【新関東リーグ2017・1部】ベストイレブン

BeYonD 編集部

2017年11月18日、新関東リーグは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の二連覇という形で幕を閉じた。
多くのドラマがあった今大会の中で、活躍した選手からベストイレブンを選出した。

優勝した早稲田稲穂からは最多の5人が選出された。
また、惜しくも選出とはならなかったが、早稲田稲穂の坂梨(3年=早稲田実業)、景山(2年=桐蔭)や中央フースバルの安藤(2年=東福岡)、大石(3年=藤枝東)、立教愛好会の浅田(3年=農大一)などタレントが多く、11人を決めきることが難しかった。

80b3c2a5-6737-44cb-8ded-28020c4c3acb

GK

中央フースバル 小川潤之介(3年=杉並FC)

11e84dd3-1d45-479a-82dd-e5ee75dfd5a8今大会勝負強さを遺憾なく発揮した中央大学フースバルクラブの守護神。多くのビッグセーブでチームを後ろから支え続けた。

コメント: 「個人ではベストイレブンに選んでもらってもチームとしては準優勝という結果だったのは悔しさがあるので、来年は最高のチームメイトと一緒に必ず優勝します!」

DF

青山理工 安藤史弥(3年=座間)

048dcaf5-67ab-423a-9c73-9e61b7134fc3

青山理工の部長、そして不動の左サイドバックとして攻守ともに存在感を発揮。特に最終節の早稲田稲穂戦では、相手を苛立たせるほどの安定した守備で左サイドから目立ったチャンスを作らせなかった。攻撃では64番亦野(3年=八千代)とのコンビネーションからチャンスを演出し続けた。

コメント:「同じくベストイレブンに選ばれた亦野と左サイドで数々の空中戦を制することができ、いい経験になりました。ありがとうございました。」

早稲田グスタ 関慎之介(1年=浦和ユース)

90ce959b-c966-4882-abb0-bb3917a389f0

同好会カテゴリー最強クラスのCB。圧倒的対人スキルと高精度なビルドアップでチームの4位フィニッシュに大きく貢献した。最終節では値千金の決勝点でチームの残留を手繰り寄せた。

コメント:「開幕戦から非常に厳しい戦いが続き、自分たちが思うように勝ち点を伸ばせず苦しかったですが、最後の2試合を勝利で終え、今年の目標であった一部残留を果たすことができました。それに加えて、ベストイレブンにも選んでいただき本当に嬉しく思っています。
p.s.正直言うと、まんをじの選出でした笑」

早稲田稲穂 末永直輝(3年=都立駒場)

1fc0381d-773f-4b7b-83dc-1508756c1342

稲穂の精神的支柱。守備の要でありながら、必要な時にはCFとして点を取りに行くこともでき、気迫溢れる身体を張ったプレーが魅力的。青山理工戦で終了間際に同点ゴールに繋がるPKを獲得したことが印象的だった。

コメント:「リーグ戦優勝そしてベストイレブンに入れて嬉しく思います。本当に厳しいリーグ戦だったというのがまず振り替えってみての感想です。その中でどうやったら勝てるかを全員が模索して行動できたからとれたリーグ戦であり、三ツ葉との厳しい試合に勝つ大きな要素だったと思います。対戦相手にもチームメイトにも感謝を伝えたいです。」

早稲田稲穂 米澤直也(3年=早稲田実業)

ec69c034-d381-4b61-b0c0-f7e77f8d4b47

鉄の心臓を持つ男。稲穂の中でも特に運動量が多い選手。幾度となくクロスを上げてチャンスを演出し、幾度となくピンチを救って来た。この男にスタミナ切れという概念はなかった。

コメント:「マガハイの決勝でひどいプレーをしてしまったので、リーグ戦では必ずチームに貢献したいと思っていた。
結局7試合通して、コンスタントに良いプレーができた。そして、チームが優勝できたことが何よりも嬉しい」

MF

早稲田稲穂 朴賢哲(3年=都立駒場)

8b70594e-bbca-43cd-a04f-6db6678b8601

稲穂のお掃除屋さん。縦に速い分、攻守の切り替えが目まぐるしい稲穂において、献身的にボールに食らいつき、攻撃の根を潰し続けた。

コメント:「ベストイレブンに選ばれて素直に嬉しいです。今年は苦しい試合が多かったですが、チームとして中も外もやるべきことを徹底できたことが結果につながったと思います。個人としては、走って競って粘った結果が出てよかったです。ありがとうございます」

青山理工 亦野陸生(3年=八千代)

e5943871-375d-439a-bbf2-afaa282c9f58

青山理工の笑顔が愛くるしいキャプテン。中盤をどこでもこなし、全試合フル稼働。高い技術と白のモレリアで数々のチャンスを演出していった。第3節明治生田戦では鮮やかな直接FKでゴールネットを揺らし、貴重な勝ち点を得た。

コメント:「新関東リーグお疲れ様でした!」

早稲田稲穂 長瀬良太(3年=國學院久我山)

45dcbd6c-3b65-4e41-be5e-a8b65be46e4a

稲穂の王様。圧倒的なサッカーセンスを持ち、今大会4得点の活躍。稲穂の王様として君臨した。

コメント:「個人的にもチーム的にも1番苦しみましたが、結果的に獲れて良かったです。敬愛するbeyondさんのベストイレブンも最後と思うと、悲しいです。お疲れ様でした。」

