【マネの技術Vol.2】プレイヤーに強烈なボールが当たってしまったときに使える技術〈応急処置編〉

BeYonD 編集部

猿も木から落ちるみたいな感じに、プレイヤーもボールにあたる!!

すぐに復活して、いや大丈夫なんかい!という場合もあれば、

ちょ・・・無理待って・・・

となってて心配になっちゃうこともありますよね。

そんなとき的確にケアしてくれるマネージャーがいたらなんと心強いでしょうか!
惚れちゃう!(笑)

ということで、
今回は、ボールが当たると起きる怪我でまとめてみました。

 

第二弾  〈眼・鼻血〉

 

〈眼〉

img_0258
(引用②)

サッカーボールが当たりそうなときのほとんどは、
腕でガードしていたり、目をつぶっていたりして、難を逃れることが多いです。
しかし、
眼に直接外圧がかかった場合は、眼窩底まで達していることがあります
物がだぶって見えるときは、眼窩底骨折の可能性があります。

①出血がある場合は、止血のために眼帯でガーゼを押さえるようにします。
②視力に差がでたり、瞳孔の大きさと対光反応に左右差あったり、両目でみたときにずれたり、だぶったりして見えたり、
鼻血や嘔気、嘔吐やしびれがある場合は緊急に眼科を受診してください。

※注意すること
まぶたがひどく腫脹してあかないときには無理をせずにそのまま眼科にいきましょう。
まぶたの腫脹は圧迫しないように冷却することが大切です。
眼窩骨折の疑いがあるときは鼻血がでる場合もありますが、
骨折部位が拡大する恐れがあるので、強く鼻をかまないでください
安静にする際は、座位や側臥位(患部は上)、枕を高くして休んだほうがよい場合があります。
うつぶせ寝はやめましょう

 

〈鼻血〉

img_0257
(引用②)

①座位をとらせ、頭をやや前屈させます。
両鼻翼を約5分抑え、口から静かに呼吸させて、血液の咽頭への流入を防ぎます。
③それでも出血がおさまらない場合は、鼻翼の上を冷やしたりガーゼを鼻内につめて圧迫したりします。
口の中に氷片を含ませたりうなじに氷嚢を当てる方法も有効です。

※注意すること
鼻骨骨折の場合もあるので、鼻が変形していないか確認してから圧迫すること。
前鼻孔からの出血が少なく、咽頭よりの出血が多い場合は、
鼻腔後方か咽頭からの出血の可能性が高いので、早急に医療機関を受診してください。

 

 

 

眼の打撲は、脳や神経に関わることもあります。

プレイヤーが平気がっていても、安静にさせたり、様子をよく観察するようにしましょう。

試合中に鼻血がでた場合、出血している間はピッチに戻ることができません!

他に具合の悪いところがないか確認しながら、止血を第一に考えましょう。

これできっと、スーパーマネージャーへの道もそう遠くはないはずです!

 

出典:救急処置「なぜ・なに」事典・外傷編2

 

引用①http://me-kennkou.com/doraiai-shurui/

引用②http://teru-saishin.com/hanadi-gennin-796

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.08.26

【プレからの想いvol.3 】”マネはスパイス”

夏の合宿もほとんど終わり、3年生にとっての最後の夏が終わろうとしています。 久々のこの企画… プレからの想い 今回はユニオンリーグから、 早稲田大学 GIOCATORE このサークル…

read more 大貫 杏華
コラム 2017.01.07

新チーム始動インタビュー第2弾”中央大学フースバルクラブ 若杉俊介”

2017年になり、新チームが始動した中央大学フースバルクラブ。キャプテンの若杉俊介(2年=新潟明訓)を取材した。 (写真 左はキャプテンの若杉、右は副キャプテンの大石) 2015-20…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.30

【BMOM47】増田伸(3年=幕張総合) 後半のハットトリックで大逆転!勝利を呼び込むゴールハンター!!

新関東カップ2017、3回戦で日本大学理工学部サッカー部(以下:日理)と法政大学工体連サッカー部(以下:工体連)がしのぎを削った。前半終了時のスコアは0-2で工体連が2点リード。後半も日理にとっては難…

read more 澤田結人
コラム 2018.04.03

【新歓記事2018 vol.4】上智大学のチーム紹介

今回は上智大学のサッカーサークルについて紹介したいと思います! 上智大学サッカー愛好会EAGLE ・自分達のサークルを一文で表すなら…サッカーも遊びも本気で ・大学、チーム名…上智大学サ…

read more 大貫 杏華
コラム 2019.08.07

【特別企画】マネージャーの実態を聞いてみた!第一弾

こんにちは〜!   長い長い梅雨が明けてくれて、やっとみんなが大好き大好きおまちかねの夏が始まりましたね〜!   太陽ギラギラのもと、白いボールを追いかけて、キ…

read more 篠田 麻衣
コラム 2017.10.12

【チームの根vol.8】 “自己犠牲” 慶應義塾大学理工体育サッカー部 愛野幸陽(4年=穎明館)

  77期にも及ぶ歴史を持ち、同好会カテゴリー最古参の慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下リコタイ)。 今回をそのリコタイを昨シーズン、副代表としてチームをまとめた男に迫った。 …

read more 金子樹
コラム 2017.05.26

【BMOM46】伊藤貴紀(1年=座間) 強心臓ルーキーの1発が試合を決める

新関東カップ2017の2回戦、明治大学ESPERANZAと明治学院大学白金FCが対決した。 猛暑の中で試合は拮抗し、両チームスコアレスのままPK戦に突入するかと思われたが、試合終了直前のところで1人…

read more 澤田結人
コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more 浅川大樹
コラム 2017.03.23

【マネの想いvol.7】”日本一のマネージャーになる”

−中央大学体同連フースバルサッカークラブ(以下フース)でのマネージャーとしての仕事を教えてください。 3マネについてお話しすると、私たちの代は係制度にしていて、10人が副マネキャプ、出席係、会計、備…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.29

【BMOM32】蓮池壮(2年=錦城)”リコタイのレジスタ”が推進力抜群の攻撃陣のタクトを振る

【BMOM32】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 蓮池壮(2年=錦城)     3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、FC.ESPALDの組織的な守…

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-