【新関東リーグ2018 1部・第1節】新関東カップ覇者vsマガジン杯覇者!注目の対決を制したのは?!

高橋佑輔

RESULTS

新関東リーグ2018 1部・第1節

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-1
立教大学
サッカー愛好会

10月13日、鹿島ハイツ第5グラウンドにて新関東カップ第1節が開催された。
第2試合の対戦カードは中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と立教大学サッカー愛好会(以下:立教愛好会)。
前者は新関東カップ2018を優勝している。一方で後者は先日開催された、マガジン杯で優勝している。

新関東リーグのタイトルを目指す強豪2チームが開幕戦で衝突。今後のリーグ戦の勢いのためにも絶対に負けられない戦いがキックオフ。

424b46b9-0045-4133-88df-a92157d0cf1f

(中央フースバルスタメン)

65f9ef98-58fe-4682-91fa-4c21b6995844

(立教愛好会スタメン)

前半

中央フースバルはチームの大黒柱、5番安藤(3年=東福岡)が先日の怪我の影響で戦線離脱。
しかし、ベンチにはしっかりと入りピッチ外からもチームを支える。
その穴を補うかのように、中央フースバルは3名の4年生がスターティングメンバーに名を連ねた。

最初にチャンスを迎えたのは中央フースバル。
3分、8番西出が右サイドからの折り返しにシュートを放つ。

前半は個々の能力で上回る中央フースバルが勢いのまま立教愛好会ゴールへと押し込んでいく。

10分、中央フースバル81番若杉(4年=新潟明訓)が高い位置でボールを奪うと、左サイドの51番大石(4年=藤枝東)がクロスを上げる。
中でうまく合わせることができないも4年生コンビが強さと巧さを見せ、完全復帰したことを相手へと知らしめる。

なかなか自分たちの形が作れなかった立教愛好会だが、前半半ばになると徐々に落ち着きを見せる。
前線の19番山本(2年=ヴィッセル神戸U-18)と10番谷口(3年=桃山学院)が鮮やかなテクニックでボールをキープ。攻め手が見え始める。

中央フースバル前線の51番大石、39番小竹(2年=新潟明訓)が随所にテクニックを見せるが、マガジン杯王者の守備は堅い。
4番内海(3年=春日部共栄)の体を張った守備を前に中央フースバルはなかなかシュートを打てない。

しかし、この流れを一気に吹き飛ばしたのは復帰した大エース大石元気だった。
24分、3番津幡(3年=八千代)のパスを受けた51番大石が前を向くと25m級のミドルシュート。
ブレたボールは綺麗にゴール右隅に吸い込まれ、中央フースバルが先制点をあげる。

29分、中央フースバル39番小竹がドリブルでボールを運ぶと右足ミドルシュート。
惜しくもバーに当たりゴールとはならずとも、小竹が得意な形で存在感を見せる。

中央フースバルは32分にも4番苅部 (3年=新潟明訓)、51番大石 、81番若杉が、華麗なワンタッチのパス交換で相手を翻弄。

51番大石のシュートは右にそれるも抜群の勢いと雰囲気で前半を折り返す。

148dcef3-e971-4426-987f-4dffd100a823

後半

後半も中央フースバルペースで試合は進む。
休む暇なく、猛攻を続けあっという間に追加点を取ることに成功。
6分、クロスボールに反応した51番大石がヘディングでボールを落とすと、8番西出が右足一閃。
シュートはゴール左に突き刺さり、良い時間帯に2点差とした。

一方、立場の立教愛好会は19番山本がボールを運び、セットプレーでチャンスを作る。
13分、6番草刈(3年=國學院久我山)のフリーキックに4番内海が反応。
内海の高さは攻撃面でも相手の脅威となる。

その後中央フースバルに攻め込まれる回数が増えるも、この日センターバックとしてスターティングメンバーに抜擢された立教愛好会8番岡田(3年=國學院久我山)が良いカバーリングやスライディングを見せ、これ以上の失点を許さない。

23分には中央フースバルが 敵陣でボールを奪うと51番大石がシュート。
左ポストに直撃し、こぼれ球に81番若杉が反応するも決めることができない。

マガジン杯王者としての意地を見せたい立教愛好会は26分に6番草刈のコーナーキックから4番内海がヘディングシュート。バーを弾きそのままゴールへと吸い込まれた。
試合を通して見せていた草刈の高精度キックからキャプテンのゴールで一矢報いることに成功。