立教愛好会 藤田和也(3年=暁星国際)

d40f2b2b-7086-419a-92d5-efe1376a43a8

正確な左足と、アジリティを活かしたカットインから多くの決定機を作り出したレフティモンスター。何度も観衆を沸かせた左足は同好会カテゴリートップクラスだろう。

コメント:「今シーズンを通して数字や結果を残すことを一つの目標にしていたので、それがベストイレブンという素晴らしい形として現れたことを嬉しく思います。ありがとうございました。」

FW

早稲田稲穂 中島剣士郎(1年=早稲田本庄)

a37800ae-c425-4d12-acf8-977d61823ce0

1年生ながらチームにしっかりとマッチし、今大会5得点の活躍。今シーズン、稲穂が接戦をものにできたのは彼の加入があったからといっても過言ではない。今後の進化にも期待したい。

コメント:「ベストイレブンという賞を貰えて非常に嬉しいです。史上初の三冠日本一た少しでも関われたことを自信に、引退する3年生のサッカー選手としての自覚をこれからも見習いつつ、人としても大きく成長していきたいです。」

明治体同連 遊馬幹彦(3年=熊谷西)

9e9affc2-f9ec-42bd-b9b3-5f97c11e286a

貪欲にゴールを狙い続ける明治体同連のストライカー。細かいタッチのドリブルと恵まれたスピードで常に攻撃の中心であり続けた。

コメント:「ベストイレブンに選んでいただけて光栄です。リーグ期間中食事にも気をつけていたので、自分へのご褒美として餃子食べ放題に行ってくることにします。」

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ 早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ 明治大学 体同連サッカー部のチームページ 青山学院大学 理工サッカー部のチームページ 立教大学 サッカー愛好会のチームページ 中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.10.24

【BMOM136】シャバシュ哲生(2年=暁星)豪華絢爛たる早稲田稲穂のキーマン!

2019年10月19日、新関東リーグが幕を開けた。2試合目の対戦カードである早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と明治大学生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)の戦いは早稲田稲穂が3得点を挙げ完…

read more 高橋佑輔
コラム 2021.04.02

[新歓記事2021]vol.8 立教大学・青山学院大学・上智大学サッカーサークル

本日は、立教大学・青山学院大学・上智大学の3大学、全7チームについて紹介していきます!   立教大学サッカー愛好会 ・大学名チーム名 立教大学サッカー愛好会 ・サークルを一文…

read more 青木優太
コラム 2022.12.06

【新関東リーグ2022・1部・最終節マッチハイライト】遂に最終節を迎えた1部リーグ。最後に笑うチームはどこだ!?

新関東リーグ2022・1部最終節は12/3,4の2日に分けて開催された。また、雷雨の影響で延期となった第6節早稲田大学HUMANFCvs早稲田大学稲穂キッカーズの試合は、12/5に開催された。 12…

read more 大田智輝
コラム 2018.11.10

【BMOM115】津幡康樹(3年=八千代) 首位を走る中央フースバルを支える影の大黒柱が活躍!!

11月3日土曜日、鹿島ハイツで行われた1部リーグ5節は首位維持のために勝ち続けたい中央大学体同連フースバスクラブ(以下:中央フースバル)と残留するために勝ちたい慶應大学キッカーズクラブ(以下:慶應キッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.02.12

【BeYonD?×Criacaoイベント】新3年生幹部が集結!!リーダーズカレッジ

2019年1月16日(水)西新宿にあるCriacaoオフィスにて 新関東リーグに所属するサッカーサークルの新3年生幹部30名集めたリーダーズカレッジが行われた。 今回はそのリーダーズカレッジで…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.24

【新関東FL2部自動昇格戦】マッチプレビュー 最高峰の舞台”新関東1部”へ昇格するのは

先週19日に、最終節を消化した新関東FL2部。各ブロック1位のみが1部昇格の道を許された狭き門をくぐり抜けたのはAブロックからは慶應義塾大学キッカーズFC(以下慶應キッカーズ)、Bブロックからは大方の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.08.29

【高校生必見!】体育会ではなく、サークルであることの意味とは?

8月17日、都内会議場にてプレイヤーズカレッジ・マネージャーズカレッジ、通称プレ・マネカレが開催された。   プレ・マネカレとは、様々な大学サッカーサークルの代表者が集まり、各サ…

read more 東 孝太郎
コラム 2018.06.08

【BMOM97】大木優(1年=慶應志木)が2アシストの活躍!立教愛好会撃破の立役者に!

[06.02 新関東カップ 2018 準々決勝  慶應e.l.f. 3 - 0 立教愛好会 ZOZO PARK HONDA FOOTBALL] 3回戦で同じ慶應大学で1部所属の慶…

read more 高橋佑輔
コラム 2018.10.19

【BMOM107】小田島圭吾(4年=國學院久我山)開幕戦での貴重な同点ゴール! 今年もこの男が新関東を盛り上げる!!

明治大学Groovykidsは昨年、チーム史上初の2部降格。 この試合、悲願の1年での1部昇格のために、どうしても勝ち点3が欲しいところだ。 しかし、序盤から早稲田大学HUMAN.FCに主…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.14

【BMOM62】長瀬良太(3年=國學院久我山) エースの自覚!圧巻の2ゴールで稲穂を3年連続決勝の舞台へ導く!

新関東カップ2017準決勝で早稲田稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は立教サッカー愛好会と対戦し、見事決勝進出を果たした。3連覇への王手をかけたこの重要な一戦で、背番号10はいつも以上に輝きを放っていた。長…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-