【BMOM25】 伴勇(1年=松本山雅Y) 寄せ集めのチームを決勝まで導いたキャプテンの心意気が歓喜の瞬間をもたらす!

古平 翔太

新人戦1年生大会②の決勝戦は成蹊大学FC kanoaと法政大学学団連サッカー部の激しい攻防が繰り広げられた。技巧派集団法政学団連の攻撃陣を無失点で抑え込み、1-0の接戦をものにした成蹊大学FC kanoa。その中でも攻守にわたって大きな存在感を示していたのが50番伴(1年=松本山雅Y)であった。非常に上手い選手でありながら、相手の攻撃の要である17番(1年=日大藤沢)のドリブル突破を、再三プレスバックすることによって決定的な仕事を与えなかった。さらに、チャンスと見るや自ら飛び出し強烈なシュートを放った。これはクロスバー直撃でゴールとはならなかったが、優れた得点感覚も大きな魅力の一つだろう。中でも特筆すべき点としてはキャプテンとしてチームの士気を上げる彼の心意気だ。体力的に余力が残っていても自発的に交代を申し出て決勝戦という舞台でも全員の選手を出すというキャプテンにふさわしい振る舞いも見られた。また、56番高橋(1年=暁星国際)が足をつった際、ピッチの外から一番速く彼の下に駆け寄り、肩を貸す姿も印象的だった。

image

「まず、マンオブザマッチに選んで頂いたことはとても嬉しいですが、決勝のプレーを考えると、自分で良いのかなというのが率直な思いです。

決勝では、学団連さんに長い時間ボールを持たれてこのチームの一番の長所であるオフェンスがあまりできませんでした。それでも、セットプレーのワンチャンスを生かして先制できたことが、守備をする上でものすごいモチベーションになりました。自分としても、後半のクロスバーに当てたシュート、相手キーパーの反応も素晴らしかったのですが、あれを決めていたら試合が楽になったのかなと思うと、決めたかったですね。

チーム結成後、初の大会で優勝という最高の結果になりましたが、大会を通じて一番悩んだことが、誰を試合に送り出すかという事でした。このチームは、どのポジションのどの選手もそれぞれ良い特徴があって、違う良さがあるため、誰が出ても大差がありません。それだからこそ、選ぶ立場にあった自分は悩みに悩みました。また、せっかくみんなで来たのだから、できる限り試合に出ない人はいないようにしたいというのが一番の考えでもありました。特に試合の流れやマッチアップの相性などを考えるととても難しい事でもありました。何一つ不満を言わずに付いてきてくれたチームメイトには本当に感謝しています。

この大会の結果を受けて、2月24日のチャンピオンシップへ出場のすることができます。チャンピオンシップでも、チーム全員で戦うことを忘れずに、優勝目指したいと思います!」自らを謙遜するような言葉も述べられたが、そこにはチームメイトへの確かな思いやり込められていた。FC kanoaは寄せ集めのチームだったため、24にのチャンピオンシップ以降いつ見られるか分からない。キャプテン伴を中心としたこのチームがまた見られることを期待して1年生大会チャンピオンシップを応戦したいものだ。

img_8558

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.06.03

【エントリー受付中】1回生フットサル選手権大会 ~WHO IS NO.1~

1回生フットサル選手権大会 ~WHO IS NO.1 ~ 大阪無敗のMDホワイト、無限の得点パターンを持つ・京都 Panternや兵庫の魅せまくるfutsal集団 GRANDGE というチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.28

【マネの想いvol.9】”何があっても、応援し続ける”

明治大学体同連サッカー部  藤原由衣さん     −体同連としての3年間の結果はどのようなものでしたか? 2年のときが1番強かったと思います。私た…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.13

【新チーム始動インタビューvol.7】”早稲田大学HUMAN FC”

強豪ひしめく早稲田大学で毎年存在感を示し、直近の学内戦でも優勝という結果を残した早稲田大学HUMAN FC(以下HUMAN)のキャプテン緒方哲人(新3年=加治木)と幹事長の藤林拓哉(新3年=比叡山)に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.18

【新人戦1年生大会①】総集編

【優勝】 中央大学体同連フースバルクラブA 【総評】 2月7・8日に行われた新人戦1年生①は中央大学フースバル同士の決勝戦となり、圧倒的な層の厚さを見せつけ"フースバルの大会…

read more 古平 翔太
コラム 2017.10.27

【新関東リーグ1部第3節】マッチプレビュー

2017年10月28日、ZOZOにて新関東リーグ1部第3節、全4試合が開催される。 新関東リーグ2017が開幕から2節が終了し、早くも混戦が繰り広げられている。 今後に弾みをつける上で重要な第3節…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.02.06

新人戦2年生大会 予選ダイジェスト「第1グループ〜第4グループ」

第1グループ 法政大学学団連サッカー部と新関東リーグ1部の明治大学体同連サッカー部、昨年の新人戦1年生大会で予選1位通過を果たしたダークホース國學院大学FC ROSSOの3チームで、1位通過をし…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.09.02

【9/22(土)開催決定】日系大手ベイカレント新卒担当者による、サッカーサークルだけの特別選考会へのご案内!

長いようで短い大学生夏休みも折り返しを迎えました。 サッカーサークルの皆さんはどのような夏をお過ごしでしょうか?   特に三年生。 これまでの活動の集大成となるこの夏…

read more 古平 翔太
コラム 2017.04.02

【新入生必見!同好会チームガイドvol.8】日本大学編その1

やってきました、「あなたとともに 100万人の仲間とともに」でお馴染みみんな大好き日本大学。   100万人も仲間がいるなんて心強いですね!今回は3つのサッカーサークルをご紹介し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.16

【新関東リーグ2018】2部A 第1節ハイライト

今年も新関東リーグ1部への狭き門へ挑戦する新関東リーグ2部が10月13日に開幕した。 2部Aブロックは、降格してきた明治大学グル―ビーキッズ(以下=明治グルービー)や昨年惜しくも昇格戦に敗れ、昇…

read more 浅川大樹
コラム 2021.04.30

【チーム特集】立教大学サッカー愛好会

今回は【インスタ企画 良い写いいね大会】第2グループで優勝いたしました「立教大学サッカー愛好会」に独占インタビューを行いました! 代表#00河崎零士さん、マネージャー#7竹本小雪さん、マ…

read more 青木優太

-PICKUP CIRCLE-