【高校別OB座談会vol.6】千葉県〇〇の強豪2校のOB座談会 高校時代の地獄のトレーニングから現在の苦悩までを語り合う!

金子樹

日本トップのサッカー県、千葉。

 

今回はそんな千葉県にある幕張の

強豪校・幕張総合高校・渋谷幕張高校2チームまとめて座談会。

 

高校時代の”浜練”の思い出や、各サークルの代表が4人集まり、サークルの代表ならではの苦労まで話してもらった。

img_0597

参加者は左から
法政大学学団連サッカー部(以下学団連)
浦航季(2年=幕張総合)

慶應義塾大学 理工学部体育会サッカー部(以下リコタイ)
井黒航平(3年=渋谷幕張)

慶應義塾大学 慶応キッカーズ(以下キッカーズ)
齋藤鋼太(3年=渋谷幕張)

明治大学体同連サッカー部(以下体同連)
青木聡汰(3年=幕張総合)

日本大学理工学部サッカー部(以下日理)
増田伸(3年=幕張総合)

 

【BeYonD】今回幕張座談会を開催するきっかけはなんでしょうか?

青木】近隣の高校で接点もあったし、サークルに入ってからも代表やる人とかが多い中でそこまで関わりが多くないからBeYonDを通じて仲良くなれたらなと思って。
【一同】いいね!いい感じにまとめた!笑

〜高校時代の思い出〜

増田】”浜”使わない?渋幕って
【渋幕勢】使う使う!
】俺ら年末年始によく使いますよね。行き帰りも地味に走るからしんどかったなぁ
井黒】渋幕は急にですよね
齋藤】監督の気分で外走ってる時に海で止まったら『あぁ、終わった、、』って毎回なってた
井黒】救急車で2人くらい運ばれてた
【幕総勢】まじで??笑

青木】俺らは坊主にしたことじゃない?
【増田・浦】あぁ〜!
青木】プリンスリーグで、アウェーでフロンターレと当たる前日にフロンターレが調子良くて、前日に監督が『明日10点入れられたら坊主だな』って言ってて軽い気持ちで返してたら本当に10-1で負けちゃったんだよね笑
増田】土のグラウンド以外じゃ勝てる気しないよね
】幕総の1番の武器はある意味グラウンドですよね笑あそこに連れ込めば絶対勝てる笑
青木】校舎は綺麗だから入ってみないと分からないんだよね笑
齋藤】俺らも坊主あったよね。先輩のインターハイで俺がPK外して負けて後輩全員坊主になったよね笑
【一同】最悪!笑

img_0602

 

【BeYonD】練習試合とかはしたりしていましたか?
】俺らの代はめちゃくちゃ荒れました
青木】なんか互いに関わりないけどないけどやっぱダービーみたいになるよね
井黒】しかもお互いグラウンド狭いから余計に荒れるよね
【一同】対抗心はやばかったよね笑
増田】幕総は偏差値では勝てないからサッカーでは!って所が強かったと思う
井黒】俺らも負けたら走らされましたよね
齋藤】なんなら1点でも取られたら監督がやばかった

img_0601

 

〜現在の話〜

【BeYonD】各々今のチームを選んだ理由は何ですか?
齋藤】単純にキッカーズの先輩に憧れて入った
井黒】だれですか?
齋藤】三本の矢に憧れて笑スリートップがすごいうまくて。自分たちで名乗っててそこは痛いなって思ったんだけど笑
青木】俺は最初千葉の人で知り合いとかも多かったからグルービーも考えてたけど、最終的に強い方にしようって思って、その年の明大カップで体同連が勝ったから体同連にした
井黒】大学じゃあんまりやる気はなかったんだけど、たまたまリコタイの練習行ったら楽しかったし、友達もできそうだったからそのまま入った。気づいたら代表やってました笑
増田】日大理工キャンパスに一個しかないんで笑それでもサッカーは続けたいなって思って入りました
】俺もあんまり大学でやる気はなくて、そもそも高校でもあんまりで
増田】2年の時とかやばかったよね笑
】そうなんすよ笑だから当然やる気もなくて、全然行ってなかったんですけど学団連の先輩に誘われて行ったらやっぱ楽しいなってなって行き出しました。結局部長やってます

img_0603

増田が所属する日理

〜代表たちの苦悩〜

【BeYonD】自分のサークルのいいところはどういうところですか?
】学団連は法政の中じゃ強いし、みんな一緒だと思うんですけど部活みたいに縛られたくないけど、やるときは部活みたいにできるし。オフのときは飲み会とかいろんなイベントで楽しめる。学団連特有の学年ごとっていうのも学年の仲が深められて良かったと思う
【一同】ほとんど一緒だよね笑
】同好会でやってる人ってみんなそうです笑
青木】自由度が高いからいろんな目的があって逆にまとめるの大変だよね
】そこらへんは高校より大変ですね
齋藤】部活の部長の方が楽じゃない?って思うよね
井黒】部活はみんな同じ目標ですもんね
齋藤】サークルの方が楽じゃない?って言われると腹立つよね笑
井黒】強制力のない中でみんなに来てもらうのってすごい大変なことなんだなって毎回思う笑

img_0605

img_0599

 

今回は高校時代もライバルで、現在もしのぎを削る2校のメンバーからオファーがあり実現した座談会だった。

今後もこのような依頼、ずしずし募集しています!

