【新関東リーグ2019・第4節マッチハイライト】集中開催初日終了!まだまだ優勝も残留もわからない!

BeYonD 編集部

2019年11月3日、鹿島ハイツにて新関東リーグが開催された。今シーズン二回目の集中開催となった今節。
第3節までが終了し、優勝争いの勢力と残留争いの勢力が分かれるようになった。
そのような面で、今回の集中開催は優勝や残留をできるだけ確定させるために重要な連戦となる。

第1試合は早稲田大学FC GUSTA(以下:早稲田グスタ)対早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の早稲田ダービー。
同校の因縁のライバルというだけでなく、両チームとも優勝争いをしている。優勝争いの面でもプライドの面でも絶対に負けられない一戦となった。
前半10分早稲田稲穂20番豊田(2年 =幕張総合)が左足で持ち出すと思い切りよく振り抜き先制。早稲田稲穂が幸先よく先制する。
続く23分には早稲田グスタ18番杉本(2年=FC栗の木)がこぼれ球を押し込み試合を振り出しに戻す。
勢いに乗ったグスタは28分に14番三橋(3年=國學院久我山)が放ったFKがそのまま吸い込まれ逆転に成功。後半は互いに激しい球際、攻守の切り替えを見せるもスコアは動かず試合終了。グスタが去年に続き因縁の早稲田ダービーを制した。

第2試合は明治大学生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)対早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)の対戦。
お互い勝てば上位、負ければ残留争いと重要な試合となった。
前半30分に早理の10番内城(3年=町田)が待望の先制点をマーク。
しかし32分には明治生田番呉(3年=かえつ有明)が振り出しに戻す。
後半10分またしても早理、内城のボールからから8番植野(3年=早大本庄)が引き離す。
22分に明治生田番山本(2年=日大藤沢)が再度追いつくが、28分早理34番出原(2年=千種)が逃げ切り達成。

939ac793-cf8f-46c1-be8f-24a1cdbd98d3

第3試合は優勝を狙うにはどうしても勝ちが欲しい明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)対マガ杯準優勝である立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)の対戦。
先手を取ったのは明治体同連。前半15分番辻(3年=三鷹)に幸先よく先制点を挙げる。
追いつきたい立愛だが、明治体同連の身体を張った守備をこじ開けることができずにタイムアップ。明治体同連が貴重な勝ち点3を手に入れた。

第4試合はマガ杯王者である中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フース)対昇格組である明治大学ESPERANZA(以下:明治エスペ)の対戦。
中央フースは華麗なパスワークから最後は9番小竹(3年=新潟明訓)が先制点をマーク。
明治エスペはしっかりと守備ブロックを敷き奪ったらシンプルなカウンターで攻め込む。
中央フースは終始主導権を握ってはいるものの追加点を挙げる事が出来ない。
そして一瞬の隙をついたカウンターで明治エスペは41番神山(3年=座間)が値千金の同点弾。
そのままスコアレスで試合終了。

【第4節】(11月2日)

[鹿島ハイツ]

稲穂 1-2 グスタ

[稲]豊田
[グ]杉本 三橋

早理 3-2 明治生田

[早]内城 植野 出原
[生]呉 山本

明治体同連 1-0 立愛

[体]辻

中央フース 1-1 明治エスペ

[中]小竹
[エ]神山

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.07.05

【BMOM102】小竹直輝(2年=新潟明訓)決勝戦で1G1A!初優勝の立役者に!!

7/1(日)、埼玉スタジアム2002第4グラウンドにて、新関東カップ2018の決勝戦が行われ、早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が対戦。 後半…

read more 遠藤瞭介
コラム 2017.07.04

【高校別OB座談会vol.4】昌平高校OB座談会 コメコメクラブとは?

激戦区の埼玉県で全国常連校となりつつある昌平高校。 つい先日行われたインターハイ埼玉予選決勝で4-1で勝利し見事全国への切符を手にした。そんな昌平高校OBに高校時代の思い出や現在のサークルについて語…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.29

【特別企画】プレマネ必見!!胸キュン仕草まとめました!!

こんにちはBeYonD編集部です。     もう6月も末ですね、、、     夏です。っていうか梅雨真っただ中です。。。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.12.16

【新関東リーグ2021・1部】大会総括

10月16日に開幕した『新関東リーグ・1部』は、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝で幕を閉じた。   2021年明治安田生命J1リーグでは、川崎フロンターレの歴史…

read more 東 孝太郎
コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.28

1マネが語るサッカーサークルのイメージとは?

今回は、この夏新たにサークルデビューした 3人の1マネにサッカーサークルについてインタビューしました。   サッカーサークルを選んだ理由や印象、実際入ってみて感じたことなど…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.21

【新関東カップ2018】新人賞

絶対王者、早稲田稲穂キッカーズ(以下、早稲田稲穂)の4連覇を阻止した中央大学フースバルクラブ(以下、中央フースバル)の初優勝で幕を閉じた新関東カップ2018。 4月に大学生になったばかりで加入して間…

read more 遠藤瞭介
コラム 2018.03.08

【スポンサー企業紹介vol.1】同好会カテゴリーは誰しもお世話になっているこの企業!

BeYonDをサポートしてくださっている企業の紹介記事の連載を開始します!!   どのような想いでBeYonDをサポートしてくださっているのか、 どのような想いで大学サッカ…

read more 森井 貴弘
コラム 2020.05.10

【チーム特集】中央大学サッカー同好会

  今回は【インスタ企画 良い写いいね大会第二グループ】において、 3430いいねを獲得し見事優勝に輝いた「中央大学サッカー同好会」にインタビューしました。 会長の阿部拓哉…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.04.03

【新歓記事2021】vol.9東洋大学・明治学院大学サッカーサークル

  こんにちは! 新歓企画第9弾の今回は東洋大学から3チームと明治学院大学のサークルを紹介します!! まずは東洋大学から!   東洋大学FC.Libert…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-