【新関東リーグ2017MVP】やんちゃな王様から、真の王様へ。早稲田稲穂、長瀬が新関東リーグ2017MVPに輝く。

BeYonD 編集部

新関東リーグ1部2017が閉幕。優勝した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が東西対抗戦も制し、日本一に輝いた。

優勝した早稲田稲穂から、攻守ともに気迫溢れるプレーでチームを牽引したMF10番、長瀬良太(3年=國學院久我山)がMVPを獲得。

image

新関東リーグを通して、王者らしい盤石な試合運びを見せた早稲田稲穂の中心に居続けたのが長瀬であった。
攻守ともに運動量が求められる稲穂のサッカーにおいて、走力、フィジカル、決定力に優れた長瀬のプレーは見るものを感嘆とさせた。

「10番になったことで去年より自分が試合を決めなければと思い、責任感が増しました」とコメントしてくれた通り、
特筆すべきは長瀬の精神面での成長であろう、昨年度は相手のラフプレーやヤジに対して熱くなり、一発退場をするゲームもあったが、今年は7試合通して貰ったカードは1枚のみ。
現4年がチームを離れ、名実共にエースになった長瀬の自分がチームを引っ張らなければいけないという思いは全面に伝わってくるものだった。

新関東カップ、マガジン杯を制し、早稲田稲穂最大の目標である、未だ嘗てどのチームも成し遂げていない3冠日本一が目前に迫った。
新関東リーグに向けて長瀬は「今年カップ戦とマガハイの二冠を獲ってきて、リーグ戦を獲れば悲願の3冠を達成できるということで、これまで以上に気持ちが入っていました。2冠を獲ったことで、他チームからの稲穂を倒すという意気込みが凄かったので、それを上回るために2冠を獲ったことを忘れて、チーム全体として一から戦おうと決めました
と目標達成のために、チームを引き締めた経緯を語った。
長瀬の言葉通り、初心に帰った早稲田稲穂は、どのチームよりもアグレッシブに戦っていた。しかし、強豪揃いの新関東1部において楽な試合は1試合もなかった。

リーグ戦について長瀬は「1年を通してリーグ戦がチーム的にも、個人的にも1番しんどかったです。各チームの対策をしたり、3冠へのプレッシャーから思うような試合運びができませんでした」
とリーグ戦の難しさを話してくれた。
そんな中で優勝に向けてターニングポイントになった試合について長瀬は明治体同連戦を挙げた
「体同連との試合は首位攻防戦というだけでなく、1人少ない状況で勝ち切れたのが大きかったと思います」

image

エースの重圧、副キャプテンとしての責任は計りしえないものだ。長瀬は支えてくれた、最も感謝を述べたいチームメイトとして末永(3年=都立駒場)、米澤(3年=早稲田実業)の名前を挙げた。
「自分と同じ副キャプテンの米澤とキャプテンの末永はプレーはもちろんのこと、ピッチ外でもチームを引っ張ってくれました。新チーム発足時から3人でチーム作りをしてきて3冠日本一が取れましたが、実際には2人の頑張りのおかげです。2人が居てくれたから、自分は自由にやれたと思います。3人での話し合いの途中に何度も寝てごめんなさい(笑)。3冠日本一の景色は涙で滲んでしまったらしいけど、米澤と末永含め、チーム全員に最高の景色を見せることができて良かったです」と謝辞を述べた。

最後に来年の新チームに向けては
「特に言わなくても分かっているとは思いますが、結果に捉われすぎないで、自分たちの色を出して楽しんで欲しいです。自分達を超えられるし、超えて欲しいです。あと、来年の10番にもやんちゃは卒業してもらいたいですね(笑)」
と先輩として早稲田稲穂の新10番 景山(2年=桐蔭)への期待を述べた。

長瀬はカップ戦MVP、マガハイ得点王、新関東リーグ1部2017MVPと今年の個人タイトルを総なめにした。
今後、長瀬のように同好会カテゴリーのスター選手が続々と現れることをBeYonD編集部として期待したい

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ 【新関東リーグ2017MVP】やんちゃな王様から、真の王様へ。早稲田稲穂、長瀬が新関東リーグ2017MVPに輝く。のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2020.11.07

【新関東リーグ2020・1部第3節マッチハイライト】連勝か、初勝利か。絶対に負けられない戦いの行方は?!

11月7日、新関東リーグ2020・1部第3節@鹿島ハイツの速報がこちら。 ①中央大学フースバルクラブ VS 早稲田大学HUMANF.C. (以下:中央フースバル、早稲田ヒューマン) 開幕2連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.25

【新歓記事2021】vol.1 早稲田大学サッカーサークルその1

サッカーサークルに入りたい!マネージャーとして選手をサポートしてみたい!そんな風に思っているけれど、迷ってしまっている新入生の皆さん! 今年も新型コロナウイルスの影響下で、サークル選びの判断材料が少…

read more 後藤直也
コラム 2017.07.08

【新関東カップ2017】大会総括(MVP、得点王)

4月29日に始まり、2カ月に及んだ新関東カップ2017は早稲田大学稲穂キッカーズの大会3連覇という形で幕を閉じた。 今回はその大会を簡単に振り返り、大会MVPと得点王の選手を紹介していく。 &…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.11.20

【新関東リーグ2022・1部・5節マッチハイライト】終盤戦に向け、勢いをつけたのはどのチームだ!?

中央大学体同連フースバルvs早稲田理工サッカー部 前半は互いに譲らず0-0で終える。後半22分中央フースバル27番大久保廉(2年=新潟明訓)のロングフィードに抜け出した33番大塚信太朗(2年=座間)…

read more 大田智輝
コラム 2018.11.10

【BMOM115】津幡康樹(3年=八千代) 首位を走る中央フースバルを支える影の大黒柱が活躍!!

11月3日土曜日、鹿島ハイツで行われた1部リーグ5節は首位維持のために勝ち続けたい中央大学体同連フースバスクラブ(以下:中央フースバル)と残留するために勝ちたい慶應大学キッカーズクラブ(以下:慶應キッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.25

【BMOM78】浅田拓郎(3年=農大一高)怪我からの完全復活を果たしたこの男が試合を決めた!

新関東リーグ1部第2節、立教大学サッカー愛好会(以下立愛)と中央大学体同連フースバルクラブ(以下フース)の一戦が行われた。 前節、明治大学生田蹴友会に3-0で勝利し、初戦から調子の良い立愛は、今節で…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.30

新チーム始動インタビュー第4弾”明治大学体同連サッカー部 青木聡汰”

2年前、アットホームカップを制し日本一を勝ち取った明治大学体同連サッカー部。翌年、マガ杯で3位入賞となるものの無冠の1年となった。リーグ戦では最終節に土砂降りの中、青山理工に劇的勝利し残留をもぎ取った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.11

【特別企画】マガハイ髪の毛特集!その名も”マガ髪”

こんにちは! 今回はマガハイ特別企画ということで、 マガハイ参加者の髪型特集をしていきたいと思います!   「普段はオシャレな髪型なんて興味ない」 「バイトの関係で染められ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.15

【BMOM116】苅部杜行(3年=新潟明訓)帰ってきたフースバルの心臓が優勝の立役者に!

11月11日、鹿島ハイツ第5グラウンドにて1部リーグ第6節、中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)VS 明治大学生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の試合が行われた。 中央フースバル…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-