【マネの想いvol.5】”プレーヤーと一緒に、夢を追いかけて”

BeYonD 編集部

3年マネージャー特集第5弾 中央大学サッカー同好会 山口絵莉子さん

「プレーヤーと共に、追った夢」

img_3810

−中央大学サッカー同好会(以下サカ同)に入ったきっかけを教えてください
自分がそんなに運動するタイプではないので、高校生になる前から、プレをマネとして支えて、日本一とか頂点を目指したいと思っていたんです。高校ではできなかったので、絶対に大学ではやろうと思って、大学もサッカーが強いところを選んで関西から出てきました。(笑)部活とサークルでも迷ったのですが、人数が多いのでたくさんの人に出会えて刺激が多そうだなと思い、サークルを選びました。高校生時代にサカ同の先輩にtwitterでリプを送って色々教えてもらったり、新歓もとても優しくしてもらえたりして、私が入るべきなのはこのチームだ!と思い入りました。

 

−高校生時代から同好会に注目していたとは、すごい熱量ですね(笑)サカ同では3年間どのように過ごしてきましたか?
サークルを楽しみたいというよりも、日本一になりたいという思いの方が強くて。1年生のときから、スポーツ系のインターンは得ることがあるかもしれないと思って行ってみたり、コーチを呼んだらいいんじゃないかと思ってコネを作るためにスポーツ系のイベントに行ってみたりしてました。それが役には立たなかったんですが、マネは支えでもあるけど、自分も協力したいって思って。悪目立ちもしてたと思うんですが、先輩方が優しくて、やってこられました。モチベーションの上がり下がりはありましたが、そんな感じで3年間やってきました。

 

−どのようなマネージャーでありたいと思っていましたか?
個人的には、人にはそれぞれ役割があると思っているので、かわいさ担当のマネはかわいく見守ったり、そうはなれないマネは、体を張ったり、自分にできることをプレイヤーと同じくらい頑張ろうって思ってました。全体的には、サッカーのことに口出しするようなマネではなかったので、プレから言われたことをしっかりやって、見守っていこうっていう感じでした。

 

−そのような想いをもちながら、マネとしてどのようなことをしてきましたか?
私たちの代のプレが色々と言ってくれる人たちだったので、自分たちで取り入れたことは少ないんですけど、ドクターバックとか洗濯でネットに入れて個人ごとに分けることとか、細かいところを開拓することくらいかなぁと。ボール拾いとか、プレが言ってくれたことをやっていく感じでした。あと、プレにプレゼントやアルバムを渡す伝統があるのですが、私たちはかわいくキーホルダーをあげるっていうよりは、ネタ的に手作りのパンツをあげたりしてました(笑)

 

−アルバム作りといえばサカ同っていうところがありますよね
もうあれは伝統ですね。3人で20冊くらい作って、それ以外にもプレゼント作って。合宿ごとに作るので結構大変なんですけど、振り返ったらいい思い出です。
img_3807
−最後の1年間を振り返るとどうですか?
ずっとサカ同が日本一になることを1番に考えてきました。5月のグアムチャンピオンシップで優勝したことで日本一になって、そこから少しモチベーションが停滞していたかもしれません。もちろんマガジンカップを獲りたい気持ちも、他のタイトルを獲りたい気持ちもあったんですが、やっぱり夢が叶ったことで安心している部分もあって。そこはよくなかったかなと反省しています。
こんなこと言ったらプレに怒られるかもしれないけど、めちゃめちゃ上手なチームって訳ではなかったと思うんですが、ノリとか楽しさとか雰囲気を大切にしてやってきたのかなあと思います。そして、運に恵まれてたかなあとも思います。
1年生のとき色々なことをやってきたけど、それはあまりチームの力にはならなくて、でもそれをやって気づいたのは、プレの気持ちをどれだけ取り入れられるかが大切だっていうこと。スポマネの方に、強くなりたいと思っているんですが、マネとして何ができますかね、とか、他のチームのマネはなにしていますかって聞いたり、他のチームのマネと仲良くなろうと思って練習試合で連絡先を交換したり、そういうことはやってきてよかったんじゃないかなって思います。

 

−チームの雰囲気が良くないときにしたことはありますか?
新関東リーグのときは、3マネでお参りに行きました。あとはマネでミーティングを開いたり。大学でスポーツ系の就活の説明会があって、「上の立場に立つと後輩にこういうことをしてほしいのに、どうしてこういうことをしてくれないんだって思うかもしれないけど、それは上の立場の人間が後輩にきちんと伝えられていないからだ」って話をきいて、3マネは後輩にこういうことしてほしいって思うことばかりで、しっかり伝えれていないんじゃないかって気づいて。サカ同に来る子にはもちろん、来られていない子にも伝えたいと思ったんですが、そのためには3マネがまとまっていなきゃいけないから、LINEで3マネみんなの意見を聞いてから、全学年を集めてミーティングをしました。