そして幕張OBの今後の活躍にも期待しています!

慶應義塾大学 理工学部体育会サッカー部のチームページ 慶應義塾大学 キッカーズフットボールクラブのチームページ 明治大学 体同連サッカー部のチームページ 法政大学 学団連サッカー部のチームページ 日本大学 理工学部サッカー部のチームページ

Written by

金子樹

kaneko

明治大学 Groovy Kids

Keywords

Recommend

コラム 2017.10.18

【BMOM76】小川潤之助(2年=杉並FC) 同好会カテゴリ屈指のハイレベルな闘いでチームを救った守護神!!

新関東リーグ1部第1節最も注目となったカードは間違いなくこの一戦だろう。 現在新関東FLカップとマガジン杯で2冠を収め悲願の三冠に挑む早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と昨年度マガジン杯を制…

read more 古平 翔太
コラム 2017.02.07

【BMOM23】‪石井諒(2年=桐蔭学園)‬ ‪爽やかな笑顔とボールコントロールが魅力的な石井がリコタイ攻撃陣を牽引し、新シーズンを彩るタイトルを獲得した!!‬

新人戦2年生大会の決勝は慶應義塾大学理工体育会サッカー部Champagena FC(以下リコタイChampagena)が法政大学Irishを0-3で下し、プレミアカップ準優勝の雪辱を果たし、見事優勝を…

read more 古平 翔太
コラム 2017.05.15

【BMOM39】國久将利 (3年=若狭) 均衡を破るエースの一発!

関西同好会トーナメント1回戦 BMOM 國久将利(3年=若峡) 遂に5月13日、関西同好会トーナメントが開幕した。昨年の関西同好会トーナメント王者、関西大学F.C.TRIOS(以下:トリオス)の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.07

新チーム始動インタビュー第2弾”中央大学フースバルクラブ 若杉俊介”

2017年になり、新チームが始動した中央大学フースバルクラブ。キャプテンの若杉俊介(2年=新潟明訓)を取材した。 (写真 左はキャプテンの若杉、右は副キャプテンの大石) 2015-20…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.30

【BMOM35】髙坂圭一(3年=本郷) ”Esperanzaの闘将”

明治大学 Esperanza DF 髙坂圭一(3年=本郷) 明治大学Esperanza vs 早稲田大学 Sunday SCの試合は両者実力が均衡し、なかなかチャンスが訪れないゲー…

read more 古平 翔太
コラム 2016.11.11

【BMOM6】MF小田島圭吾(2年) ゴリゴリとゴールを決め2得点の活躍

重戦車 小田島 第5節、6位明治大学グルービーキッズは、明治大学体同連サッカー部と対戦した。結果は3-0とグルービーが明治ダービーを制した。明治ダービー勝利の立役者は、2得点と大活躍した23番小田島…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.26

【全米に教えたい】モチベーションムービーの作り方!!

  12月に入ってだいたいのチームも代が替わり、新体制に変わったことでしょう。 これからモチベーションムービーをつくることになった方もいるかもしれません。   …

read more 上野澄人
コラム 2017.08.16

【BMOM70】 抜群の推進力と身体の強さを活かし、矢部晃太(3年=埼玉栄)がFC FLITTを東洋大学頂点に導く2発!!

先日大雨の中行われた東洋大学 F.C. FLITT(以下FLITT)と東洋大学 就活してboys(以下就活)による東洋大学学内戦決勝は、打ち合いの接戦となった。 天候のせいか、試合は互いにロングボー…

read more 大塚朝史
コラム 2017.10.12

【チームの根vol.8】 “自己犠牲” 慶應義塾大学理工体育サッカー部 愛野幸陽(4年=穎明館)

  77期にも及ぶ歴史を持ち、同好会カテゴリー最古参の慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下リコタイ)。 今回をそのリコタイを昨シーズン、副代表としてチームをまとめた男に迫った。 …

read more 金子樹
コラム 2017.05.31

【BMOM48】大寺泰楽(2年=滝川)”早理の起爆剤”が勝利を手繰り寄せる!!

5月27日新関東カップ2017  3回戦、早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)は2部上位枠として3回戦から参戦した慶應キッカーズフットボールクラブ(以下:慶應キッカーズ)と対戦した。 ”早…

read more 高橋佑輔

-PICKUP CIRCLE-