新チーム始動インタビュー第3弾”明治大学Groovykids 竹井伸吾”

BeYonD 編集部

昨年度、高い技術を備えたタレント達が躍動し、新関東カップベスト4、明大カップ準優勝や新関東リーグ2位と好成績を収めた明治大学Groovykids。そのタレント軍団を率いた澤井(3年=ジェフ千葉Y)に代わって、キャプテンになったのが竹井伸吾(2年=水戸商)だ。新チームへと本格化した明治Groovyのキャプテン竹井と副キャプテン山内駿太郎(2年=千葉東)にインタビューした。

img_3507

(左 山内 右 竹井)

2015-2016シーズン

“1年間を振り返って”
明治Groovyは新関東カップ、明大カップ、新関東リーグに重点を置いている。新関東カップと明大カップが同時進行で行われていて、この2つの大会で成功した。山内はカップ戦について「カップ戦では決勝まで残りたかったが、僕が失点に絡んでしまい敗退してしまった。チームとして、チャンスも多く勝てる試合を落としてしまった」と悔しさを露わにした。明大カップではPK戦で競り勝ち勝負強さを見せ、準優勝となった。さらにリーグでも2位という好結果を竹井は「明大カップと新関東カップでしっかりと結果を残すことができて、勢いづいた。それに新関東リーグ前のアットホームカップで最終調整ができ、いい手応えを掴み新関東リーグに入れたのが2位の要因です」と振り返った。1年間の中でうまくいかず苦しい時期はと聞くと「特にないですね」と竹井は答えた。この強い気持ちがいい結果につながったのだろう。1番よかった試合は、新関東リーグで勝てない試合が続いていた中での明治体同連戦、3-0と圧倒し明治ダービーを制した。「気持ちの面でも非常に高く、感覚的にも負ける気はしなかった」と二人は口を揃えて答えた。

 

“ライバル”

強いと感じたチームを聞くと「正直に言うと早稲田稲穂です。でも少しつまらないので中央大学サッカー同好会でお願いします」と答えた。昨年度、中央同好会との対戦成績は、2勝1敗。新関東リーグでは3-2と激しい打ち合いを制した。しかし、試合終盤は中央同好会の猛攻を食らう。その猛攻を決死の守備でリードを守り、勝利をもぎ取った。この試合について竹井は「ゴール前において1番怖かった」とコメント。さらに山内は「サイドを中心に攻め込んできて、非常にしんどかった」と過酷さが伝わる。

選手について聞くと、「早稲田稲穂の長瀬(2年=国学院久我山)はうまく怖い選手。よく聞くのが中央フースバルの大石(2年=藤枝東)で、試合を見ていてもとてもうまかった。でも1番やばいのは小田島(2年=国学院久我山)。どこがとかじゃなくてとにかくやばい」と答えた。

2016-2017 シーズン

“目標”

「去年の上を」

新関東の大会において好成績だった昨年度の明治Groovy。それだけに期待も大きく集まる年になるだろう。竹井と山内は「去年結果を残せたので、それより下を見たくない」と意気込んでいる。山内は「去年のチームはスター的な選手が多かった。そのメンバーに比べたら、個人の能力は劣ってしまっている。去年のメンバーが全員いるわけではないので、いるメンバーで結果を残したい」とコメントした。竹井は「去年よりいい結果を残したいのはもちろんだけど、明大カップをとにかく獲りたい」と力強い体格で話した。明治体同連、明治生田、明治エスペランサや明治ナイツなど強豪ひしめく明大カップの頂点に立つことができるのか。

img_3517

“チームコンセプト”

「走る」

新関東リーグが終了し、グランドが使えないため練習を行えていない明治Groovy。新チームとしてしっかりと始動できていない。その中で山内は「去年より個の能力が劣る分、運動量で補いたい。グル―ビーだから走れないって言い訳にしたくない」と前向きなコメントをした。また竹井も山内は揃って、「サッカースタイルについてなのですが、まだサッカーをできていないので、何とも言えないしわからない。だから、すごい楽しみです」と高いモチベーションを感じさせた。またこの2人はこんな話もしていた「やっぱりGroovykidsという意味は“イカした子供たち”なので嫌われてナンボです」

