【特別企画】体育会からサークルへ活躍の場を移した選手たち

BeYonD 編集部

こんにちは!

 

BeYonD編集部です。

 

今回は体育会からサークルへ活躍の場を移した3人の選手たちにスポットライトを当てインタビューしました。

 

1人目は早稲田大学HUMAN F.Cの丸山航平くん

%e4%bd%93%e8%82%b2%e4%bc%9a%ef%bc%93

-体育会に入ろう、目指そうと思った経緯は?

高校まで第一線でサッカーをしていたので自然な流れで体育会を選びました。

 

-体育会からサークルに入った時期は?

1年生の4月中旬です。

 

-サークルに入って感じたギャップや気づきは?

もっとラフに緩くやってると思っていましたが、想像よりもガチでした。

 

-数ある中からHUMANを選んだ理由は?

一番楽しそうな雰囲気を感じたからです。

 

-サークルでサッカーをすることのメリット

何も気にせずに自由にサッカーを楽しめることです。あとサッカーの楽しさをもう一度思い出せたことが一番良かったことですね。サークルに入ってサッカー漬けの毎日だった自分とは全然違う世界の人と知り合えたことも大きいと思います。

 

2人目は明治学院白金F.Cの浅海覚之くん

%e4%bd%93%e8%82%b2%e4%bc%9a%ef%bc%94

-体育会に入ろう、目指そうと思った経緯は?

高校までの部活動を通してサッカーの技術面以外にも自分自身成長できた部分があったので大学サッカーの4年間でもより人間性を磨くことができると思ったからです。

 

-体育会からサークルに入った時期は?

1年生の夏ですね。時間も制限されるし体育会で指導者がいる中で学ぶこともあったんですけど、サークルが学生主体でやっているということにも大学に入って興味を持つようになりました。それと他にしたいことができたのも大きいですね。

 

-サークルに入って感じたギャップや気づきは?

入る前の白金FCは、自由で楽しくやっているサークルというイメージでした。実際入ってみてイメージのままでしたが、幹部を中心に飽きないようにサッカーだけじゃない活動も行っていて工夫されているということは良いポイントだなと思いました。大学は違うけど体育会に近い練習量を行なっているサークルもあって、学生主体でこれだけできることも凄いことだと思いました。

 

-白金FCを選んだ理由は?

大学に白金FCしかサッカーサークルがなくて他はフットサルサークルだったんで消去法で白金FCでした。

 

-サークルでサッカーをすることのメリットは?

時間を有意義に使えることが1番のメリットだと思います。長期的に休むこともできるし、留学ができたことも自分自分の成長に繋がっていると思います。指導者に言われた通りに動くことは簡単なんですけど、学生主体のサークルは自分たちで考えて動かないといけないのでそこもメリットというか成長に繋がる部分だと思います。

 

最後は元早稲田大学F.C. GUSTAでBeYonDでも代表を務めた高橋佑輔くん

%e4%bd%93%e8%82%b2%e4%bc%9a%ef%bc%92

-体育会に入ろう、目指そうと思った経緯は?

もともと早稲田のサッカー部に憧れを持っていたというのもあったんですけど、一番は、本気でサッカーに打ち込める環境を求めていたからです。自分自身何事も「本気で取り組むから熱中できて楽しい」と思うタイプの人間で、サッカーを通じて青春を体現するには体育会しかないと思っていました。当時はサッカーサークルのことをチャラチャラサッカーしてるだけの集団だと心から馬鹿にしていたし、ぶっちゃけ体育会で活躍してチヤホヤされたいみたいな安易な考えも若干はありました(笑)

 

-体育会からサークルに入った時期は?

1年の7月に体育会の本入部に至らず、正式には練習生を辞退する形になりました。
それで1年の9月にGUSTAに入りました。

 

-サークルに入って感じたギャップや気づきは?

たくさんありますけど大きく3つあって1つ目は、体育会もサークルも本質は同じで両者ともチームを作り、みんなで一つの目標に向かって努力し、目的を達成する。そしてみんなで様々な感情を共有し合う。この本質は何も変わらないと思いました。2つ目は「あれ、サークルってめちゃくちゃ本気でサッカーしてて、めちゃくちゃ上手い人いるな」ってことです。最後に3つ目は主体性がなによりも重んじられて、新たな取り組みも受け入れられて、柔軟性があって、サッカー上手い人とか飲み会だけ盛り上げる人とか、いろんなタイプの人がいて面白いなと感じました。

 

-数ある中からGUSTAを選んだ理由は?

