【新関東カップ2017決勝戦】マッチプレビュー

BeYonD 編集部

4月に始まった新関東カップ2017の2カ月に及ぶ戦いがついに今週末終わりを告げチャンピオンが決定する。
今回は見事決勝戦に駒を進めることになった2チームのこれまでの戦いぶりを振り返り、勝負のポイントを整理していこう。

 

早稲田大学稲穂キッカーズ

img_1482

新関東カップ2015,2016覇者である早稲田稲穂は明治グルービーキッズの前に立ちはだかり、3連覇を狙う。

端的に言って、今年の稲穂もやはり強い。そこでまず注目すべき点は、稲穂キッカーズという常勝軍団が、新関東カップ2017を勝つべくして決勝まで勝ち上がってきたことである。
初戦である4回戦で日大法学部サッカー部を撃破。スーパールーキー中島剣士郎(1年=早大本庄)らの活躍で快勝し、稲穂の強さを見せつけた。準々決勝では早稲田FC.GUSTAに追いつかれ主導権を奪われる時間が長かったが、ここはやはり王者。試合巧者の稲穂が後半足の止まってくる時間帯も走り続け、チャンスを確実に決めて準決勝に駒を進めた。うってかわって準決勝は、立教サッカー愛好会相手に長瀬(3年=國學院久我山)の2得点などもあり、危なげない試合運びと隙のない王者の貫禄を見せつけた。3連覇をかけた稲穂にとって、この3試合とも自信と緊張感がバランスを保ちながら勝利を手繰り寄せたように見えた。

しかし、あまりよくないニュースもある。ここまで圧倒的なスピードと得点力で前線に君臨してきたスーパールーキー中島が負傷、また準決勝でキャプテン末永(3年=駒場)とタッグを組んだセンターバックの木村(2年=早稲田実業)も負傷。準決勝でスタメンだった2人が負傷。重要なポジションを任されていただけあって、彼らの負傷は少なからず影響を及ぼすだろう。

だが稲穂は稲穂。総力戦で勝ちに行くことには変わりない。こうした状況だからこそ、チーム力が問われる。
その中でキーマンとなる選手を挙げていく。
ディフェンスは、4番キャプテンの末永(3年=都立駒場)。強いキャプテンシーと空中戦の強さでグルービーの得点機会を阻止することが必須となる。
オフェンスとなると、多くのタレントがいるだけに1人に絞るのは至難の技だが、ここでは47番近藤(2年=日大藤沢)の名前を挙げたい。攻撃のスイッチを入れる長短のパスから幾度となくチャンスを演出してきた。選手権の全国大会を経験してきただけあって、質の高さ、戦術眼、パスのセンスはピカイチである。決勝も彼の足からゴールにつながるパスが出ることだろう。
そして今大会國學院久我山対決を制してきたエース長瀬が、グルービーの小田島との一戦を制して3連覇を成し遂げることができるのか。
現三年が入学して以来、新関東カップ負けなしの稲穂キッカーズが絶対王者となる日が来るかもしれない。

 

明治大学Groovy kids

img_1483

グルービーは昨年度新関東1部リーグ2位。対戦相手の稲穂キッカーズは新関東リーグ優勝。昨年、あと一歩のところで夢を打ち砕かれたグルービーは2017年6月24日、稲穂にリベンジを果たそうとしている。

そんなグルービーは持ち前のポテンシャルと独特の雰囲気を武器に決勝まで勝ち上がってきた。シードのため4回戦からの参加となったグルービーは初戦にて首都大学東京八雲FCを迎え入れた。ジャイアントキリングを起こし勢いに乗る相手を前に、2-0と完封勝利を収めポテンシャルの高さを見せつけた。続く準々決勝では同じく新関東1部所属の青山学院大学理工サッカー部をPK戦の末下し、準決勝へと駒を進めた。迎えた準決勝では今年度早稲田大学覇者のHUMAN.FCを相手に2-1で勝利を果たした。先制点を喫するも、攻撃陣が奮闘し勢いそのままに見事逆転勝利を収めた。

