【BeYonD History vol.6】初代ビヨンドマネが語るサッカーサークルとは

田中菜々美

BeYonD History vol.5 に引き続き、初代ビヨンドの先輩方にインタビューしました!

今回お話をしてくださったのは、初代ビヨンドマネージャーの神垣柚乃さん(早稲田大学理工サッカー部出身)、鈴木瑠華さん(法政大学学団連サッカー部出身)のお二人です!

 

 

初期メンバーとしての関わり方

QⅠ :ビヨンドの立ち上げにはどんな経緯で関わることになったのですか?

神垣さん(以下敬称略):元々アットホームの運営をしていて、稲穂フェスタの日に近藤さん(スポーツマネジメントの社員の方)に呼ばれて行ったら森井(初代代表)と安井(初代副代表)がいて、誘ってくれました。当時は自分で何かしたいと思って始めたというよりは、誘ってもらって楽しそうじゃん!と思ったから入ったかな。

鈴木さん(以下敬称略):私が所属していた学団連は稲穂フェスタに出ていなかったから、タイミングとしては神垣さんとはずれていました。私はスポーツマネジメントでアルバイトしてたら、森井が誘ってくれました。何するかは正直知らなかったです。(笑)

Q2:ビヨンドではどんな仕事をしていましたか?

神垣:私は主に渉外、対外的な関係を担当していました。各サークルの当時の代表全員のラインを持っているくらい知り合いが多かったので、企画が出たら連絡をとるのが役割でした。あとは、「マネの想い」の記事を書いたり。最初は認知度を上げるために質より量!という思いで頑張っていました。

鈴木:私は学団連に所属していたからそもそも新関東リーグに入っていないし、ちょっと異質だったから、記事も書くこともあまりありませんでした。その代わり、みんなが取材に行ったりする時の経費経理やお金面の管理をしていました。

でも取材はみんなで行ってたよね。

神垣:思い出深いのは、筑波大学のサッカーサークルにイケメンがいるという噂があって、つくばエクスプレスに乗って筑波まで行ったこと。遠かったけど楽しかったです。

 

活動中の想い

Q3:ビヨンドで印象的なことはありますか?

鈴木:森井たちの話でも出てたかもしれないけど、当時の4年生だけで集まって、ビヨンドって何のためにやってるのか話し合った機会があったことです。それがビヨンドにとってのターニングポイントだったと思うし、我々としても、ビヨンドをどうやって進めていかなければいけないのかを考えるきっかけになったので、印象的です。もちろん楽しい瞬間もたくさんあったよ。

神垣ビヨンドでの活動を通して、たくさんの人と繋がれたことは自分の財産になっています。「マネージャーの想い」の記事を書いた時も、当時のマネージャー長一人一人と会って1時間位話したり。自己満足ではあったけど、そこで真面目に腹割って話すことができたのが楽しかったし、いまだにそのつながりで仲良かったり、会ったときは熱い会になったりして、そういうのはすごく楽しかったしやりたいことができて良かったと思っています。

大変だったことといえば、、プレイヤーの方が断然大変だったと思います。特にスポンサー獲得とかね。とにかく代表副代表の2人が大変そうだったのを見守っていました。(笑)

Q4:ビヨンドでの活動のモチベーションは何でしたか?

神垣:そんなの考えないぐらい楽しかったです。自分のやりたいことができたから。ビヨンドに行きたくないとかやりたくないとか、気持ちにそのような波はなかったし、ビヨンドとしての目的が「サッカーサークルの価値向上」で、全員がそこに向いていたから、わざわざモチベーションを作る必要がなかったと思います。かなり暑い人しかいなかったからね(笑)

鈴木:後輩と向く方向を合わせるのは大変だったという話も聞いたけれど、私も特に決まったモチベーションはなかったかな。

神垣:ビヨンドは正直3年くらいで終わると思ってて(自分達の代で)、だから続いてくれてるのはすごく嬉しいです。やっぱり、目標をみんなに植え付けて、やりたいことは自分で考えるのがいい組織だと思います。

 

BeYonD時代を振り返って

Q5:やり残したことはありますか?

神垣:私は無いかな。大学3年からスタートして、留学もしたからもう一年あったし、結構やりたいことはやれたという思いです。
それこそ、「マネの想い」の記事で三つ葉のマネージャーの記事書いたのは印象に残っているかな。もうちょっと関西を巻き込んでできたら良かったとも思います。

筆者:三つ葉インタビュー遠征やりたいですね。(笑)

神垣:会った時の温度感はすごく大事だから、できるならできるときにやった方がいいと思うよ。

 

私にとってサッカーサークルとは

Q6:最後に、サッカーサークルの好きなところを教えてください!