立教愛好会の反撃が始まったが、中央フースバルは集中した守備を披露。
1点差を守りきり、中央フースバルが開幕戦を制した。

cfca1d5d-ef96-46a1-9d56-43a86c58d924

勝利した中央フースバルはトップチームに復帰した4年生等が非常に高いフォーマンスを披露。
新関東カップを制した3学年の戦力に強力な4年生が加わり、脅威的なチーム力となっている。

リーグ戦7試合、中央フースバルが見せるクウォリティーにはどのチームも対策を練ることが必要だ。

中央大学
体同連フースバルクラブの詳細を見る
立教大学
サッカー愛好会の詳細を見る

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

試合情報 2016.10.21

【関東同好会トレセン】体育会相手に先制するも逆転負け。リーダー不在が課題か

関東同好会トレセン2016強化試合

関東同好会トレセン
1-3
東京国際大学
体育会サッカー部
read more BeYonD 編集部

関東同好会トレセン2016強化試合

関東同好会トレセン
1-3
東京国際大学
体育会サッカー部
試合情報 2021.12.02

【新関東リーグ2021・1部第9節】勝った方が1部残留となる重要な一戦!自分たちの誇りのため、絶対に負けられない試合を制したのは果たして!?

新関東リーグ2021・1部第9節

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-1
早稲田大学
FC.GUSTA
read more 東 孝太郎

新関東リーグ2021・1部第9節

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-1
早稲田大学
FC.GUSTA
試合情報 2019.10.28

【新関東リーグ2019二部A・第3節】ポテンシャル対決?!明治グルービーが3発快勝!

新関東リーグ二部A・第3節

明治大学
Groovy kids
3-0
東洋大学
FC.Liberte
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ二部A・第3節

明治大学
Groovy kids
3-0
東洋大学
FC.Liberte
試合情報 2017.09.14

【マガジンカップ2017決勝】終了間際にエース長瀬がPKを沈め早稲田稲穂が新関東カップに次ぐ二冠達成!!!

マガジンカップ2017決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
read more 高橋佑輔

マガジンカップ2017決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2021.11.03

【新関東リーグ2021・1部第3節】互いに優勝を狙う早稲田稲穂と早稲田HUMANのライバル対決。勝利の行方は如何に!?

新関東リーグ2021・1部3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-1
早稲田大学
HUMAN F.C.
read more 後藤直也

新関東リーグ2021・1部3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-1
早稲田大学
HUMAN F.C.
試合情報 2021.10.19

【新関東リーグ2021・1部第1節】優勝を狙う両者のどちらも引かぬ攻防の行く末は!?

新関東リーグ2021・1部第1節

早稲田大学
理工サッカー部
1-1
明治大学
体同連サッカー部
read more 早坂

新関東リーグ2021・1部第1節

早稲田大学
理工サッカー部
1-1
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2022.09.01

【新関東理工系カップ2022】理工リーグ覇者のMAPLEか、新関東1部所属の早稲田理工か、栄冠はどちらの手に⁉

新関東理工系カップ2022決勝

早稲田大学
理工サッカー部
0-0
中央大学
MAPLE
read more 山田大晴

新関東理工系カップ2022決勝

早稲田大学
理工サッカー部
0-0
中央大学
MAPLE
試合情報 2018.10.14

【新関東リーグ2018・1部第1節】技で競り勝った早稲田GUSTA!創設10年目にして早稲田稲穂から初勝利を飾る!!

新関東リーグ2018・1部第1節

早稲田大学
FC.GUSTA
2-0
早稲田大学
稲穂キッカーズ
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ2018・1部第1節

早稲田大学
FC.GUSTA
2-0
早稲田大学
稲穂キッカーズ
試合情報 2023.07.18

【新関東カップ2023・決勝戦】意地とプライドを賭けた中央ダービー

新関東カップ

中央大学
サッカー同好会
0-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more 阿部真珠

新関東カップ

中央大学
サッカー同好会
0-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2023.12.10

【新関東リーグ2023・2部B・最終節】両チーム 昇格をかけた波乱の一戦。

新関東リーグ20232部B最終節

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
1-1
日本大学体育会スポーツ科学部サッカー部
read more 岡野侑真

新関東リーグ20232部B最終節

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
1-1
日本大学体育会スポーツ科学部サッカー部

-PICKUP CIRCLE-