 

“注目選手”

昨年度の新関東リーグで重量級の戦車として名前を広めたFW小田島圭吾(2年=国学院久我山)。新関東の1位を争う推進力を誇っているストライカーだ。新関東リーグで5得点を挙げ、新関東で高い評価を得ている。「小田島は本当にバケモン。今年は小田島に懸かっています」とキャプテン竹井からの強い期待がこもったコメント。さらに竹井は、今回取材した山内をも注目選手に挙げた。「豊富な運動量でチャンスを演出できる」と竹井が話した。隣にいた山内は非常に満足げな表情を見せたのであった。また昨年度から試合に出場していた、強く上手い期待のルーキー千葉駿也(1年)にも注目だ。

img_3516

(千葉駿也)

img_3513

(小田島圭吾)

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.05.12

【関西サッカー同好会トーナメント】マッチプレビュー

関東では一足先にカップ戦が開幕しているが… 明日からは遂に、関西でも同好会トーナメントが開幕する。 気になるトーナメント表はこちら! 今年は大阪大学DACOTA、京都大学BONBERS、オチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.26

【新入生必見!同好会チームガイドvol.2】早稲田大学編その2

各大学でそれぞれのチームが新歓の準備を進めている今日この頃ですが、 第2回も第1回に引き続き「早稲田大学」を特集します! 今回は、ユニオンリーグ1部で戦う6チームをピックアップしていきます…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.01.08

【就活記事 vol.2】早稲田大学HUMAN F.C. 藤林拓哉 「自分の決定を正解に変えていく覚悟作り」が就活

時にとにかく明るい藤林と称され、持ち前の明るさとカリスマ性で2017年度の早稲田大学HUMAN F.C代表としてチームをまとめ上げた藤林拓哉。 1部リーグ昇格こそできなかったものの、学内戦優勝や新関…

read more 高橋佑輔
コラム 2023.09.07

【明日開幕】第41回マガジンカップ オープン大会2023の概要と展望

サッカーサークル日本一を決めるマガジンカップ、通称マガ杯が今年も長野県菅平で開催される。 今年は東京近郊の大学に加えて関西地方や東北地方から総勢64チームが、サークル日本一の座をかけて凌ぎを削る…

read more 東 孝太郎
コラム 2021.05.07

【チーム特集】中央大学MAPLE

今回は【インスタ企画 いい写いいね大会】において、 第3グループで見事優勝いたしました「中央大学MAPLE」に独占インタビューさせていただきました!! 幹事長の吉武友樹さん、マネー…

read more 渋井颯太
コラム 2017.02.19

【BMOM26】諸井悠理 (1年=鹿島学園) 「最高峰のスーパールーキー」

2月16日に行われた日本大学学内戦決勝トーナメント。決勝戦まで勝ち上がったのは日本大学教育BAMBINO Bと日本大学法学部サッカー部だった。 日大法学部は前半に先制されるものの、直後に1点を返し試…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.02

【新入生必見!同好会チームガイドvol.8】日本大学編その1

やってきました、「あなたとともに 100万人の仲間とともに」でお馴染みみんな大好き日本大学。   100万人も仲間がいるなんて心強いですね!今回は3つのサッカーサークルをご紹介し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.01

【マネの想いvol.3】“1番伝えたいのはプレーヤーへの感謝”

第3弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは、 早稲田大学理工サッカー部 3年 山下美穂さん(左から2番目)     −早稲田大学理工サッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.12.20

新関東リーグ2018・1部 ベストイレブン

2018年11月17日、新関東リーグは中央大学フースバルクラブが圧倒的な強さを見せ無敗優勝を果たすという形で幕を閉じた。 中央フースバルは新関東カップに続く、2冠目となる。 BeYonD編集部は今…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-