【新関東リーグ2017・1部第6節ハイライト】稲穂の優勝は次節までお預け!より激化する残留争い!

高橋佑輔

11月11日、ZOZOPARK にて新関東リーグ2017 ・1部第6節が行われた。
リーグ戦も終盤に差し掛かり優勝争い・残留争いが一層過激となり見所の多い試合となった。

明治大学体同連サッカー部  明治大学Groovy kids

第1試合は明治大学ダービーとなった。お互い勝ち点を積む以上に、同校としてのプライドをかけた一戦となった。
試合は前半30分に動く。明治体同連のエース8番遊馬(3年=熊谷西)が今リーグ5得点目となるゴールで明治体同連が先制。前半は明治体同連がリードで折り返す。
後半は拮抗した試合が展開されたが、後半21分明治グルービー0番阿部(2年=前橋)がクロスボールにあわせ貴重な同点弾を上げる。
このまま試合は終了し、因縁の明治大学ダービーは勝ち点を1ずつ分け合うことになった。

 

明治大学生田蹴友会 – 中央大学体同連フースバルクラブ

第二試合は残留のために勝ち点の欲しい明治生田と調子を取り戻し波に乗る中央フースバルであった。
前半は中央フースバルが主導権を握りつつも、お互いにチャンスを作り出す見ごたえのある試合となった。
前半はスコアレスで折り返したが、後半14分についに試合が動く。
中央フースバル62番中村(2年=洛南)が左サイドから対角に強烈なミドルシュートを突き刺し先制点を挙げる。さらに中央フースバル78番小竹(1年=新潟明訓)が追加点を挙げて、2-0で中央フースバルが完封勝利を飾った。
中央フースバルは2位に浮上、明治生田は単独の最下位となってしまう結果となった。

52d86477-baa4-4692-81d5-0d1606682a33

早稲田大学FC.GUSTA – 青山学院大学理工サッカー部

第3試合は共にパスサッカーを主軸とするチーム同士の対戦となった。
序盤からお互いにパスをつないで攻め合い、チャンスの多く見られる試合展開となる。
すると後半2分、早稲田グスタ21番三橋(1年=國學院久我山)が右足を振り抜き待望の先制点を挙げる。
その後早稲田グスタは青山理工から猛攻を受けるも、早稲田グスタGK那須(3年=延岡)のPKストップなどもあり、見事シャットアウト。
早稲田グスタはリーグ戦初勝利を飾り、残留へと望みをつないだ。対する青山理工は勝ちで終わるために首位稲穂に打ち勝つことができるのか。

dff78fd3-7a13-4212-ad39-e1230b3fb3c7

立教大学サッカー愛好会 – 早稲田大学稲穂キッカーズ

第4試合は立教愛好会と早稲田稲穂が顔を合わせた。
早稲田稲穂は今節勝利すれば優勝そして連覇が決まる大一番。
優勝への重圧のせいか、試合序盤は立教愛好会が攻め込む時間が続く。
すると、前半8分立教愛好会のシュートボールを早稲田稲穂GKが処理を誤ってしまう。このこぼれ球を98番山本(1年=ヴィッセル神戸U-18)が押し込み、立教愛好会が先制する。
後半になると首位稲穂もリズムを取り戻し攻撃に出る。そして後半30分、早稲田稲穂のこの日2本目となるPKを10番長瀬(3年=國學院久我山)が確実に決めて同点とした。そして勝ち点1を分け合う結果となった。
早稲田稲穂の今節での優勝はなかったものの、最終節で決めることはできるのか。

【第6節】(11月11日)

[Zozopark Honda Football Area]

明治体同連 1–1 明治グルービー
[体]遊馬(30分)
[グ]阿部(56分)

明治生田  0–2 中央フースバル
[フ]中村(49分)、小竹(57分)

早稲田グスタ 1–0 青山理工
[グ]三橋(38分)

立教愛好会 0–2 早稲田稲穂
[立]山本(3分)
[稲]長瀬(65分)

d39a81f6-2bf7-4b1a-a67e-e77fb8f46fe6

 

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.11

【BMOM7】GK山崎亮輔(2年) ビッグセーブ連発でチームを救う

最後の砦 山崎 第5節、7位早稲田大学HUMAN.F.Cは、8位中央大学サッカー同好会と対戦。結果は4-0でHUMANが快勝した。スコアだけを見れば、簡単な試合に見えるが、幾度となくピンチが訪れる危…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.10

【高校別OB座談会vol.1】技巧派集団國學院久我山。文武両道の高校ならではの異様な光景!?

高校別座談会第1弾は言わずと知れた東京都の技巧派集団國學院久我山!左から明治グルービーキッズ 小田島圭吾(2年)、早稲田大学稲穂キッカーズ 長瀬良太(2年)、青山学院大学理工サッカー部 高橋涼…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.31

【同好会基礎情報vol.8】あのJリーグクラブが後援している同好会カテゴリー最大規模の大会「紫京杯」とは?

サッカー同好会カテゴリーでは稀だが、都道府県内No.1を決める大会が京都には存在する。 その名も、京都学生サッカー同好会選手権大会『紫京杯』 毎年8~9月に、60以上の参加チームで行われている同好…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.06

【BMOM71】途中交代ながら持ってる男野々村大輝(2年=東久留米)の一振りで試合を決める!!

先日行われたアットホームカッププレーオフ決勝で日本大学教育サッカーBAMBINO(以下バンビ)は格上である中央大学サッカー同好会(以下サカ同)に対して1-0で劇的な勝利を収めた。 その立…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.24

【新関東リーグ2017・2部B第1節、第2節】明治エスペランサが2連勝、昨年一部同士の対決は中大同好会が土壇場で追いつきドロー決着

第1節は直近のアットホームカップで強豪チームを倒し決勝まで駒を進めた日大法学部(以下日法)と昨年一部早稲田学内戦優勝のHUMAN F.C(以下HUMAN)が激突。雨でピッチが濡れ足を滑らす場面もあった…

read more 高木啓行
コラム 2017.04.27

【マネの想いvol.8】"無冠の代とは言わせない"

–稲穂キッカーズ(以下稲穂)は練習がすごく厳しいことで有名ですよね。 週3回、午前に2時間練習します。早いときは8時から。2時間集中して練習を行います。遅刻は絶対にだめで、1年時からプレマネ関係なく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.14

【BMOM68】門倉怜央(1年=正智深谷) 全国経験者の大きな貢献

先日行われた大東文化大学AVANZRE(以下AVANZRE)と大東文化大学GLANZ(以下GLANZ)による大東文化大学学内戦決勝戦は1点を争う好ゲームを繰り広げた。 前半はGLANZがボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.19

新チーム始動インタビュー第3弾”明治大学Groovykids 竹井伸吾”

昨年度、高い技術を備えたタレント達が躍動し、新関東カップベスト4、明大カップ準優勝や新関東リーグ2位と好成績を収めた明治大学Groovykids。そのタレント軍団を率いた澤井(3年=ジェフ千葉Y)に代…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.07.28

【ユニフォーム特集 nike編】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成ってメーカーやデザイン、ロゴの種類や値段などなど、、悩むポイ…

read more 小川雄矢
コラム 2017.10.18

【BMOM76】小川潤之助(2年=杉並FC) 同好会カテゴリ屈指のハイレベルな闘いでチームを救った守護神!!

新関東リーグ1部第1節最も注目となったカードは間違いなくこの一戦だろう。 現在新関東FLカップとマガジン杯で2冠を収め悲願の三冠に挑む早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と昨年度マガジン杯を制…

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-