本気で日本一を目指しいているということと体育会でならないなら「サークルらしさ」が欲しかったというのが大きな理由です。最終的に稲穂と二つで迷ったんですけど、「自由で新しいことをどんどんできる」「下克上したい」という思いからGUSTAを選びました。

 

サークルでサッカーをすることのメリットは?

組織作りにおいてもサッカー戦術においても自分たちで考えてPDCA(計画、実行、評価、改善)のサイクルを回していくということに関しては圧倒的にサークルが上回るということと、組織に拘束される時間が少ないから、サッカー以外の選択肢(バイト、遊び、飲み、留学等)で自己実現の幅を広げることが体育会よりも簡単ってことですね。あとは強度を自分の尺度で選ぶことができたり、飲み会というコミュニケーションが多いことも大きなメリットだと思います。マネージャーがかわいくて人数が多いことも(笑)

 

-最後に大学生に一言

街を歩いてりゃよほどの有名人でもない限り、体育会の人かサークルの人かなんてわかりませんよ。名誉と権威ではなく、自分が自分らしく輝ける選択をしてみてくださいなあ!
サッカーサークルはとても魅力的なので、その魅力をもっと発信したいという方が増えたらとても嬉しいです!

 

今回の企画いかがだったでしょうか?

 

三人のアツい言葉からサッカーサークルの特徴、良さがよく伝わったのではないかと思います。

 

次回の記事もお楽しみに!

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.10.04

【イケメン特集vol.2】モダン女子が求める正統派、スタイル抜群イケメン

こんにちは!     8月9月と暑かった夏が嘘のように 最近は寒くなってきました!     9月にはサッカーサークル一大イ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.02

【新関東リーグ入れ替え戦】マッチプレビュー

 早稲田大学HUMAN.F.C.(1部) vs 明治大学体同連生田蹴友会(2部) 12月3日、早稲田大学HUMAN.F.C.と明治大学体同連生田蹴友会による、1部2部入れ替え戦がZOZOPARKで行…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.26

【BMOM45】伊藤道隆(2年=明大中野) 魔の左足から2アシストを記録しEAGLE撃破に貢献

先日5月20日に行われた新関東カップ戦2回戦、上智大学EAGLE(以下EAGLE)と明治大学BeeVoo(以下BeeVoo)の対戦。 EAGLEが先制点を上げ勢いに乗り、順調に勝利するかと思われたが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.20

【マネの技術Vol.1】消毒液は使わない?プレが怪我した時に使える技術〈応急処置編〉

マネージャーをしていると、プレイヤーの怪我の手当ては日常茶飯事。でも、なんとなく知っている知識でなんとなく行っていませんか?是非この記事を読んで応急処置をマスターし、知識と技術をもったマネージャーにな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.16

【BMOM11】 妹尾 空(3年)が守備の要として勝利に貢献

超高層ヘディングマシーン 妹尾   明治大学グル―ビーキッズは第6節に、青山学院大学理工サッカー部と対戦した。結果は1-0で明治グル―ビーが勝利した。グル―ビーは後半開始早々に奪った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.20

【新関東リーグ2019・1部第2節マッチハイライト】運命を分けた第2戦の行方は!

10月27日、新関東リーグ2019 1部 第2節が行なわれた。 第1節に続き、鹿島ハイツでの開催となり、天候にも恵まれベストコンディションでの戦いとなった。   1試合目の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.14

【美女マネvol.17】今回は素敵なジャージを羽織り、肉まんを頬張る美女マネ!

どーも、美女マネです!   少し遅くなりましたけど、Jリーグが開幕しましたよね!   そんなJリーグも今年2017年はスカパーからDAZNに移行してDAZN元年…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.23

今後のサッカーサークル界を牽引する11人を紹介!【前編】

【学年別ROUND 1年生 ベストイレブン】 先日スポーツマネジメント株式会社が主催するFOOTBALL COMPETITION 2022【学年別ROUND】1年生が開催されました。また、決勝戦…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.07

【BMOM23】‪石井諒(2年=桐蔭学園)‬ ‪爽やかな笑顔とボールコントロールが魅力的な石井がリコタイ攻撃陣を牽引し、新シーズンを彩るタイトルを獲得した!!‬

新人戦2年生大会の決勝は慶應義塾大学理工体育会サッカー部Champagena FC(以下リコタイChampagena)が法政大学Irishを0-3で下し、プレミアカップ準優勝の雪辱を果たし、見事優勝を…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-