【新歓記事vol.10】元幹事長に聞いてみました!新歓の極意!

野口日向

こんにちは!BeYonD編集部です!

4月も終わりに差し掛かり、各サークル新歓活動も盛り上がってきているのではないでしょうか。ということで今回の記事は新歓をする側の2,3年生に向けた内容になっています!

たくさん来てくれた新入生をどのように楽しませられるのか、、そんな悩みを解決するために新歓を乗り越えた元幹事長3人に新歓の極意をインタビューしてみました!

水橋来喜さん(中央大学MAPLE・4年)

昨年はどのくらいの新入生が入ってくれましたか?

水橋さん(以下敬称略):100人くらいですかね。

新入生の勧誘で何か工夫したことはありますか?

水橋:コロナ禍でビラ配りができなかったので、Twitter、Instagramを通して日々の活動内容を発信し、家からでもサークルの魅力が分かるようにするなど、SNSに力を入れました
サッカーだけでなく、イベントを開催して、新入生との親睦を深められるように工夫したりもしました。

新歓イベントについて教えてください!

水橋:BBQ、フットサル大会、ドライブなどを行いました。SNSでの勧誘と、普段の練習に来てくれた新入生に声をかけたおかげでどれも想定以上に人数が集まり大変でしたが、BBQやドライブでは新入生と仲良くなれたので開催してよかったです!またフットサル大会では女子も混ざってボールを蹴るmixのフットサルというメープルの特徴も味わってもらえました!

 

最後に新歓を行う2,3年生にメッセージを!

水橋:それぞれのサークルの特徴をうまく伝えられたら、新入生も入りやすいと思うので、大変かもしれませんが頑張ってください!

甲斐達也さん(早稲田大学HUMAN FC・4年)

昨年はどのくらいの新入生が入ってくれましたか?

甲斐さん(以下敬称略):45人くらい?です!

新入生の勧誘で工夫したことを教えてください!

甲斐:新入生が安心でき、返信しやすいように、TwitterのDMを公式アカウントではなく、個人の顔の見えるそれぞれの個人アカウントで行いました!

ほかにも新入生への連絡被りや未連絡が起こらないように、LINE交換後だれがどの新入生と連絡を取っているかスプレッドシートで管理しました!また、これを行うことで、新入生の「担当者」のようになり、現役メンバーがより愛着を持って新入生に接することができるようになりました!

本当に色々な新入生がきてくれるので、それぞれがどのようなタイプで現役の中でどのような人が相性良さそうか、どんなイベントや話だと喜んでくれるかを事前に考えました!また、「〇〇サークルと△△サークルで迷ってる!」という新入生には、その二つを兼サーしている人を繋いだり、その二つで元々悩んでいた現役メンバーを繋いだりしました。

新歓イベントについて教えてください!

甲斐:
・履修登録会&zoom新歓
・お花見
・新歓ボーリング
・フットサル大会
・BBQ
・新歓試合
・新歓パーティー
・新歓合宿
を行いました!

最後にメッセージをお願いします!

甲斐:サークルは体育会とは違って本当に色々な目的で入っている人の集まりだと思います。
そのバラバラなベクトルを持つ人が集まる組織が、サッカーを介して一つになる瞬間って、えげつないくらいのパワーになるし、その「一体感」が、直接的に試合に影響するっていう一番不思議な世界がサークルです。だからこそ、サークルに所属するってどこの誰よりも濃い大学生活にできるってことだと思ってます。
そんな環境に身を置いていることに感謝しつつ、今しかできない経験を、心の底から楽しんでくだちゃい。

吉田帆孝さん(早稲田大学 FC GUSTA・4年)

昨年はどのくらいの新入生が入ってくれましたか?

吉田さん(以下敬称略):集客が600人、入会が120人 (プレ40、マネ80)です!

新入生の勧誘で工夫したことを教えてください!

吉田:新歓目標を可視化することでチームの連帯感を高め、練習の雰囲気作りなどを意識しました!
チームでの活動後には現役がバランスよく新入生とコミュニケーション取れるようにしました!
また、強豪校出身者をターゲットとしたSNSの毎日投稿により体育会ではなくサークルに呼び込むことでよりレベルの高い新入生の勧誘にも力を入れました!

