【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

BeYonD 編集部

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。
9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部(以下:体同連)を撃破し、昨年の壁を打ち破って見事頂点に立った。

img_6976

緊迫した戦いの中で、体同連のロングボールをことごとく跳ね返し、数多くのチャンスをシャットアウトしていた稲穂のキャプテン4番末永(3年=都立駒場)
大きくクリアするところと細かくつなぐところを判断し、目立ったミスもなく非常にクレーバーな対応を見せていた。
応援団からは”肩幅オバケ”という一声も聞こえた。

img_6978

この試合におけるフォーカスすべき選手は多くいる。
10番長瀬(3年=国学院久我山)、47番近藤(2年=日大藤沢)、92番中島(1年=早大本庄)、97番大場(5年=横河武蔵野)など、豊富なタレントを誇る稲穂。
しかし、このタレントたちをまとめてきたキャプテン末永の存在は大きなものであったに違いない

5日間の非常に厳しい総力戦の中で、伝統という重圧にも屈せず、求められる優勝へとチームを導いた闘将。自身のキャプテンシーをいかんなく発揮し、厳しさを求めてやってきたこの努力のたまものだろう。

img_6975

試合後に末永キャプテンにインタビューした。

「2年前から試合に出てたけどマガハイはとれていなかったタイトルだったし、去年は決勝で悔しい負けをしていたので、今年は勝てて優勝することができ非常に嬉しいです」

と、声をからせ、嬉しさとまだまだ溢れ出る闘争心を見せながら答えてくれた。

「また、初めて退場をしなかったマガハイだったので、よかったです。
しかし、流れの中から点をとることができなかったし、まだまだやれることがあると思うので、油断せず目標である三冠に向けてこれからも精進していきたいと思います。」

と、次の目標である新関東リーグ戦優勝、そして三冠への意気込みをコメントしてくれた。

新関東カップ戦2017優勝、マガジンカップ2017優勝、そして新関東リーグ戦を合わせた三冠を達成させるためにはキャプテン末永の存在は不可欠である。
彼自身の活躍と稲穂の今後に注目が集まる。

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2020.08.11

【ユニフォーム特集 puma編】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成って難しいですよね、、 メーカーやデザイン、ロゴの種類や値…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.11

【BMOM25】 伴勇(1年=松本山雅Y) 寄せ集めのチームを決勝まで導いたキャプテンの心意気が歓喜の瞬間をもたらす!

新人戦1年生大会②の決勝戦は成蹊大学FC kanoaと法政大学学団連サッカー部の激しい攻防が繰り広げられた。技巧派集団法政学団連の攻撃陣を無失点で抑え込み、1-0の接戦をものにした成蹊大学FC kan…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.12

【新関東FL2部A第6節】マッチプレビュー

  1位 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 集中開催を終え、混戦の2部Aにおいて勝ち点12で首位に立っているのは慶應大学理工サッカー部。第2節で明治生田戦を1-3で落とし…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.17

【プレからの想い Vol.1】”マネは一番のサポーター”

○○くんありがとう。○○くんありがとう。 あ〜、サークルに入って良かった!! どうも、協力的な仕事ぶり、充実したサークル生活、BeYonDです!笑 さて、おふざけはこの辺にして本題に入りましょう…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.01

【BMOM52】樋下田泰成(2年=伊勢崎商業) 和製ロナウドと呼び声の高いゴールゲッター

先日行われた新関東カップ4回戦明治大学体同連サッカー部(以下体同連) vs 日本大学生産工サッカー部(以下生産工)。18時キックオフというナイターゲームはZOZOPARKで行われた。 試…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.28

【新関東カップ戦2022 予選リーグ マッチハイライト 】遂にカップ戦開幕!!大事な初戦を勝利したチームは!?

第1グループ 新関東カップ開幕戦の第1グループ1試合目、慶應大学FC NINDO(以下:慶應NINDO)対早稲田大学Sunday FC(以下:早稲田Sunday)の試合は序盤から動く。 前半8…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.12

【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.15

【チームの根vol.3】”無賃雇用” 明治大学Groovy kids 儘田和也(3年=國學院久我山)

  昨年度、タレントを兼ねそろえ好成績を残した“異端児”Groovykids。その副代表と言うことで期待をしていくと、そこにいたのは顔の八割が俳優の佐藤次郎で構成された男だった。一見地…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.05.02

大学サッカーサークル最強チームが挑む!YouTube史上初のReelZ LEAGUE とは?

ReelZ LEAGUEに出場中の2チームのキャプテンにインタビューしてみました!! こんにちは!BeYonD編集部です! 今回の記事は、「ReelZ LEAGUE」に出場中のREVENGERSと…

read more 竹中莉夏
コラム 2017.04.30

【BMOM35】髙坂圭一(3年=本郷) ”Esperanzaの闘将”

明治大学 Esperanza DF 髙坂圭一(3年=本郷) 明治大学Esperanza vs 早稲田大学 Sunday SCの試合は両者実力が均衡し、なかなかチャンスが訪れないゲー…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-