【BMOM122】鹿野鉱樹(1年=専大松戸)1年生ながらチームの攻撃を牽引!同点弾で勝利に大きく貢献した法政工体連の新戦力!

BeYonD 編集部

5月18日ATSU FOOTBALL FIELDにて、新関東カップ2回、明治大学グルービーキッズ(以下:明治グルービー)vs法政大学工体連サッカー部(以下:法政工体連)が行われた。

昨年度のリーグ戦で、明治グルービーは法政工体連に敗戦しており、リベンジなるかというところであったが、結果は2−4と法政工体連が激しい打ち合いを制した。

法政工体連のサッカーは、ロングボールを蹴り込み、セカンドボールを拾い、そこから攻撃へと繋げていくスタイル。この試合でもそのスタイルを貫き、明治グルービーを苦しめた。

そんな中、1年生でありながら、空中戦の強さ、裏への抜け出しなどでチームの攻撃を牽引するだけでなく、同点弾を決め勝利に大きく貢献した鹿野鉱樹(1年=専大松戸)をこの試合のBMOMに選出したい。

99c96260-b9b1-44d4-a20e-bffeaac0fade

−まずは試合全体の感想を聞いてみた−

「FWは点を取ることが仕事だと思っています。先制点を取られてしまった後、すぐに僕の得点で追いつくことができてよかったです。しかし個人としては、前線からの守備がまだまだなので、今後の課題としていきたいです。」と謙虚で真面目なコメント。

 

−続いて自身の得点シーンを振り返って−

「いいパスが来たので、僕はゴールに流し込むだけでした。コースを狙って落ち着いて決められたのでよかったです。」とコメント。

 

−最後に、次戦早稲田グスタ戦に向けて−

「この試合、チームとしては4得点できましたが、僕自身は1点しか取れていないので、次戦も試合に出られたら、1点だけでなく複数点取れるよう、ゴールを意識してプレーしたい。」と謙虚ながらも、ゴールへの貪欲さが伝わるようなコメントを残してくれた。

 

鹿野はまだ1年生ということで、これからの成長が楽しみな選手である。次戦の早稲田グスタ戦でも活躍してくれることを期待したい。

法政大学 工体連サッカー部のチームページ 【BMOM122】鹿野鉱樹(1年=専大松戸)1年生ながらチームの攻撃を牽引!同点弾で勝利に大きく貢献した法政工体連の新戦力!のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2016.10.07

【女子必見】サッカーサークルイケメン巡り 〜第1回 中央大学編〜

突然ですが、イケメンはお好きですか? 特に女子のみなさん!学校、仕事、恋愛、友達…なにかと悩みが尽きませんよね? そんな女子たちの疲れた心を癒すのにうってつけなイケメン特集です。 記念すべき第1…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.06

【BMOM87】吉崎光(3年=八千代) チームを引っ張り続けた代表の闘志が勝利を呼び込む

【新関東リーグ2017・1部入れ替え戦】Zozopark Honda Football Area 明治大学体同連生田サッカー部蹴友会 2-1 明治大学ESPERANZA 2017年新関東1…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM6】MF小田島圭吾(2年) ゴリゴリとゴールを決め2得点の活躍

重戦車 小田島 第5節、6位明治大学グルービーキッズは、明治大学体同連サッカー部と対戦した。結果は3-0とグルービーが明治ダービーを制した。明治ダービー勝利の立役者は、2得点と大活躍した23番小田島…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.11

【美女マネ特集vol.1】記念すべき第1回はこの夏日本一に輝いたあのチームのマネ!!

ついに始まった夢の企画。 同好会カテゴリーに所属する全プレーヤーが この日を待ちわびていたといっても過言でしょう。   はい、過言です。 しかし、この日のためにボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.15

【BMOM98】西出有佑(3年=座間)が伝統の中大ダービーを制する決勝点!!

来たる6月10日、中央大学フースバルクラブ(:以下中央フースバル)と中央大学サッカー同好会(:以下中大サカ同)の両チームが待ちわびた因縁の中大対決がサークル界の「埼玉スタジアム2002」、ZOZOパー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.06

【同好会基礎情報vol.11】アットホームカップとは?

  こんにちは! ついにどこの大学も夏休みが終わり 長袖がちょうどいい季節になってきましたね。   でも皆さん、涼しい顔をしてる場合じゃないですよ?? …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.12

【BMOM 68】桐ヶ谷拓実(3年=久喜北陽) 安定したセービングで2連覇を達成!!

8月11日、アットホームカップ文教大学学内戦決勝が文教大学第三グラウンドにて行われた。 2年連続アットホームカップ本大会出場権獲得を目指す文教大学Flip F.C.(以下:Flip)は、文教大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.01

【マネの想いvol.3】“1番伝えたいのはプレーヤーへの感謝”

第3弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは、 早稲田大学理工サッカー部 3年 山下美穂さん(左から2番目)     −早稲田大学理工サッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.07.16

【各サークルの面白い人たち特集】 vol.1 立教大学サッカー愛好会:進藤俊輔

こんばんは!BeYonD編集部です! 各サークルの面白い人たち特集が始まりました!! 第一弾は、立教大学サッカー愛好会 進藤俊輔さんにインタビューをさせていただきました! 【プロフィール】 …

read more 青木優太

-PICKUP CIRCLE-