【美女マネvol.28】水色のユニフォームが似合う!MGC準グランプリの実力派マネが登場!!

高橋佑輔

みなさんこんにちは!

 

 

桜の季節も終わり、暑い日が続いてますね!街ももう新緑に包まれています!

 

 

新歓期も終盤にかかり、皆様のところにも春が訪れているのではないのでしょうか?笑

 

 

そしてBeYonDでは皆様お待ちかねのこのコーナーです!!!

 

 

美女マネ特集!!こ無沙汰しております!

 

 

本日紹介するのは、、、、

明治大学御茶ノ水FC 4年 高橋里奈さんです!!

 

e3edf13b-91c4-4298-bf7e-17a06f04f3b7

 

この表情!!

かわいいです!!!

 

8095ed2e-acfd-43ff-ba9f-3a9694918eaa

 

なんと高橋里奈ちゃんは明治大学ガールズコレクション準グランプリの受賞経験もあるそうです!!

 

 

この横目使い!!さすがの一言の表情ですね!

 

 

こんな目で見られたら、世の男はたまったもんではない!

 

 

 

0798ca6d-5878-468b-a9e2-386d5ec91e7e

「彼女とブランコデートなう」に使っていいよ。

 

 

–Q & A コーナー–

今回は高橋里奈さんにインタビューしました!

Q. サークルに入ったきっかけは?

A. 同じ学部の子から誘われたことです!年会費とかサー費とか一切かからないから、とりあえず入ってみない?って言われて、なんとなくで入ったんです。だから、まさかマネ長になるとも、今まで続けるとも思っていませんでした!笑

 

Q. サークルでの1番の思い出は?

A. うーーんいっぱいある…笑
でも1番は、今年の夏合宿です!夏合宿は毎年幹部交代があって、私もマネ長を引退したのですが、サプライズで「最高の1年だった」って書かれたケーキを貰って…大号泣でした。先輩後輩同期、みんなすごく温かくて、その温かさに支えられた1年間だったなって再認識しました。

 

Q. 好きな芸能人は?

A. 石原さとみ!永遠の憧れです。笑

 

Q. MGCに出場しての感想

A. 出て良かった。
これが率直な感想です。
MGC は私の人生のなかで大きな節目になる出来事だと思います。自分を変えられただけでなく、予想以上に沢山の人に支えられていることや、感謝の気持ちをちゃんと伝える大切さにも気付くことができました。色々な面で成長させてくれる良い機会になったと思います。広研のみんなと、支えてくれた全ての人に感謝でいっぱいです。

 

Q. 最近一番感動したこと

A. MGCで準グランプリを取れたこと、そして多くの人がそれを自分のことのように喜んでくれたことです。努力が実った感動は勿論、泣いて喜んでくれた人、祝福のメッセージや声をかけてくれた人にもとても感動しました!

3bc538d8-9cdf-4353-bc15-3e849203f28d

Q. マイブームは?

ドラマ鑑賞!今シーズンは5本くらいみてます笑
録り溜めしてオフの日に一気にみるのが好きです!

 

Q, これだけは苦手!

A. 毛虫!この文字を見るだけで鳥肌です、、、笑

 

ありがとうございました!!

こんなマネージャーがいたら、暑い夏のサッカーも乗り切れそうですね!!

 

これからも高橋里奈さんの活躍を期待します!

 

d79283c4-889f-45f1-a50b-e0f19793e13a

 

最後に、きゃわいい!

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2018.04.09

【新歓記事2018 vol.7】 法政大学のチーム紹介

毎年、激アツな学内戦を繰り広げてくれる数多くの法政大学サッカーサークル チームによって雰囲気が全然違うので、新入生は要チェック! 法政大学学団連サッカー部 ・自分達のサークルを一…

read more 篠田 麻衣
コラム 2017.05.26

【BMOM44】柴田拓海(3年=東山) “攻守に躍動したCRACKSの頼れるキャプテン”

【関西同好会トーナメント1回戦】 立命館大学FC.CRACKS(以下CRACKS) vs 立命館大学 FC原谷(以下原谷) 奇しくも立命館ダービーとなったこの一戦のヒーローは紛れもなくCR…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.11

【美女マネ特集vol.1】記念すべき第1回はこの夏日本一に輝いたあのチームのマネ!!

ついに始まった夢の企画。 同好会カテゴリーに所属する全プレーヤーが この日を待ちわびていたといっても過言でしょう。   はい、過言です。 しかし、この日のためにボー…

read more 上野澄人
コラム 2017.02.19

【BMOM26】諸井悠理 (1年=鹿島学園) 「最高峰のスーパールーキー」

2月16日に行われた日本大学学内戦決勝トーナメント。決勝戦まで勝ち上がったのは日本大学教育BAMBINO Bと日本大学法学部サッカー部だった。 日大法学部は前半に先制されるものの、直後に1点を返し試…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.13

【新関東リーグ2017・1部】ベストイレブン

2017年11月18日、新関東リーグは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の二連覇という形で幕を閉じた。 多くのドラマがあった今大会の中で、活躍した選手からベストイレブンを選出した。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.24

【チームの根vol.7】”つなぎ役” World Cup Kickers 屋久凌馬(4年=市立浦和)

チームの根第7弾は、ユニオンリーグから初参戦の早稲田大学World Cup Kickers(以下:ワールド)。ユニオンリーグの強豪を会計兼副キャプテンとしてチームを支えた男を取材した。 早稲田大学W…

read more 金子樹
コラム 2018.04.19

【新歓記事2018 vol.9】日本大学のチーム紹介

第9弾は日本大学のサッカーサークル紹介です! 日本大学教育サッカーBAMBINO ・自分達のサークルを一文で表すなら (笑) ・大学、チーム名 日本大学教育サッカーBAMBINO…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.21

【同好会基礎情報vol.6】夢のグアムへの切符をかけて…”Guam Championship”とは?

大学生のみなさんなら長期休みを利用して、一度は"海外でバカンスしてみたい" なんて考えたりしますよね? ハワイ、セブ島、サイパン、グアム… もしもサッカーの大会で優勝したらグアムに行…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.25

【BMOM29】市林佑亮(2年=上溝南) 「精密機械レフティー」

実力が拮抗した専修大学学内戦。 今年の専修大学学内戦は昨年の決勝で惜しくも優勝を逃したPink Monky'sがリベンジを果たし、専修NO.1に輝いた。 Pink Monky'sはタレント揃い…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.16

【BMOM64】桑垣誓広(2年=大社) 関西を代表する怪物級ストライカー

6月10日、関西同好会サッカートーナメントの決勝戦が同志社大学京田辺キャンパスにて行われた。 前半から激しい球際の攻防、確かな技術でこの大会1番の好ゲームとなったこの試合を制したのは京都産業大学ON…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-