【BMOM107】小田島圭吾(4年=國學院久我山)開幕戦での貴重な同点ゴール! 今年もこの男が新関東を盛り上げる!!

川瀬日明

明治大学Groovykidsは昨年、チーム史上初の2部降格。

この試合、悲願の1年での1部昇格のために、どうしても勝ち点3が欲しいところだ。

しかし、序盤から早稲田大学HUMAN.FCに主導権を握られ、先制点を奪われてしまい、ピッチ内に嫌なムードが漂う。

そんな中、ワンプレーで流れを変えたのがこの男だ。そう、おなじみ”重戦車”小田島である。

ペナルティエリア中央付近でボールを受け、得意のカットインから得意の右足を振り抜き、ゴール左隅へ一閃。小田島らしい強引な突破からの抑えの効いた素晴らしいシュートであった。

 

d618366f-8c2c-462c-a3bd-e077ff7af67a

 

まずは、小田島に開幕戦について振り返ってもらった。

 『開幕戦で緊張もあり、チーム全体が上手く試合に入れていませんでした。そのまま前半に先制点を喫して悪い流れでしたが、何とか同点ゴールを決めて引き分けに持ち込む事が出来て良かったです』

次に、得点シーンを振り返ってもらった。

『20番中司(4年=國學院久我山)からパスを受ける前から、シュートを意識していて、切り返しで相手を上手く外せたので、思い切って振り抜きました』

また、今後のリーグ戦での抱負にも聞いてみた。

『あくまでも一年で一部昇格を目標でやってきたので今回引き分けにできたことを無駄にせず、一戦一戦すべて勝ち切るつもりでやっていきたいです。自分としても得点で貢献していきたいです』

なんとも頼もしいエースのコメントである。

ピッチ外での存在感の薄さはさておき、ピッチ内では誰よりも輝く彼には注目すべきであろう。

 

7ef93157-3ed1-4dd0-99af-dad37fd2f5d4

 

最後に、Groovykidsの注目選手について語ってもらった。

『18番の原田(1年=清水桜ヶ丘)です。得点を取る能力が非常に長けています。1年生というプレッシャーもあると思うが、気負わずに残りの試合も存分に暴れてほしいです。期待してます』

1年から試合に出続けている小田島。そんな小田島からの称賛を受ける原田も、小田島のように新関東リーグで圧倒的な存在感を放つ選手に育っていって欲しいものである。

小田島より多彩なプレーの幅を持つ原田は、小田島を”重戦車”とするなら、”高性能戦車”と称したい。”高性能戦車”原田のこれからのプレーにも期待していきたい。

補足だが、新関東リーグ随一のタレント集団Groovykidsのプレーはもちろん注目の的であるが、80名を超える大応援団によって繰り出される新関東名物グルービーの”ガヤ”にも注目だ!!

明治大学 Groovy kidsのチームページ

Written by

川瀬日明

kawase

Keywords

Recommend

コラム 2017.05.23

【BMOM41】伊東大地(3年=勝田)長身から繰り出される多彩なプレーでチームを勝利に導く!

新関東カップ2017 2回戦東京理科大II部(以下理科大)vs日本大学経済学部サッカー部(以下日経)との試合は日経が2-1で勝利を収めた。日経が理科大DFを圧倒する場面があったがその中心にいたのが伊東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.02

【BMOM54】安東尚宏(2年=國學院久我山)久我山仕込みのテクニック!オレンジ軍団の新10番が攻撃を牽引する!!

早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)が同大学の早稲田理工サッカー部(以下:早理)を4-0で破ったこの試合。 歓喜の輪の中心にいたのはハットトリックを決めたグスタの新10番安東尚宏(2年=國學院…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.28

【BMOM17】鷲田正英(3年) 生田キラーが全得点に絡む活躍で2度目の1部昇格を決める

快速ウインガー 涙のラストラン   新関東FL2部Bを無敗で優勝した早稲田大学FC.GUSTAは、先日行われた1部昇格戦で2部A王者の明治生田と対戦した。 2年前の昇格戦と同カード…

read more 古平 翔太
コラム 2017.03.17

【高校別OB座談会vol.2】専修大学松戸高校OB座談会!フィジカルトレーニングを講座でサボる!?週に一度の名物「朝座禅」の思い出も

久我山座談会に引き続き、高校別座談会第二弾! 昨年、関東大会にも出場し、選手権予選ではインハイ準優勝の流経柏高校と熱戦を繰り広げた専修大学松戸高校のOBの5選手が登場!左から専修大学Sefida…

read more 古平 翔太
コラム 2018.07.20

【新関東カップ2018MVP】選ばれたのはこの男…!?

例年の新関東カップは早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が三連覇を果たしていて、今年も早稲田稲穂が四連覇目を果たすかと思われていた。 この前人未到の四連覇を打ち壊し、優勝したのが中央大学体同連フ…

read more 寺島直哉
コラム 2019.04.24

【サークル × 体育会イベント】早稲田大学ア式蹴球部 須藤友介『サークルと体育会の見えない壁を壊す』

3/27(水)に大学サッカー界新たな試みとして開催された「サークル × 体育会」イベント。先日公開させていただいたサークル側の立場からの気づきを綴った記事に引き続き、今回も「サークル × 体育会」イベ…

read more 高橋佑輔
コラム 2019.04.02

【BMOM120】fc.elfを悲願の初優勝へ導いたスーパー1年生!

3月27日新横フットボールパークにて慶應義塾大学学内戦2019決勝が行われた。 昨年優勝チームの慶應キッカーズ、準優勝チームの慶應義塾大学理工サッカー部などが次々と準決勝で敗退していく中、ジャイ…

read more 成瀬将希
コラム 2016.12.20

【BMOM22】臼田海人(2年)先制点に最優秀選手賞、有終の美を飾る

中央のセルヒオ・ラモス 2016/12/17・18の二日間で行われたpremiere cupは4年ぶりに中央大学サッカー同好会(サッカー同好会)が無失点優勝を成し遂げだ。 慶応義塾大理工体育会サッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.31

【新歓記事2018 vol.2】早稲田大学のチーム紹介その2

前回に引き続き、今回も早稲田大学のチーム紹介です! 今回紹介するチームは個性派ぞろいです! それぞれの色を持ったチームがたくさんあって選ぶのに頭を抱えてしまいますね。 それでは紹介し…

read more 高橋佑輔
コラム 2018.02.24

【BMOM90】圧巻のゴールラッシュ。藤生凛太郎(2年=柏日体)がハットトリック達成。

2月23日に行われた上智大学の学内戦決勝はFUN-ta-SISTER (以下:上智ファンタ)AとFUN-ta-SISTER Bとの同サークル対決となった。結果は7-0とAチームが流石の強さを魅せ圧巻の…

read more 高木啓行

-PICKUP CIRCLE-