【BMOM107】小田島圭吾(4年=國學院久我山)開幕戦での貴重な同点ゴール! 今年もこの男が新関東を盛り上げる!!

BeYonD 編集部

明治大学Groovykidsは昨年、チーム史上初の2部降格。

この試合、悲願の1年での1部昇格のために、どうしても勝ち点3が欲しいところだ。

しかし、序盤から早稲田大学HUMAN.FCに主導権を握られ、先制点を奪われてしまい、ピッチ内に嫌なムードが漂う。

そんな中、ワンプレーで流れを変えたのがこの男だ。そう、おなじみ”重戦車”小田島である。

ペナルティエリア中央付近でボールを受け、得意のカットインから得意の右足を振り抜き、ゴール左隅へ一閃。小田島らしい強引な突破からの抑えの効いた素晴らしいシュートであった。

 

d618366f-8c2c-462c-a3bd-e077ff7af67a

 

まずは、小田島に開幕戦について振り返ってもらった。

 『開幕戦で緊張もあり、チーム全体が上手く試合に入れていませんでした。そのまま前半に先制点を喫して悪い流れでしたが、何とか同点ゴールを決めて引き分けに持ち込む事が出来て良かったです』

次に、得点シーンを振り返ってもらった。

『20番中司(4年=國學院久我山)からパスを受ける前から、シュートを意識していて、切り返しで相手を上手く外せたので、思い切って振り抜きました』

また、今後のリーグ戦での抱負にも聞いてみた。

『あくまでも一年で一部昇格を目標でやってきたので今回引き分けにできたことを無駄にせず、一戦一戦すべて勝ち切るつもりでやっていきたいです。自分としても得点で貢献していきたいです』

なんとも頼もしいエースのコメントである。

ピッチ外での存在感の薄さはさておき、ピッチ内では誰よりも輝く彼には注目すべきであろう。

 

7ef93157-3ed1-4dd0-99af-dad37fd2f5d4

 

最後に、Groovykidsの注目選手について語ってもらった。

『18番の原田(1年=清水桜ヶ丘)です。得点を取る能力が非常に長けています。1年生というプレッシャーもあると思うが、気負わずに残りの試合も存分に暴れてほしいです。期待してます』

1年から試合に出続けている小田島。そんな小田島からの称賛を受ける原田も、小田島のように新関東リーグで圧倒的な存在感を放つ選手に育っていって欲しいものである。

小田島より多彩なプレーの幅を持つ原田は、小田島を”重戦車”とするなら、”高性能戦車”と称したい。”高性能戦車”原田のこれからのプレーにも期待していきたい。

補足だが、新関東リーグ随一のタレント集団Groovykidsのプレーはもちろん注目の的であるが、80名を超える大応援団によって繰り出される新関東名物グルービーの”ガヤ”にも注目だ!!

明治大学 Groovy kidsのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.10.12

【チームの根vol.8】 “自己犠牲” 慶應義塾大学理工体育サッカー部 愛野幸陽(4年=穎明館)

  77期にも及ぶ歴史を持ち、同好会カテゴリー最古参の慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下リコタイ)。 今回をそのリコタイを昨シーズン、副代表としてチームをまとめた男に迫った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.08.01

アツいのは試合だけじゃない!サッカー応援特集📣

いよいよ夏休み突入! 今年は3年ぶりにマガ杯の開催が決定し、アツい夏が訪れること間違いなし! 試合を盛り上げる重要な要素である【応援】について、OB・OGから現役生まで徹底調査してみました📝 &…

read more 木村彩歌
コラム 2021.11.13

【新関東リーグ2021・1部第7節マッチハイライト】リーグ戦終盤!どのチームも落とせない一戦の行方は!?

11月13日(土)に新関東リーグ第7節が矢田部Gで行われた。結果は以下の通り。 第1試合目は、早稲田ダービー。昨シーズン優勝争いを共にした早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学…

read more 早坂
コラム 2022.07.06

【新関東カップ2022 得点王】新谷 唯我(3年=日大三高)今大会8得点をマークし見事得点王に輝く!!

6月7月と約1ヶ月にかけて行われた新関東カップ2022で大事な場面でも大きな仕事を果たし、さらにはハットトリックを2回達成し、計8得点と驚異の得点力で見事得点王に輝いた中央大学サッカー同好会の10番新…

read more 杉本 竣平
コラム 2020.05.29

【ウイイレNo.1はどのサッカーサークルに…】5月30/31日開催決定!

サッカーができないこの時期に、ウイイレでサッカーサークルNo.1を決めちゃいます!     みなさん、なかなか外で運動ができない日々が続いていませんか? &…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.14

【BMOM62】長瀬良太(3年=國學院久我山) エースの自覚!圧巻の2ゴールで稲穂を3年連続決勝の舞台へ導く!

新関東カップ2017準決勝で早稲田稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は立教サッカー愛好会と対戦し、見事決勝進出を果たした。3連覇への王手をかけたこの重要な一戦で、背番号10はいつも以上に輝きを放っていた。長…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.19

【新関東リーグ2部フォトギャラリー】第2節・中央大学サッカー同好会vs早稲田大学HUMAN F.C

中央大学サッカー同好会 この試合柔らかいタッチで相手を翻弄。タメを作れる選手だ。後半には見事なボレーシュートを見せた鯖坂(1年=多摩大目黒)。 身長180センチオーバーから繰り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.13

【BeYonD特別招待】優勝賞品はボルシア・ドルトムント観戦ツアー!!H.I.S主催フットサル大会

2017年10月28日 H.I.S主催フットサル大会開催決定! この度BeYonDは先日のボルシア・ドルトムント来日ツアーで 一緒にお仕事させていただいたH.I.Sさんのイベントに スポンサー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.08

【スポンサー企業紹介vol.1】同好会カテゴリーは誰しもお世話になっているこの企業!

BeYonDをサポートしてくださっている企業の紹介記事の連載を開始します!!   どのような想いでBeYonDをサポートしてくださっているのか、 どのような想いで大学サッカ…

read more 森井 貴弘
コラム 2017.10.16

【新関東リーグ2017・2部Aブロック第1節】新関東1部を懸けた険しい戦いが始まった!

先週末に行われた新関東FL2017 2部Aブロック第1節は鹿島ハイツにて行われた。1部への狭き門はどのチームが通ることができるのだろうか。 今年度、いい結果を残してきている慶應義塾大学理工サッカ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-