そして6月24日稲穂を撃破しようとしている。稲穂撃破の鍵となるのは、寄せの早い稲穂の守備をいかにして攻略するかにかかっている。そこで注目したいのが23番小田島(3年=國學院久我山)である。グルービーの重戦車小田島は4回戦で1得点、準決勝で2得点の活躍を果たした。持ち前の強靭なフィジカルとゴール前でのテクニックを生かしゴールを脅かすことで、決勝でも得点が期待できる。
また34番千葉(2年=横浜FMユース)にも注目したい。4回戦では1ゴール1アシストの活躍。Jの下部組織出身だけに正確な足元の技術を備える。またそれだけではなく、球際や守備面でも奮闘することのできる選手だ。千葉の攻撃によって稲穂のサイドを崩しきることができるだろうか。
また、重要になるのが稲穂の強力な攻撃陣をシャットアウトすることである。そのキーマンとなるのがGK森本(2年=広島国泰寺)のセービングである。今大会、高いセービング力を発揮し幾度もピンチを救ってきた。加えて3試合1失点と数字も悪くない。
このように最強のポテンシャルを備えるグルービー。スタメンの選手、ベンチの選手そしてグルービー名物”ガヤ”が一体化し会場を飲み込むことによって新関東カップ2017を制することができるだろうか。

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ 明治大学 Groovy kidsのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2020.11.07

【新関東リーグ2020・1部第3節マッチハイライト】連勝か、初勝利か。絶対に負けられない戦いの行方は?!

11月7日、新関東リーグ2020・1部第3節@鹿島ハイツの速報がこちら。 ①中央大学フースバルクラブ VS 早稲田大学HUMANF.C. (以下:中央フースバル、早稲田ヒューマン) 開幕2連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.10.30

【新関東リーグ2021・1部第3節マッチハイライト】大波乱の連続!白星をあげたのはどこのチームか!?

10月30日鹿島ハイツにて新関東リーグ第3戦が行われた。大波乱の第3節の結果がこちら。   今節の注目カードの1つが早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学HUM…

read more 東 孝太郎
コラム 2021.10.07

遂に開幕!新関東リーグPREVIEW SHOW 【前編】

10月16日、いよいよサークル界最高峰リーグとも呼び声高い新関東リーグが開幕する。昨シーズンはコロナウイルスの影響で降格がなかったため、今年は昨シーズンの8チームに昇格2チームを加えた全10チームで真…

read more 東 孝太郎
コラム 2017.12.15

【新関東リーグ2017MVP】やんちゃな王様から、真の王様へ。早稲田稲穂、長瀬が新関東リーグ2017MVPに輝く。

新関東リーグ1部2017が閉幕。優勝した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が東西対抗戦も制し、日本一に輝いた。 優勝した早稲田稲穂から、攻守ともに気迫溢れるプレーでチームを牽引したMF…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.12

【新関東FL1部第6節】 マッチプレビュー

第1試合 中央大学サッカー同好会 vs 早稲田大学稲穂キッカーズ 早稲田稲穂と中大同好会、この2チームは新関東リーグを語るには欠かせない2チームである。新関東リーグ創設時から2チームはライバル関係と…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.20

【参加チーム募集】関西で大好評だったフットサル1年生選手権が関東上陸!!サッカーサークル大歓迎!!

全て倒して王になれ。 最強は誰か?1年生王者は誰か? 【WHO IS NO.1 ?】 参加資格は至ってシンプル。 <世代最強>を欲していること。 勝って勝って勝ちまく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.02

【BMOM129】小竹直輝(3年=新潟明訓)試合を決めたのはやはりこの男!

5月25日(土)神栖市矢田部サッカー場にて中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)vs慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)の試合が行われた。 主導権を握り何度もチャンスを作る…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.09

【新入生必見!同好会チームガイドvol.15】東洋大学編その2

昨日に引き続き東洋大学の紹介です!! サッカーサークルの激戦区だけに、魅力的なチームが沢山あります! 東洋大学fasciner 【所属リーグ】 新関東理工系リーグ 【男性メンバー数】 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.08

【チームの根vol.2】 ”モモレンジャー” 法政大学学団連サッカー部 高野勇貴(3年=日大習志野)

ピッチに立てるのは11人。ただチームの力はその11人じゃ決まらない。自分を下手くそ、盛り上げ役と表した男の胸に秘めた思いに迫った。     法政大学学団連サッカー部 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.18

【文教大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

1番桐ヶ谷(3年=久喜北陽)はビッグセーブを連発し、ゴール前の番人となった。優勝の立役者はこの人に違いない。 10番関(1年=千葉経済大学附属)は豊富な運動量と共に、攻撃のリズム…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-