【BMOM118】小林将真(2年=新潟明訓)中盤をオーガナイズし勝利に貢献!

落合陸

2月15日(金)中央大学学内戦決勝が浅川スポーツ公園グラウンドにて行われた。

決勝戦は、昨年新関東カップ・新関東1部リーグの2冠を遂げた中央大学体動連フースバルクラブ(以下、中央フースバル)と新関東でも随一の雰囲気の良さを誇る古豪・中央大学サッカー同好会(以下、中央サカ同)の組み合わせとなった。

強豪ひしめく中、中央大学学内戦を勝ち取った中央フースバルから小林将真(2年=新潟明訓)をこの試合のBMOMに選出したい。

beb13a67-4a48-46b8-b471-834e97d3961e

小林は「趣味はウイイレをすること」と言っていたように、ウイイレの中に出てくるエンゴロ・カンテのような役割を担っていた。

決勝では中央フースバルはロングボールを多用していた為、小林がセカンドボールを回収することが多く、ダブルボランチの相方である北村(2年=伊奈学園総合)と共に中盤をオーガナイズしていた。

そんな彼は決勝戦のサッカー同好会戦について質問すると「まずは守備からということを意識して試合に入りました。その中で先に失点をするという展開でしたが、今年のチームは追いつく力を持っているので焦らずにプレーできたと思います。最後はPK戦までいきましたが、勝つことができて良かったです」と振り返り、先に失点するという苦しい展開ながらも、焦らず試合を進めていた勝者のメンタリティーが伺える。

昨年主力メンバーとして新関東カップ・新関東1部リーグの2冠を果たした男には勝利の道筋が見えているのかも知れない。

そして最後にこれからについては「個人としてはもっとチームに貢献していきたいです。目に見える結果を出すことはもちろんですが、チームを鼓舞するなど結果に直結しない部分でもチームを支えていけるようにしたいと思います。チームとしては、自分たちの目標は日本一であり、この学内戦の優勝に満足することなく全ての大会を優勝するつもりで日々の練習に取り組んでいきたいと思います」と日本一に向けて力強い意気込みを語ってくれた。

今回の学内戦では中央フースバルが優勝を果たし幕を閉じたが、決勝戦で負けた中央サカ同もリベンジに燃えている。それだけでなく、他大学のサークルも昨年2冠を遂げた中央フースバルを倒すために燃えていると思われる。

そんな新関東でも随一の強さを誇る中央フースバルを倒すのはどこのサークルなのか、そして中央フースバルでのエンゴロ・カンテのような小林の活躍に注目していきたい。

中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

落合陸

Ochiai

Keywords

Recommend

コラム 2019.04.23

【サークル × 体育会イベント】早稲田稲穂キッカーズキャプテン 中島剣士郎『実際にはサッカーに熱中する同じ大学生』

3/27(水)に大学サッカー界新たな試みとして開催された「サークル × 体育会」イベント。この日はサークルvs体育会でバチバチの試合が繰り広げられた後に、交流会が開催され、お互いのイメージや価値観を交…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.02.12

【マネの想いvol.4】”プレを支え、プレに支えられたマネージャー”

3年マネージャー特集 第三弾 明治大学KNIGHTS 鈴木志歩さん 「1人だったけど、みんなのおかげで1人じゃないと思えた」 −明治大学KNIGHTS(以下knights)に入った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.15

【新人戦2年生大会】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月5~6日に行われた新人戦2年生大会において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったもの…

read more 古平 翔太
コラム 2018.03.30

【新歓記事2018 vol.1】早稲田大学のチーム紹介その1

今年もついに新入生へ向けた新歓企画がスタートします! 最初に紹介するのは同好会カテゴリ最激戦区の「早稲田大学」です!! 学生活動日本一と謳われる早稲田大学には約20団体ものサッカーサークルが混…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.07.13

【マネの技術Vol.4】〜レンズ越しにプレを追いかるマネ達〜

7月になり、だんだん夏休みが近づいてきましたね! 夏休みは合宿にイベント、みなさんたくさんの思い出ができるのではないでしょうか。 そんな思い出を振り返るのに不可欠なのが“写真”。 プレイヤーの真…

read more 大貫 杏華
コラム 2016.12.01

【BMOM17】八木俊輔(1年) 新生TRIOSの守護神が三ツ葉の猛攻を完封

謙虚なニュースターの誕生   関西同好会リーグ最終節、同志社大学三ツ葉キッカーズと関西大学TRIOSとの一戦。春の王者TRIOSには負けられない意地があった。押される場面も少なくない…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.18

【BMOM76】小川潤之助(2年=杉並FC) 同好会カテゴリ屈指のハイレベルな闘いでチームを救った守護神!!

新関東リーグ1部第1節最も注目となったカードは間違いなくこの一戦だろう。 現在新関東FLカップとマガジン杯で2冠を収め悲願の三冠に挑む早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と昨年度マガジン杯を制…

read more 古平 翔太
コラム 2017.02.16

【新人戦2年生大会】 総集編

【優勝】 慶應義塾大学リコタイChanpagenaFC 【総評】  2月5・6日に行われた2年生学年大会。抽選によりグループリーグの組み合わせが決まった。昨年度準優勝の立教愛好会…

read more 古平 翔太
コラム 2017.03.15

【チームの根vol.3】”無賃雇用” 明治大学Groovy kids 儘田和也(3年=國學院久我山)

  昨年度、タレントを兼ねそろえ好成績を残した“異端児”Groovykids。その副代表と言うことで期待をしていくと、そこにいたのは顔の八割が俳優の佐藤次郎で構成された男だった。一見地…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-