MVとは? 〜伝えたいメッセージ〜

中込 こころ

こんにちは、BeYonD編集部です🌻

この夏、大きな大会に参加したり、イベントを行うチームも多いのではないでしょうか🌈

そこで今回は、サッカーサークルや同好会に所属している人には馴染みの深い、モチベーションビデオ(通称MV)について、記事にしました!

 

1.MVとは??

MVは、”モチベーションビデオ”の略称であり、試合の際にチームの士気を上げるためや、合宿などの思い出を形に残すために、作成される動画です。日々の練習や試合・イベントの写真や動画を曲にのせて動画を作成するチームが多く、チームや作成する人によって様々なカラーが生まれるのが魅力です。

動画を編集する役割についてもチームによって様々。筆者が所属しているサークル(早稲田大学HUMAN F.C.)では、”サイバー”という動画編集を担当する役職があり、3年生が数人この役職につき交代で動画を作成していました。他にも、プレーヤー/マネージャーのみが交代で動画を作成するチームもあるそうです。

2.素材集めについて

多くのチームが一眼のカメラやスマートフォンを使用して撮影を行います。ゴールシーンはもちろん、円陣やアップ、応援している様子や仲間とふざけている様子なども撮影しておくと、よりチームの良さが出るMVになると思います。

筆者が素材を集める上で一番大切にしていたことは、“自分が残したいと思う瞬間を撮影する”でした。また、曲の歌詞に合わせて撮りたい演出を決めて、プレーヤーにお願いしたりすることもありました。

3.作成方法

これから紹介する方法はあくまで筆者の作成方法です(笑)作成する人によって工程は様々なので、「こういう流れで動画を作成する人もいるんだ」くらいの気持ちで読んで頂けると幸いです!

 

①曲を決める

MVで使用する曲は、MVのイメージを作る重要な役割を果たし、選曲はMVを作成するスタートとも言えます。試合は「負けられない相手との戦い」や「リーグの順位に関わる戦い」など、毎試合何しらの”戦う目的”が存在します。その目的に合わせて、”疾走感のあるメロディー”や”メッセージ性の強い歌詞”などを持つ曲を選んでいました。

 

②MVに込めるメッセージを決める

この工程はおそらく筆者特有のものです(笑)筆者は1年生の頃に一度MVを作成した経験があるのですが、3年生でサイバーという役職に就くにあたってそのMVもう一度見返した際に、ただ撮影した写真や動画をまとめるているだけで、MVを通して何が伝えたいのかがわからないと感じました。そこで、MVを作るにあたって、その試合に対するチームへのメッセージを設定してから構成を考えるという手順に変更しました。詳しくは目次「4.MVに込めた思い」で説明します!

 

③ノートに構成を書き出す

筆者は“MVノート”というものを作っており、曲の歌詞・テロップ・使用する素材を横一列に書き込んでいました。この工程を踏むことで、必要最低限の素材をパソコンに移すことができ、編集が楽になります。

 

④編集アプリを使用して編集を行う

筆者の所属していたサークル(早稲田大学HUMAN F.C.では、「Final Cut Pro」というアプリを使用して編集を行なっています。曲の歌詞やリズムに合わせ、納得がいくまで写真や動画の入れ替えを行います。

 

⑤動画の投稿

動画の編集が完了したら、その動画を一番象徴する写真をサムネイルに設定し、②で決めたメッセージを概要欄に書きます。試合当日の朝、MVを投稿してリンクを共有します。試合に向かう車や電車でMVを見てもらうことで、モチベーションを上げてもらいます!

4.MVに込めた思い

最後に、筆者がMVを作成する上で一番大切にしていた、”MVを通して伝えたいこと”について説明します。目次「3.作成方法」でも少し触れましたが、試合には必ず”戦う目的”が存在します。この”戦う目的”に対して、チーム全体が想いを一つにすることができるメッセージを考え、MV作成を行なっていました。

 

ここで筆者が過去に作成したMVのメッセージについて少し紹介します。

例えば、昨年9月に行われたメモリアルカップは、当時3年生の28期に代替わりをしてから初めて、プレーヤー全員が出場できる大会でした。コロナウイルスの影響により、出場メンバーの人数制限がかけられる試合が多かったためです。この試合のMVには、HUMAN全体で戦うことでより大きな力を発揮できるよう、”human 総力戦”というメッセージを込めました。