新歓イベントについて教えてください!

吉田:強豪校出身メンバースカウティングのためのソサイチや新歓BBQなど行いました!

最後にメッセージをお願いします!

吉田:新歓は1年生を迎えて良いスタートを切るという目的もありますが、現役の仲が深まってチームの一体感が深まる大事なイベントでもあります。
とにかくまずは自分たちが楽しむこと!
それと、どんな結果であれ必ず収穫と反省があるはずなのでその次のイベントに活かしてくれたらいいと思います!!
応援してます!!

 

水橋さん、甲斐さん、吉田さんご協力ありがとうございました!
それぞれのサークルにそれぞれの勧誘方法や新入生との関わり方があり、三者三様の答えを聞くことができました!

これからの新歓活動に生かせる情報も少なからずあったのではないでしょうか。新歓期間は長いところでも残り二か月ほどだと思います。残りの期間、少しでも多くの新入生に自分たちのサークルの魅力が伝わるよう頑張りましょう!

 

Written by

野口日向

noguchihinata

Keywords

Recommend

コラム 2016.12.16

[スパイク特集vol.3] HGのスパイクを履いているのに足の裏にマメができる!?そんな疑問を解決します!

今年は、夏が終わったと思ったら秋をすっ飛ばして冬になってしまいましたね。 ですが、スパイクコラムは大事なことを飛ばすことなくやっていきたいと思います!     …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.11

【マネの技術Vol.6】プレイヤーケアの必需品『救急バッグ』の中身に迫る!

熱かった新関東リーグ2017も終わり、3年生は就職活動へ向かう中、 1、2年生を中心に新チームが始動し始めるこの時期!! 各選手来たる来シーズンに向け、新チームにかける想いは大きいと思います! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.21

【美女マネ特集vol.2】第2回は他チームも借りたくなるほどのマネ王国、あのチームのマネ!

お久しぶりです。   先日ついに、ついに、始まった夢の企画。   フォロワーが100人しかいなかったBeYonD公式Twitterで第1回の記事更新をお知ら…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.23

チェルシーファン必見!!ディディエ・ドログバの来日決定!我ら大学生が盛り上げろ!!

皆様、いかがお過ごしでしょうか?   本日は、チェルシーファンのみならずサッカーファンの胸が熱くなるようなイベント情報をお送りします!   チェルシーFC×…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.05

【同好会基礎情報vol.7】稲穂FESTAってなに?

  GWも終盤にさしかかってきましたね!   どのチームも新歓が終わり一息ついてるところだと思います!   そしたらやっぱり気になるのが、明…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.09

【プレからの想い vol.4】 “マネは当たり前ではない。感謝すべき存在。”

マガジン杯が始まりましたね!!   プレイヤー、マネージャー、一丸となって戦っていますか??   また試合以外の時間はプレマネ仲良く過ごしていますか?? …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.05

マネージャー事情 第一弾みんなの寒さ対策

1.定番「ホッカイロ」 ホッカイロはもはやサッカー観戦を問わず冬の必需品!貼るタイプはお腹や背中に、貼らないタイプはポケットに常備するなど複数使用は当たり前のようです。また末端冷え性の方には…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.10

【新関東カップ2017】ベストイレブン

6月24日、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下稲穂)が明治大学Groovykids(以下グル―ビー)を下し、見事な3連覇で幕を閉じた新関東カップ2017。この大会で活躍した選手からベストイレブンを選出させ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.26

【新歓記事2021】vol.2 早稲田大学サッカーサークルその2

新歓記事vol.2ではvol .1に引き続き早稲田大学の6チームを紹介します!     早稲田大学荒友キッカーズ ・自分たちのサークルを一言で表すと! …

read more 東 孝太郎
コラム 2017.10.26

【BMOM79】終了間際の衝撃2発!!2連勝に導いた体同連エース遊馬幹彦(3年=熊谷西)

新関東リーグ2017・1部第2節、明治大学体同連サッカー部(以下:体同連)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)の試合が鹿島ハイツ第5グラウンドにて行われた。 試合は体同連が退場者を出しなが…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-