 

−後輩に伝えたいことはありますか?
1つのことに熱い想いをもって、良い思い出や悪い思い出をつくって、良い経験をしてほしいです。サカ同は行けば、みんなが歓迎してくれる優しいチームです。とりあえず行ってみてください。後悔だけはしてほしくないです。できることがあればなんでも言ってくださいね。

−あなたにとって、サカ同とは?
夢かな。20歳超えても青春できる居場所。

img_3806

山口さんは、1年生のときから、サッカーに対する熱い想いをもってマネージャーとして、自分にできることは何か、プレイヤーから求められているものは何かを常に考えながらチームのために動いてきたのだろう。新関東フットボールリーグでは悔しい結果に終わるも、同好会カテゴリーを盛り上げてくれた、ユーモア溢れる最高なチームだったと思う。最強に面白い雰囲気も、熱い想いも、夢も、そこにあったことには間違いない。今年、記念すべき50期となる中央大学サッカー同好会。新たな時代の、幕開けだ。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.04.07

【新歓記事2019】vol.11 中央大学

強豪ひしめく中央大学のサークル紹介です! 中央大学サッカー同好会 ・大学名・チーム名 (中央大学サッカー同好会) ・自分達のサークルを一文で表すと! (サッカーをガチでや…

read more 三木大輔
コラム 2019.11.01

【BMOM】神山知也(2年=座間)エスペ期待の2年生エースが2発で勝利を呼び寄せた!

10月27日に行われた第3節は、明治大学エスペランサ(以下:明治エスペ)と明治大学体同連生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の明治ダービーとなった。明治エスペは前半から積極的にゴールを狙い、守備でも…

read more 高橋優斗
コラム 2016.12.28

【美女マネ特集vol.10】記念すべき第10回は同好会カテゴリー最古の歴史を誇り、来年で77期を迎えるあのチームのマネ!

  みなさんこんにちは!   なんと、、、。   美女マネが、、、。   ついに第10回を迎えました!! &nb…

read more 上野澄人
コラム 2017.08.05

【美女マネvol.21】第21弾はプリティ八重歯でY字バランスを繰り出す美女!!

  お久しぶりです!   久しぶりすぎて気まずいですね!!   成人式などで久しぶりに会う友達も、最初何を話せばいいかわからなくて写真撮りが…

read more 上野澄人
コラム 2020.06.01

【マネの想いvol.3】“1番伝えたいのはプレーヤーへの感謝”

第3弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは、 早稲田大学理工サッカー部 3年 山下美穂さん(左から2番目)     −早稲田大学理工サッ…

read more 高橋ちひろ
コラム 2017.03.23

【マネの想いvol.7】”日本一のマネージャーになる”

−中央大学体同連フースバルサッカークラブ(以下フース)でのマネージャーとしての仕事を教えてください。 3マネについてお話しすると、私たちの代は係制度にしていて、10人が副マネキャプ、出席係、会計、備…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.28

【新入生必見!同好会チームガイドvol.4】慶應義塾大学編

大好評の第一弾「早稲田大学編」に続き、第二弾はやはりこの大学。"慶應義塾大学編"です!   今回紹介するのは新関東フットボールリーグとユニオンリーグに所属するチームを筆頭に、イン…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.30

【BMOM35】髙坂圭一(3年=本郷) ”Esperanzaの闘将”

明治大学 Esperanza DF 髙坂圭一(3年=本郷) 明治大学Esperanza vs 早稲田大学 Sunday SCの試合は両者実力が均衡し、なかなかチャンスが訪れないゲー…

read more 古平 翔太
コラム 2021.05.07

【チーム特集】中央大学MAPLE

今回は【インスタ企画 いい写いいね大会】において、 第3グループで見事優勝いたしました「中央大学MAPLE」に独占インタビューさせていただきました!! 幹事長の吉武友樹さん、マネー…

read more 渋井颯太
コラム 2017.03.12

新チーム始動インタビュー第5弾”明治大学生田蹴友会 吉崎光”

昨年明大カップ優勝、新関東リーグ1部昇格と華々しい結果を残した明治大学生田蹴友会。3年生が引退し新チームの旗揚げとなった生田の代表吉崎光(2年=八千代)と副代表の 小林賢正(2年=海星)の2人に話を聞…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-