【新関東リーグ2017MVP】やんちゃな王様から、真の王様へ。早稲田稲穂、長瀬が新関東リーグ2017MVPに輝く。

斉藤 耕兵

新関東リーグ1部2017が閉幕。優勝した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が東西対抗戦も制し、日本一に輝いた。

優勝した早稲田稲穂から、攻守ともに気迫溢れるプレーでチームを牽引したMF10番、長瀬良太(3年=國學院久我山)がMVPを獲得。

image

新関東リーグを通して、王者らしい盤石な試合運びを見せた早稲田稲穂の中心に居続けたのが長瀬であった。
攻守ともに運動量が求められる稲穂のサッカーにおいて、走力、フィジカル、決定力に優れた長瀬のプレーは見るものを感嘆とさせた。

「10番になったことで去年より自分が試合を決めなければと思い、責任感が増しました」とコメントしてくれた通り、
特筆すべきは長瀬の精神面での成長であろう、昨年度は相手のラフプレーやヤジに対して熱くなり、一発退場をするゲームもあったが、今年は7試合通して貰ったカードは1枚のみ。
現4年がチームを離れ、名実共にエースになった長瀬の自分がチームを引っ張らなければいけないという思いは全面に伝わってくるものだった。

新関東カップ、マガジン杯を制し、早稲田稲穂最大の目標である、未だ嘗てどのチームも成し遂げていない3冠日本一が目前に迫った。
新関東リーグに向けて長瀬は「今年カップ戦とマガハイの二冠を獲ってきて、リーグ戦を獲れば悲願の3冠を達成できるということで、これまで以上に気持ちが入っていました。2冠を獲ったことで、他チームからの稲穂を倒すという意気込みが凄かったので、それを上回るために2冠を獲ったことを忘れて、チーム全体として一から戦おうと決めました
と目標達成のために、チームを引き締めた経緯を語った。
長瀬の言葉通り、初心に帰った早稲田稲穂は、どのチームよりもアグレッシブに戦っていた。しかし、強豪揃いの新関東1部において楽な試合は1試合もなかった。

リーグ戦について長瀬は「1年を通してリーグ戦がチーム的にも、個人的にも1番しんどかったです。各チームの対策をしたり、3冠へのプレッシャーから思うような試合運びができませんでした」
とリーグ戦の難しさを話してくれた。
そんな中で優勝に向けてターニングポイントになった試合について長瀬は明治体同連戦を挙げた
「体同連との試合は首位攻防戦というだけでなく、1人少ない状況で勝ち切れたのが大きかったと思います」

image

エースの重圧、副キャプテンとしての責任は計りしえないものだ。長瀬は支えてくれた、最も感謝を述べたいチームメイトとして末永(3年=都立駒場)、米澤(3年=早稲田実業)の名前を挙げた。
「自分と同じ副キャプテンの米澤とキャプテンの末永はプレーはもちろんのこと、ピッチ外でもチームを引っ張ってくれました。新チーム発足時から3人でチーム作りをしてきて3冠日本一が取れましたが、実際には2人の頑張りのおかげです。2人が居てくれたから、自分は自由にやれたと思います。3人での話し合いの途中に何度も寝てごめんなさい(笑)。3冠日本一の景色は涙で滲んでしまったらしいけど、米澤と末永含め、チーム全員に最高の景色を見せることができて良かったです」と謝辞を述べた。

最後に来年の新チームに向けては
「特に言わなくても分かっているとは思いますが、結果に捉われすぎないで、自分たちの色を出して楽しんで欲しいです。自分達を超えられるし、超えて欲しいです。あと、来年の10番にもやんちゃは卒業してもらいたいですね(笑)」
と先輩として早稲田稲穂の新10番 景山(2年=桐蔭)への期待を述べた。

長瀬はカップ戦MVP、マガハイ得点王、新関東リーグ1部2017MVPと今年の個人タイトルを総なめにした。
今後、長瀬のように同好会カテゴリーのスター選手が続々と現れることをBeYonD編集部として期待したい

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ 【新関東リーグ2017MVP】やんちゃな王様から、真の王様へ。早稲田稲穂、長瀬が新関東リーグ2017MVPに輝く。のチームページ

Written by

斉藤 耕兵

Kohei Saito

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.01.11

【美女マネ特集vol.12】第12回の今回はユニオンリーグに所属し、今年で44期を迎えるワールドなあのチームのマネ!

  こんにちは!   新年も最高のスタートを切った美女マネです!   いや~それにしても青森田中、あ、、青森山田強かったですね~!! …

read more 上野澄人
コラム 2017.08.18

【文教大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

1番桐ヶ谷(3年=久喜北陽)はビッグセーブを連発し、ゴール前の番人となった。優勝の立役者はこの人に違いない。 10番関(1年=千葉経済大学附属)は豊富な運動量と共に、攻撃のリズム…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.12

【BMOM20】長瀬良太(2年) 稲穂の次期王様が1ゴール1アシストの活躍で三ッ葉キッカーズをねじ伏せる

次世代の王様 強風のなかで行われた東西対抗戦は、新関東FLを全勝で優勝した稲穂キッカーズが関西の三ッ葉キッカーズに押し込まれるかたちとなった。前半27分、劣勢の中10番今井(3年=都立駒場)のニアへ…

read more 古平 翔太
コラム 2017.02.07

【BMOM23】‪石井諒(2年=桐蔭学園)‬ ‪爽やかな笑顔とボールコントロールが魅力的な石井がリコタイ攻撃陣を牽引し、新シーズンを彩るタイトルを獲得した!!‬

新人戦2年生大会の決勝は慶應義塾大学理工体育会サッカー部Champagena FC(以下リコタイChampagena)が法政大学Irishを0-3で下し、プレミアカップ準優勝の雪辱を果たし、見事優勝を…

read more 古平 翔太
コラム 2016.12.16

サッカー同好会都市伝説!?Premier Cupを制する者はマガ杯を制す!

いよいよ明日! 12月17日(土)~18日(日)の二日間で【Premier Cup EAST in 波崎】が開催されます。   そこで今回はPremier Cupについて耳寄り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.13

【新関東リーグ2021・1部第7節マッチハイライト】リーグ戦終盤!どのチームも落とせない一戦の行方は!?

11月13日(土)に新関東リーグ第7節が矢田部Gで行われた。結果は以下の通り。 第1試合目は、早稲田ダービー。昨シーズン優勝争いを共にした早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学…

read more 早坂
コラム 2019.03.27

【新歓記事2019 vol.3慶應義塾大学 その1】

慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 ・大学・チーム名 慶應義塾大学・慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 ・自分達のサークルを一文で表すと! 熱盛 ・チームの理念・モットーは?…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.17

【新関東リーグ2017・2部Bブロック第1節、第2節】明治エスペランサが2連勝、昨年一部同士の対決は中大同好会が土壇場で追いつきドロー決着

第1節は直近のアットホームカップで強豪チームを倒し決勝まで駒を進めた日本大学法学部サッカー部(以下日法)と昨年一部早稲田学内戦優勝の早稲田大学HUMAN F.C(以下HUMAN)が激突。雨でピッチが濡…

read more 高木啓行
コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more 浅川大樹
コラム 2020.11.07

【新関東リーグ2020・1部第3節マッチハイライト】連勝か、初勝利か。絶対に負けられない戦いの行方は?!

11月7日、新関東リーグ2020・1部第3節@鹿島ハイツの速報がこちら。 ①中央大学フースバルクラブ VS 早稲田大学HUMANF.C. (以下:中央フースバル、早稲田ヒューマン) 開幕2連…

read more 小川雄矢

-PICKUP CIRCLE-