神垣:これはかなり変態的だと自分でも思ってるんだけど、、、(笑)

まず私は大学でフットサルをやりたかったから、スタートとしては、フットサルサークルとサッカーサークル両方入ってるし、両方抜けられる状況でした。別にサッカー好きだったとか、マネージャーやりたかったとか一切なくて。

でもいざサッカーサークルに入ってみたら、プレイヤーは家族みたいでした。彼らってすごく小さい時からサッカーしてるじゃない?そして結構強いチームとかユースとかやってた子もいる。そういう子たちが自ら大学でもサッカーやるっていう選択をして、なおかつ部活じゃなくてサークルに入って、監督がいない中で自分達で組み立ててサッカーをしているっていうのがすごく好きだったの。で、それをすごく応援したいと思ってしまいました。

今、都リーグで社会人のマネージャーをやっているのですが、その相手チームに早稲田理工の同期の代表がいたんです。それで、久しぶりに会ったらプレースタイルとかクセとか全然変わってなくて、それを見た時に最高だ!と思いました。それって多分サッカーサークルで培われた感覚だと思うの。おじいちゃんになるまでサッカー続けてね!って思わず言っちゃいました。(笑)

サッカーサークルを通じて、そういった人生の一部分を応援することができるって面白いし、楽しいと思いました。

鈴木:私は高校時代にバレーボールをしていて大学はバレー部がなかったから、サッカー好きだったし、入ろうかなって。初めはそれだけだったかな。法政って体育会は多摩キャンパスだしサークルかなっていう感じで。

当時の視点で言ったら、まず頑張っている姿を応援するっていうのが好きだったし、しかもプレイヤーは誰に言われて練習や試合をやってる訳ではなくて自分達で目標を決めてやっていて、そんな姿を近くで見ることができるのはマネージャーの役得だなって思っていました。 

マネージャーとしてとなると、これはもしかしたらやり残したことになるのかもしれないけど、マネージャーとしてこれができたっていうことはあまりない気がする。どうしても、マネージャーってあくまでサポート役でサブキャラみたいな感じで思ってしまっていました。そこでマネージャーがもっと、プレより目立てるのがもしかしたらサッカーサークルのいいところだったかもしれないなって思う。別にプレイヤーをサポートするだけがマネージャーじゃないし、新しいマネージャーの価値を生み出すことができるのが、サッカーサークルなんじゃないかなって思います。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜

ビヨンド初期のマネージャーのお二人だからこそ持つ熱量に、またサッカーサークルに対する想いに、ビヨンド現役マネージャー一同心打たれる会となりました。お二人とも本当にありがとうございました!先輩方の素敵なお話を胸に、これからの活動に精一杯取り組んでいきます。

Written by

田中菜々美

nanami

Keywords

Recommend

コラム 2022.08.14

元大学日本1、元Jリーガーからみたサークルの印象は?

井筒さんインタビュー第2弾! 前回同様、大学でキャプテンとして日本一になり、J2でプレーし、クリアソン新宿をJFLへと導いた井筒陸也さんに今記事ではサークルの印象を聞いてみた。 サークルに…

read more とーや Dしゅんぺい
コラム 2017.08.22

【美女マネvol.22】今回は史上初となる関西のチームから美女マネが登場!!

こんにちは!   夏休みですね~!   BBQ、花火大会など存分に遊び散らかしているであろう皆さん。     もしくは…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.30

【BMOM35】髙坂圭一(3年=本郷) ”Esperanzaの闘将”

明治大学 Esperanza DF 髙坂圭一(3年=本郷) 明治大学Esperanza vs 早稲田大学 Sunday SCの試合は両者実力が均衡し、なかなかチャンスが訪れないゲー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.09.07

【明日開幕】第41回マガジンカップ オープン大会2023の概要と展望

サッカーサークル日本一を決めるマガジンカップ、通称マガ杯が今年も長野県菅平で開催される。 今年は東京近郊の大学に加えて関西地方や東北地方から総勢64チームが、サークル日本一の座をかけて凌ぎを削る…

read more 東 孝太郎
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔
コラム 2019.04.24

【サークル × 体育会イベント】早稲田大学ア式蹴球部 須藤友介『サークルと体育会の見えない壁を壊す』

3/27(水)に大学サッカー界新たな試みとして開催された「サークル × 体育会」イベント。先日公開させていただいたサークル側の立場からの気づきを綴った記事に引き続き、今回も「サークル × 体育会」イベ…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.10.13

【スパイク特集vol.1】 ~スパイクの名前にあるHGやFGって何の略?~

みなさん自分のスパイクに愛着やこだわりはありますか? デザインやメーカー、革の種類やポイントの形状、フィット感や値段など… 一足のスパイクを買うだけでも、たくさんの要素を踏まえた上で選んでいると思…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.17

【美女マネvol.20】「シロガネーゼ」で有名なあの土地から、爽やか美白マネ!!!

こんにちは!   美女マネです。 約1ヶ月ぶりの美女マネですね!   そう言えば、 前回の美女マネは55リツイート、181いいねという過去最高の反響…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.02

[特別企画]夢のコラボ !プレからの想い×イケメン特集

みなさんお待たせしました! イケメン特集です!! そして、なんと!!! 約3年ぶりの復活!プレからの想いのコーナーとコラボしちゃいます。 今回は、早稲田大学理工サッカー部の3年出原蒼己くんにイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.03.04

BeYonD OGが振り返る “所属サークルに還元できるBeYonDでの経験”

暖かい日も増え、春の訪れを感じるこの頃。4年生の皆さんが卒業を間近に控える季節となりました。🌸 私たちBeYonDも代替わりを迎え、新しい幹部、メンバーと共にスタートを切りました。 そんな…

read more 田中菜々美

-PICKUP CIRCLE-