【BMOM77】三好駿(2年=福島東)ラスト10分の攻防、鍵を握るのはこの男!

遠藤拓朗

新関東リーグ2017の1部第3節、明治大学体同連サッカー部(以下体同連)と早稲田大学F.C.GUSTA(以下GUSTA)の試合がZOZOパークで行われた。
初戦ということで、両チーム気合が入っていた。マガジン杯で準優勝という好成績を収めた体同連は、この勢いのまま勝ちを取りにいきたいところだ。先制点を取り、前半を1-0で折り返した体同連だが、後半残り10分でGUSTAに逆転を許してしまう。しかし、ここで流れを変えたのは29番三好であった。
三好は後半から途中出場であったにもかかわらず、わずか10数分で2得点を挙げたのだ。まず後半26分の失点直後、自らカットインで中に切り込み、鋭いクロスをあげると、それがそのまま相手ゴールへ。さらに後半終了間際、右サイドからのグラウンダーのクロスを落ち着いてゴール右端に流し込み、素晴らしいゴールを決めた。これが決勝点となり、体同連の逆転勝利に大きく貢献した。

98d513a9-b602-4705-92ec-50b96e3673a7

初戦で大活躍をした三好だが、出場前の意気込みについて伺うと、「出場前の時点では1-1の引き分けの状態だったので、守備から入りつつ攻撃のチャンスがあれば得点に絡むことを意識していました。しかし、出場直後に失点してしまったので更に積極的な攻撃への参加を意識しました。」と答えてくれた。彼の攻撃的意識がこの活躍を生んだのだろう。

また、その時の気持ちについて「今までサッカーをしてきて10分間に2得点、更に逆転するという経験はなかったので、喜びというよりも驚きの方が大きかったです。しかし、チームに貢献できたことは何よりも嬉しいです。リーグ戦は勝っても負けても試合が続くので結果に一喜一憂せず、勝利を重ねていけたらいいと思います。」とコメント。壮絶な点の取り合いを制した体同連の今後の活躍に期待したいところだ。

6e829f8e-4b3f-4c1c-907a-ed6854b0fd20

明治大学 体同連サッカー部のチームページ 早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ

Written by

遠藤拓朗

endou

Keywords

Recommend

コラム 2018.11.15

【BMOM116】苅部杜行(3年=新潟明訓)帰ってきたフースバルの心臓が優勝の立役者に!

11月11日、鹿島ハイツ第5グラウンドにて1部リーグ第6節、中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)VS 明治大学生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の試合が行われた。 中央フースバル…

read more 小川雄矢
コラム 2017.09.07

【同好会情報vol.10】マガジン杯とは?

みなさん夏休みどのようにお過ごしでしょうか?9月に入り、 暑さもなくなり秋らしくなってきましたね!   しかしこの大会なしでは夏は終われない…   そ…

read more 北村莉穂
コラム 2016.12.18

【BMOM21】中村悟(3年) 復活のキャプテンが中盤を支配しユニオンリーグ2連覇へ導く

絶対的なキャプテンの復活 ユニオンリーグ・チャンピオンシップで神出鬼没な動きでピッチを駆け回り、中盤を支配した選手がいた。それは、荒友キッカーズキャプテン中村悟(3年=県立船橋)だ。昨年までは、突破…

read more 古平 翔太
コラム 2017.08.15

【BMOM69】”圧倒的存在”遊佐拓矢(3年=川越南)が成蹊の頂点に導く決勝弾!!

8月17日に行われた成蹊大学学内戦の決勝戦。 成蹊大学アースエラスティックサッカー(以下:ARSE)と成蹊大学フットサルクラブ(以下:SFC)が頂点を争った。 前半からギア全開のARSEに押さ…

read more 澤田結人
コラム 2017.06.25

【BMOM65】米澤直也(3年=早稲田実業) 稲穂が誇る超強力サイドバックが得意のインターセプトから決勝ゴールをお膳立て!!

6月24日、新関東カップ2017の決勝戦が埼玉スタジアム第4グラウンドにて行われた。 新関東カップ3連覇を目指す早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は、明治大学Groovy kids(以下グルービ…

read more 遠藤拓朗
コラム 2018.05.11

【BMOM92】 中大同好会の次世代エース! 鯵坂 賢(2年=多摩大目黒) 会心の2発!

5月6日にzozoパークで行われた新関東カップ2018・2回戦中央大学サッカー同好会(以下:中大同好会)と明治学院白FC(以下:明学白金FC)のカードになった。 立ち上がりに苦しんだ中大同好会だった…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.28

【新関東カップ戦2022 予選リーグ マッチハイライト 】遂にカップ戦開幕!!大事な初戦を勝利したチームは!?

第1グループ 新関東カップ開幕戦の第1グループ1試合目、慶應大学FC NINDO(以下:慶應NINDO)対早稲田大学Sunday FC(以下:早稲田Sunday)の試合は序盤から動く。 前半8…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.24

【BMOM136】シャバシュ哲生(2年=暁星)豪華絢爛たる早稲田稲穂のキーマン!

2019年10月19日、新関東リーグが幕を開けた。2試合目の対戦カードである早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と明治大学生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)の戦いは早稲田稲穂が3得点を挙げ完…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.10.11

【美女マネ特集vol.1】記念すべき第1回はこの夏日本一に輝いたあのチームのマネ!!

ついに始まった夢の企画。 同好会カテゴリーに所属する全プレーヤーが この日を待ちわびていたといっても過言でしょう。   はい、過言です。 しかし、この日のためにボー…

read more 上野澄人
コラム 2018.03.29

【フットサル新歓記事vol.2】明治大学・中央大学編(体同連フットサル部GOONY、中央大学 FC Brooklyn)

明治大学体同連フットサル部GOONY ・自分達のサークルを一文で表すなら フットサルを通じて、大学生活を充実させる場所。 ・大学、チーム名 明治大学、体同連フットサル部GOONY ・…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-