【BMOM109】途中出場の大井川翔(2年=八千代松陰)が値千金の同点弾!!

大塚朝史

先週の試合が延期になったこともあり、他のリーグより遅れて開幕した新関東リーグ2部B。
このリーグきっての強豪、日本大学法学部サッカー部(以下=日大法学部)と、慶応大学理工学部サッカー部(以下=慶応リコタイ)が開幕戦で対決した。

試合は、慶応リコタイが先行し、日大法学部が追いつく展開。
最終的には2点ずつを奪い合い、引き明けで勝ち点1を分け合った。

この試合で途中出場ながら最も輝いていたのが、24番大井川(2年=八千代松陰)であった。
持ち前のスピードで前線を走り回り、丁寧にボールを回す日大法学部の攻撃にアクセントを加え続けた。

そして、日大法学部1点ビハインドで迎えた後半25分。
大井川が持ち前のスピードを生かし、ディフェンスラインの裏に飛び出して、落ち着いてゴール右へ流し込んだ。
これが値千金の同点弾となり、日大法学部は勝ち点1を手にした。

 

img_0047

 

得点シーンを振り返ってもらうと、
「途中交代の時点で、1-2でビハインドの状況だったので、なんとかして、点数を取ろうと思っていました。自分は裏を狙うのが得意なので、時間も少なかったので、裏を狙うことしか考えていませんでした。笑 そして、タイミングよく裏に走った結果、上手く抜け出すことができ、ゴールを決めることが出来ました。笑」

今後のリーグ戦について聞くと、
「お菓子で例えるなら、チョコレート、ディズニーで例えるなら、チップとデールのように甘い雰囲気ですが、太陽の黒点、いやアトミックフレアの様に、勢いよく、チーム全員で昇格を目指していきたいと思います‼︎」

と力強く意気込みを語ってくれた。

強豪ひしめく2部Bリーグ。どのチームが勝ち抜けるのであろうか。
今後の日大法学部、そして大井川の活躍に目が離せない。

Written by

大塚朝史

otsuka

明治大学 Groovy Kids

Keywords

Recommend

コラム 2018.09.16

【BMOM104】内海 健太郎(3年=春日部共栄)優勝への立役者は闘志あふれる高い壁!!

全国から65チームが集まりしのぎを削るサークルの全国大会、マガジン杯が9月7日に開催された。 優勝候補としては新関東カップを優勝した中央大学フースバル、昨年の王者である早稲田大学稲穂キッカーズが有力…

read more 落合陸
コラム 2018.03.27

【フットサル新歓記事vol.1】慶應義塾大学編(慶應義塾大学フットサル倶楽部エルレイナ、FC Pierrot)

BeYonDフットサルの立ち上げは、昨年サッカーで大好評だった、「新歓記事」で飾ります! 大学フットサルを盛り上げるために、チームの運命を左右すると言っても過言ではない新歓活動を応援します! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.08

【BMOM38】小川潤之助(2年=杉並FC) 守護神のビッグセーブ連発で稲穂フェスタ連覇達成!

ゴールデンウィーク最終日に行われた第15回稲穂フェスタ。中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)の2連覇で幕を閉じた今大会。 その決勝戦、青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)との対戦で…

read more 澤田結人
コラム 2017.02.15

【新人戦2年生大会】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月5~6日に行われた新人戦2年生大会において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったもの…

read more 古平 翔太
コラム 2016.11.22

【BMOM15】浅田 拓郎(2年) 次世代の怪物が前線で躍動

怪物でごわす   立教愛好会は、先日の新関東リーグ最終戦で中央同好会と対戦した。結果は3-0で立教愛好会が勝利した。闘将村山のゴラッソなどを含む3得点と攻撃陣が躍動。その攻撃陣の中心…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.06.08

【関東・関西サッカーサークル対談企画】東西の強豪チームが語るサークルの存在価値とは。

こんにちはBeYonD編集部です。 今回はBeYonDの新しい企画として、新関東リーグ1部に所属する早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と、関西同好会リーグ1部や京都府社会人リーグにも所属する…

read more 山田大晴
コラム 2017.11.23

【BMOM85】池田洋平(3年=八千代)負けられない一戦での値千金の先制ゴール!苦しみ続けたキャプテンが1部残留を手繰り寄せる。

【新関東リーグ2017・1部最終節】鹿嶋ハイツ第1グラウンド 早稲田大学FC.GUSTA 2-1 立教大学サッカー愛好会 早稲田グスタは残留のために負けられない一戦で見事勝利し、1部残留を果た…

read more 斉藤 耕兵
コラム 2017.04.14

【マネの技術Vol.2】プレイヤーに強烈なボールが当たってしまったときに使える技術〈応急処置編〉

猿も木から落ちるみたいな感じに、プレイヤーもボールにあたる!! すぐに復活して、いや大丈夫なんかい!という場合もあれば、 ちょ・・・無理待って・・・ となってて心配になっちゃうことも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.23

【BMOM108】大沢 慶(2年=西武文理) at home cup 2018圧巻の無失点優勝の立役者!

10/6~10/8に鹿島ハイツで行われた年に一度の大会。 at home cup 2018。各学内戦を勝ち抜いた32チームが集い凌ぎを削るハイレベルな大会であり、JUFA公認の関東NO.1を決める大会…

read more 成瀬将希
コラム 2017.08.07

【チームの根vol.6】”敏腕会計士” 立教大学サッカー愛好会 岩佐 顕三郎(4年=広島なぎさ)

立教大学の雄として、実力、そして周りが羨むほどの雰囲気を兼ね備える立教大サッカー愛好会(以下、立愛)。 今回は、立愛を会計長と言う一見地味な役職、マガジン杯の"Dキャプテン"としてチームを支えた男に…

read more 金子樹

-PICKUP CIRCLE-