUMAN.F.Cは第6節、立教大学サッカー愛好会と対戦した。結果は2-1で早稲田HUMANが勝利した。試合は前半開始早々から1点ずつ奪い合い、1-1で迎えた後半23分…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.21

【東洋大学学内戦決勝】フォトギャラリー

東洋大学を制したF.C.FLITT、アットホームカップ本大会にも期待したい。   圧倒的な存在感で決勝のマンオブザマッチに輝いた矢部(3年=埼玉栄) &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.01

【BMOM51】磯島悠太(2年=真岡) ピッチを駆け回るHUMANのチャンスメーカー

早稲田大学HUMAN FC(以下:ヒューマン)は新関東カップ2017の3回戦で明治大学BeeVooと対戦し、6-1の快勝を見せた。ヒューマンの豊富なタレント、特にこの日ハットトリックを見せた藤林(3年…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.09.04

【BeYonD History vol.6】初代ビヨンドマネが語るサッカーサークルとは

BeYonD History vol.5 に引き続き、初代ビヨンドの先輩方にインタビューしました! 今回お話をしてくださったのは、初代ビヨンドマネージャーの神垣柚乃さん(早稲田大学理工サッカー部…

read more 田中菜々美

-PICKUP CIRCLE-