また、昨年11月に行われた新関東リーグ最終節は、28期にとって引退試合でしたが、試合に勝利してもリーグ優勝はなく、負けてもリーグ降格はないという、”勝つ目的”が見出しづらい試合でした。そこで、最後の練習でメンバーに最終節に対する想いを聞くなどして、”最後の日、何のために勝つのか”というメッセージを設定し、MVの中で一番盛り上がる大サビの部分でメンバーの想いと筆者の想いをテロップで並べました。さらにもう一つ、3年間大切な仲間と過ごした日常を振り返り、”日常という奇跡に感謝を”というメッセージを込めました。

 

このように、”1本の動画に伝えたいメッセージを込める”ことで、チームのモチベーションを上げ、想いを一つにして試合に挑むことを目標としてMVを作成していました

 

筆者はサークル生活の中で、MVというものが、自分のサークル愛を一番表現できる場所であると感じていました。記事の前半でも触れましたが、MVは、チームや作成する人によって全く異なるカラーが出ると共に、作成する人の想いも反映されるところが魅力です。これからも、様々なチームにとって、MVがサッカーサークル/同好会を楽しむ一つの要素となることを願います!

長くなりましたが、ここまで読んで下さりありがとうございました。

 

この記事を読んで、少しでもMVが気になった方、お時間あるときに見て下さるとこの記事がより一層楽しめると思います☺️(↓↓↓)
https://www.youtube.com/channel/UCc1BX84qsz-FXmoJixgxeSA

Written by

中込 こころ

cocoro

Keywords

Recommend

コラム 2022.10.14

”マネージャー代表”の視点から見るサッカーサークル

こんにちは!BeYonD編集部です。 サッカーサークルはプレーヤーとマネージャーで構成されていますが、マネージャーのあり方はサークルによって多種多様です。今回は、2つのサークルのマネージャー代表…

read more 関谷 朱音
コラム 2021.05.07

【チーム特集】中央大学MAPLE

今回は【インスタ企画 いい写いいね大会】において、 第3グループで見事優勝いたしました「中央大学MAPLE」に独占インタビューさせていただきました!! 幹事長の吉武友樹さん、マネー…

read more 渋井颯太
コラム 2017.03.10

【高校別OB座談会vol.1】技巧派集団國學院久我山。文武両道の高校ならではの異様な光景!?

高校別座談会第1弾は言わずと知れた東京都の技巧派集団國學院久我山!左から明治グルービーキッズ 小田島圭吾(2年)、早稲田大学稲穂キッカーズ 長瀬良太(2年)、青山学院大学理工サッカー部 高橋涼…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.04

【高校別OB座談会vol.4】昌平高校OB座談会 コメコメクラブとは?

激戦区の埼玉県で全国常連校となりつつある昌平高校。 つい先日行われたインターハイ埼玉予選決勝で4-1で勝利し見事全国への切符を手にした。そんな昌平高校OBに高校時代の思い出や現在のサークルについて語…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.20

【新関東リーグ2021・1部第8節マッチハイライト】優勝や降格が決まり始める第8節の結果とは!?

優勝争い、降格争いが激しい新関東リーグ。11月20日(土)に矢田部グランドで行われた結果がこちら。 第一試合は、ここを落とすと降格に王手となるため絶対に勝ちたい中央大学FUSSBALL(以下:中…

read more 山崎冬弥
コラム 2017.05.03

【新チーム始動インタビューvol.9】“早稲田大学 FC.GUSTA”

昨年度、新関東リーグ2部で優勝を果たし、悲願の1部昇格を決めた早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ) 。 当時からボランチでタッグを組み、1部昇格に貢献した、 現キャプテンの池田洋平(…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.24

【新関東リーグ2017・2部B第1節、第2節】明治エスペランサが2連勝、昨年一部同士の対決は中大同好会が土壇場で追いつきドロー決着

第1節は直近のアットホームカップで強豪チームを倒し決勝まで駒を進めた日大法学部(以下日法)と昨年一部早稲田学内戦優勝のHUMAN F.C(以下HUMAN)が激突。雨でピッチが濡れ足を滑らす場面もあった…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.22

【美女マネvol.22】今回は史上初となる関西のチームから美女マネが登場!!

こんにちは!   夏休みですね~!   BBQ、花火大会など存分に遊び散らかしているであろう皆さん。     もしくは…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.05

【新関東リーグ2017・1部第5節】王者稲穂が一つ抜け出し、残留争いはまだまだ目が離せない展開に

【新関東リーグ2017】 集中開催2日目はzozoparkから鹿島ハイツに舞台を移し、応援が許された環境での試合に全試合盛り上がりを見せた。   第1節以来勝利を挙げられていな…

read more 編集部BeYonD
コラム 2016.12.22

初代「Beyon d’Or」決定

BeYondによる新企画!!!   その名も「Beyon d'Or」※ビヨンドール どこかで聞いたことがあるような響きですよね。   そうです国際サッカー…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-