【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

澤田結人

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。
9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部(以下:体同連)を撃破し、昨年の壁を打ち破って見事頂点に立った。

img_6976

緊迫した戦いの中で、体同連のロングボールをことごとく跳ね返し、数多くのチャンスをシャットアウトしていた稲穂のキャプテン4番末永(3年=都立駒場)
大きくクリアするところと細かくつなぐところを判断し、目立ったミスもなく非常にクレーバーな対応を見せていた。
応援団からは”肩幅オバケ”という一声も聞こえた。

img_6978

この試合におけるフォーカスすべき選手は多くいる。
10番長瀬(3年=国学院久我山)、47番近藤(2年=日大藤沢)、92番中島(1年=早大本庄)、97番大場(5年=横河武蔵野)など、豊富なタレントを誇る稲穂。
しかし、このタレントたちをまとめてきたキャプテン末永の存在は大きなものであったに違いない

5日間の非常に厳しい総力戦の中で、伝統という重圧にも屈せず、求められる優勝へとチームを導いた闘将。自身のキャプテンシーをいかんなく発揮し、厳しさを求めてやってきたこの努力のたまものだろう。

img_6975

試合後に末永キャプテンにインタビューした。

「2年前から試合に出てたけどマガハイはとれていなかったタイトルだったし、去年は決勝で悔しい負けをしていたので、今年は勝てて優勝することができ非常に嬉しいです」

と、声をからせ、嬉しさとまだまだ溢れ出る闘争心を見せながら答えてくれた。

「また、初めて退場をしなかったマガハイだったので、よかったです。
しかし、流れの中から点をとることができなかったし、まだまだやれることがあると思うので、油断せず目標である三冠に向けてこれからも精進していきたいと思います。」

と、次の目標である新関東リーグ戦優勝、そして三冠への意気込みをコメントしてくれた。

新関東カップ戦2017優勝、マガジンカップ2017優勝、そして新関東リーグ戦を合わせた三冠を達成させるためにはキャプテン末永の存在は不可欠である。
彼自身の活躍と稲穂の今後に注目が集まる。

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

澤田結人

sawada

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2020.04.04

【一年越し!マネの想いvol.2】“目指すは全タイトル制覇”

約一年越しに帰ってきました!第二弾となるマネージャーの想いを語ってくれたのは… 中央大学体同連FUSSBALL CLUB 3年 川田珠莉さん   ―FUSSBALL CLUB(以下フース)に入…

read more 大竹彩郁
コラム 2017.06.01

【BMOM53】武田海青(1年=東久留米)縦横無尽にピッチを駆け巡るバンビのダイナモ!

新関東カップ2017三回戦日本大学教育学部サッカー部BAMBINO(以下バンビ)と明治大学ESPERANZA(以下エスぺ)との試合はバンビが5-0の快勝で幕を閉じたが圧倒的な存在感でピッチを駆け巡って…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.01

【BMOM36】福井廉人(2年=函館大有斗) PK3本ストップの活躍で勝利に貢献

【新関東カップ2017 1回戦】K9 football park ICHIHARA 東京理科大学Ⅱ部体育会蹴球部 0-0(pk3-2) 千葉大学サッカー同好会 GK福井廉人(2年=函館大有斗)…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.19

【新人戦1年生大会①】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月7~8日に行われた新人戦1年生大会①において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったも…

read more 古平 翔太
コラム 2017.05.03

【新チーム始動インタビューvol.9】“早稲田大学 FC.GUSTA”

昨年度、新関東リーグ2部で優勝を果たし、悲願の1部昇格を決めた早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ) 。 当時からボランチでタッグを組み、1部昇格に貢献した、 現キャプテンの池田洋平(…

read more 澤田結人
コラム 2017.10.31

【BMOM80】川田朋典(3年=高松北) 劇的スーパーゴールでチームを勝利に導く!

BMOMに輝いた。と言うよりは選ばざるを得なかった。 明治大学Groovy kids(以下明治グルービー)は1節で大敗を喫し、2節では先制しながらもPKにより追いつかれドロー。 そしてこの試合…

read more 金子樹
コラム 2017.06.25

【BMOM65】米澤直也(3年=早稲田実業) 稲穂が誇る超強力サイドバックが得意のインターセプトから決勝ゴールをお膳立て!!

6月24日、新関東カップ2017の決勝戦が埼玉スタジアム第4グラウンドにて行われた。 新関東カップ3連覇を目指す早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は、明治大学Groovy kids(以下グルービ…

read more 遠藤拓朗
コラム 2016.11.12

【新関東FL2部A第6節】マッチプレビュー

  1位 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 集中開催を終え、混戦の2部Aにおいて勝ち点12で首位に立っているのは慶應大学理工サッカー部。第2節で明治生田戦を1-3で落とし…

read more 古平 翔太
コラム 2018.03.29

【フットサル新歓記事vol.2】明治大学・中央大学編(体同連フットサル部GOONY、中央大学 FC Brooklyn)

明治大学体同連フットサル部GOONY ・自分達のサークルを一文で表すなら フットサルを通じて、大学生活を充実させる場所。 ・大学、チーム名 明治大学、体同連フットサル部GOONY ・…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.28

1マネが語るサッカーサークルのイメージとは?

今回は、この夏新たにサークルデビューした 3人の1マネにサッカーサークルについてインタビューしました。   サッカーサークルを選んだ理由や印象、実際入ってみて感じたことなど…

read more 川田 珠莉

-PICKUP CIRCLE-