[BMOM1]MF新井裕貴(3年) “いぶし銀”のプレーで中盤を支配

BeYonD 編集部

【アットホームカップ決勝戦】味の素スタジアム西競技場
早稲田大学稲穂キッカーズ 2-1 法政大学学団連サッカー部

”いぶし銀”の仕事人

背番号4番。エンジ色のユニフォームを着た、この男には“いぶし銀”という言葉がよく似合う。その言葉通りこの日、派手さはないが確実に法政学団連の攻撃の芽を摘んでいた。延長までもつれた試合で80分間、攻守にわたって堅実に仕事をし、この日の勝利に貢献した。「相手が蹴ってくることはわかってたので、中盤でセカンドボールを拾うことを意識した。」と語った。早稲田稲穂4番新井(3年=茅ヶ崎北陵)は序盤こそ法政学団連の勢いのある攻守に苦しんだが、時間が経つにつれ着実にセカンドボールを拾い、ゲームメイクに力を発揮した。

 

「序盤は相手のプレッシャーの速さもあり、ボールタッチが少なくなってしまった。」と語ったように、稲穂は試合の立ち上がりでは法政10番伊藤(3年=法政二)、9番田嶋(3年=都立城東)を中心としたスピードとフィジカルの強さに苦しみ、クロスバー直撃を含める決定機を2度作られるなど法政に押し込まれる時間帯が多くなっていた。しかし、前半を無失点で乗り切えられたものの、新井の潰しの守備の結果であろう。その後、法政4番新田(3年=名東)との激しい中盤の攻防戦で奮闘。あらゆる場面に顔を出し、存在感を示した。徐々にスペースが空いてくるとボールを保持し、攻撃の起点になりチームを支えた。

 

アットホームカップを制覇し、関東王者になった早稲田稲穂。しかし、目標は3冠の一つである、新関東フットボールリーグの制覇である。「アットホームカップ優勝の勢いを持ちながらもしっかり気持ちを切り替えて残りの4戦を一戦一戦を大事にして絶対に勝ちたい」と慢心することのない稲穂の仕事人、新井裕貴にこれからも注目していきたい。

 

試合後、優勝トロフィーを手に笑顔を見せる新井(右)

14925766_1781664078780342_6506487118556871173_n

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.07.08

【新関東カップ2017】大会総括(MVP、得点王)

4月29日に始まり、2カ月に及んだ新関東カップ2017は早稲田大学稲穂キッカーズの大会3連覇という形で幕を閉じた。 今回はその大会を簡単に振り返り、大会MVPと得点王の選手を紹介していく。 &…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.20

新関東リーグ所属サークル新ユニフォーム『徹・底・解・説』!!青山立教中央法政駒沢編

  代替わりを終え新学期が始まり、新歓活動が本格化してきているチームも多いのではないでしょうか🌸 そんな今回は…! 新年度が始まって他のチームの雰囲気が気になる現役の皆さん…

read more 川田 千夏
コラム 2018.10.26

【BMOM110】山田隆太(3年=川和) ピッチを縦横無尽に切り裂く青理の「韋駄天」が躍動

10月20日に聖地、鹿島ハイツで行われた青山学院大学理工学部サッカー部(以下:青理)と早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)の一部リーグ強豪対決が行われた。 パスを繋ぎ相手を徐々に突き崩していく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.26

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.1

真剣勝負の場である新関東カップが今週末の5/28(土)より開幕する。 今年度は新たに予選リーグが導入され、予選各グループ1位の7チームと各グループ2位のうち成績上位1チームを加えた計8チームが決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.18

【新関東リーグ2017・1部最終節】早稲田稲穂が2連覇3冠達成!!明治グルービーはまさかの2部降格へ

【新関東リーグ2017・1部最終節】 同好会最高峰の新関東リーグが最終節を迎えた。 小雨が降りしきる中、優勝・残留を目指した熱い戦いが繰り広げられた。   引き分け以上でリー…

read more 森井 貴弘
コラム 2022.07.27

サークル×就活のすゝめ(プレーヤー編)

3年生をはじめ、皆さん就職活動を始めているでしょうか? サッカーと飲み会ばかり頑張っても意味ありませんよ?? いい就職先に早く決まるコツを今回教えたいと思います!! 学生の皆さん必見…

read more 早坂
コラム 2016.11.11

【BMOM7】GK山崎亮輔(2年) ビッグセーブ連発でチームを救う

最後の砦 山崎 第5節、7位早稲田大学HUMAN.F.Cは、8位中央大学サッカー同好会と対戦。結果は4-0でHUMANが快勝した。スコアだけを見れば、簡単な試合に見えるが、幾度となくピンチが訪れる危…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.10.07

遂に開幕!新関東リーグPREVIEW SHOW 【前編】

10月16日、いよいよサークル界最高峰リーグとも呼び声高い新関東リーグが開幕する。昨シーズンはコロナウイルスの影響で降格がなかったため、今年は昨シーズンの8チームに昇格2チームを加えた全10チームで真…

read more 東 孝太郎
コラム 2016.11.15

【BMOM9】 MF大石元気(2年)がチームを残留に導く決勝点

多摩の暴れ馬   中央大学フースバルクラブは第6節に、明治大学体同連サッカー部と対戦し、1-0で勝利した。5位と低迷していたチームを救ったのが、左SH38番の大石 元気(2年=藤枝東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.07

【GK特集】知ってるようで知らないGKの気持ち

どうも、コムドットにはまり 「内定もらえない可能性これ一切なーい」と調子に乗っていましたが 「内定が一切ない」になりそうな森です。 今回は今まであまり触れられてこなかったポジションに…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-