【BMOM25】 伴勇(1年=松本山雅Y) 寄せ集めのチームを決勝まで導いたキャプテンの心意気が歓喜の瞬間をもたらす!

BeYonD 編集部

新人戦1年生大会②の決勝戦は成蹊大学FC kanoaと法政大学学団連サッカー部の激しい攻防が繰り広げられた。技巧派集団法政学団連の攻撃陣を無失点で抑え込み、1-0の接戦をものにした成蹊大学FC kanoa。その中でも攻守にわたって大きな存在感を示していたのが50番伴(1年=松本山雅Y)であった。非常に上手い選手でありながら、相手の攻撃の要である17番(1年=日大藤沢)のドリブル突破を、再三プレスバックすることによって決定的な仕事を与えなかった。さらに、チャンスと見るや自ら飛び出し強烈なシュートを放った。これはクロスバー直撃でゴールとはならなかったが、優れた得点感覚も大きな魅力の一つだろう。中でも特筆すべき点としてはキャプテンとしてチームの士気を上げる彼の心意気だ。体力的に余力が残っていても自発的に交代を申し出て決勝戦という舞台でも全員の選手を出すというキャプテンにふさわしい振る舞いも見られた。また、56番高橋(1年=暁星国際)が足をつった際、ピッチの外から一番速く彼の下に駆け寄り、肩を貸す姿も印象的だった。

image

「まず、マンオブザマッチに選んで頂いたことはとても嬉しいですが、決勝のプレーを考えると、自分で良いのかなというのが率直な思いです。

決勝では、学団連さんに長い時間ボールを持たれてこのチームの一番の長所であるオフェンスがあまりできませんでした。それでも、セットプレーのワンチャンスを生かして先制できたことが、守備をする上でものすごいモチベーションになりました。自分としても、後半のクロスバーに当てたシュート、相手キーパーの反応も素晴らしかったのですが、あれを決めていたら試合が楽になったのかなと思うと、決めたかったですね。

チーム結成後、初の大会で優勝という最高の結果になりましたが、大会を通じて一番悩んだことが、誰を試合に送り出すかという事でした。このチームは、どのポジションのどの選手もそれぞれ良い特徴があって、違う良さがあるため、誰が出ても大差がありません。それだからこそ、選ぶ立場にあった自分は悩みに悩みました。また、せっかくみんなで来たのだから、できる限り試合に出ない人はいないようにしたいというのが一番の考えでもありました。特に試合の流れやマッチアップの相性などを考えるととても難しい事でもありました。何一つ不満を言わずに付いてきてくれたチームメイトには本当に感謝しています。

この大会の結果を受けて、2月24日のチャンピオンシップへ出場のすることができます。チャンピオンシップでも、チーム全員で戦うことを忘れずに、優勝目指したいと思います!」自らを謙遜するような言葉も述べられたが、そこにはチームメイトへの確かな思いやり込められていた。FC kanoaは寄せ集めのチームだったため、24にのチャンピオンシップ以降いつ見られるか分からない。キャプテン伴を中心としたこのチームがまた見られることを期待して1年生大会チャンピオンシップを応戦したいものだ。

img_8558

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.10.12

【チームの根vol.8】 “自己犠牲” 慶應義塾大学理工体育サッカー部 愛野幸陽(4年=穎明館)

  77期にも及ぶ歴史を持ち、同好会カテゴリー最古参の慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下リコタイ)。 今回をそのリコタイを昨シーズン、副代表としてチームをまとめた男に迫った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.10.29

【キャプテン特集】全員が入って良かったと思えるサークルへ

みなさんこんにちは! リーグ戦も始まり、ほとんどのチームがあと約1か月で3年生が引退してしまいます。 そんな中、今年2部から昇格しノリに乗っている 立教サッカー愛好会主将(以下:立愛) …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.26

【BMOM110】山田隆太(3年=川和) ピッチを縦横無尽に切り裂く青理の「韋駄天」が躍動

10月20日に聖地、鹿島ハイツで行われた青山学院大学理工学部サッカー部(以下:青理)と早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)の一部リーグ強豪対決が行われた。 パスを繋ぎ相手を徐々に突き崩していく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.03

【サッカー美女マネ特集vol.3】”イカした奴ら”から美女マネを紹介!

皆さんこんにちは!   美女マネ特集部です!   早速ですが、美女マネ特集を毎回見てくれてる方はこんな疑問をお持ちだと思います。   …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.16

【BMOM12】菰原 大喜(2年)が途中出場で決勝点を挙げる大活躍

ウルトラマン 菰原 早稲田大学HUMAN.F.Cは第6節、立教大学サッカー愛好会と対戦した。結果は2-1で早稲田HUMANが勝利した。試合は前半開始早々から1点ずつ奪い合い、1-1で迎えた後半23分…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.02

第2回 マネージャーカレッジ開催!

  みなさんこんばんは! 10月になったはずなのにまだまだ暑い日が続きますね。。。 秋らしくなるのはいつ頃? . さて、前回ご好評いただいたマネージャーカレッジ? 第2回の開催が決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.01

【同好会基礎情報vol.2】関東だけじゃない!関西同好会サッカー連盟とは?

大学サッカー同好会カテゴリーの現状について解説するこの連載企画。 第1弾はこのサイトでよく見かける「新関東」について紹介しました! そして、今回の第2弾。 近年、急速に発展・拡大してきている関西…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.31

【BMOM49】巽健(3年=都立三鷹)”持っている男”のシュートセンスがジャイアントキリングを巻き起こす!

1回戦から勝ち進んできた首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は昨年2部上位で慶應義塾大学の学内戦を制した慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)と対戦した。 格上との対戦となった八雲…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.31

【新関東カップ戦2022 予選リーグ マッチハイライト】決勝トーナメント進出4チームが決定!予選リーグを勝ち抜きベスト8へ駒を進めたチームは!?

5月29日(日)鹿島ハイツにて新関東カップ戦の予選二日目が開催された。この日で第1グループから第4グループの決勝トーナメント進出チームが決まる大事な1日となる。   第1グループ …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.22

【新関東カップ2017決勝戦】マッチプレビュー

4月に始まった新関東カップ2017の2カ月に及ぶ戦いがついに今週末終わりを告げチャンピオンが決定する。 今回は見事決勝戦に駒を進めることになった2チームのこれまでの戦いぶりを振り返り、勝負のポイント…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-