【BMON114】遊馬幹彦(4年=熊谷西)カンテにアザール?!今回のBMONは多彩なプレーを持つあの男!

BeYonD 編集部

11月3日鹿島ハイツで行われた新関東1部第5節。明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同)と立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)のフィジカルとテクニックが相対した。結果から先に言おう。結果は3対3。壮絶な展開だった。

明治体同は立愛に3点を先取され、もう敗北が決まったようなそんな雰囲気が会場には流れていた。見ていた私も立愛の完全勝利だと思っていた。だが明治体同の選手達は諦めていなかった。そこから怒涛の3得点。衝撃の展開に驚きを隠せなかった。そんな体同の3得点のうち、1点目のPKを決め、異彩を放つ活躍をしていたのが今回BMONである明治体同の遊馬幹彦(4年=熊谷西)である。

b78531a1-ee9e-421a-aa65-4b19e411b4f7

遊馬のプレーは小柄ながらフィジカルが強く、セカンドボールの回収、卓越した技術を持っていて、さながらフランス代表のエンゴロ・カンテを彷彿させるプレーをしていた。

遊馬のプレーはそれだけでなく、足の速さ、フィニッシュまで持っていくドリブルはベルギー代表のエデン・アザールのプレースタイルにも似ていると思った。

カンテにアザール。全て揃っているんじゃないかと、もう無敵なんじゃないかと、こんなプレー憧れちゃうんじゃないかと、私はそう思っちゃいました。遊馬のプレーはそのくらい質の高いプレーだった。

そんな遊馬に今回の試合を振り返ってもらった。

「前半は自分のところでボールがおさまらなくて相手に主導権を握られてしまったんですけど、後半はそれが改善できたうえにチーム全員が相手より走って、球際の勝負にも勝っていたので3点差を追いつくことができたと思います。」

謙虚に体同のメンタルの強さを物語ってくれた。

次に普段プレーで意識していることを聞いてみた。

「強引な形でもシュートで終わらせることはいつも意識してます。試合を自分達の流れにするためやカウンターの防止になるし、個人的にもシュートを打つことで波に乗っていくタイプなので。」

とセカンドボールの回収だけでなく、ストライカーの面も持ち合わせていることがコメントから分かる。

体同の来年の選手達も気になったので、遊馬が思う自チームの注目したい、1、2年生を聞いた。

「辻 良太朗(2年=都立三鷹)です。彼も僕と同じFWなんですけどボールがよくおさまって、冷静で的確な判断ができる選手なので今後も体同連の攻撃を牽引していくと思います!」遊馬が期待する2年生辻にも今後要チェックだ!

最後に今後の試合について

「得点で勝利に貢献することはもちろん、4年生で迎えた最後の新関東リーグを楽しみたいです!」

と4年生の意地を見せる力強いコメントを残してくれた。

遊馬ら4年生にとっては最後の新関東での戦い。とても最近まで就活をしていたとは思えない体同の4年生軍団の活躍に残りのリーグ戦も目が離せない!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.08.14

【BMOM68】門倉怜央(1年=正智深谷) 全国経験者の大きな貢献

先日行われた大東文化大学AVANZRE(以下AVANZRE)と大東文化大学GLANZ(以下GLANZ)による大東文化大学学内戦決勝戦は1点を争う好ゲームを繰り広げた。 前半はGLANZがボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.02.24

【BMOM90】圧巻のゴールラッシュ。藤生凛太郎(2年=柏日体)がハットトリック達成。

2月23日に行われた上智大学の学内戦決勝はFUN-ta-SISTER (以下:上智ファンタ)AとFUN-ta-SISTER Bとの同サークル対決となった。結果は7-0とAチームが流石の強さを魅せ圧巻の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.10

【高校別OB座談会vol.1】技巧派集団國學院久我山。文武両道の高校ならではの異様な光景!?

高校別座談会第1弾は言わずと知れた東京都の技巧派集団國學院久我山!左から明治グルービーキッズ 小田島圭吾(2年)、早稲田大学稲穂キッカーズ 長瀬良太(2年)、青山学院大学理工サッカー部 高橋涼…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.09.19

【特別企画】Jユース出身の私たちが大学サッカーサークルを選んだ理由[前編]

今回の記事は、高校時代にはJユースに所属していたが、大学ではサッカーサークルを選んだ早稲田大学HUMANFC(以下:ヒューマン)の3選手に迫ります。 大野友太郎(4年=ロアッソ熊本ユース)、鈴木…

read more 大田智輝
コラム 2018.03.08

【スポンサー企業紹介vol.1】同好会カテゴリーは誰しもお世話になっているこの企業!

BeYonDをサポートしてくださっている企業の紹介記事の連載を開始します!!   どのような想いでBeYonDをサポートしてくださっているのか、 どのような想いで大学サッカ…

read more 森井 貴弘
コラム 2016.11.04

[BMOM1]MF新井裕貴(3年) “いぶし銀”のプレーで中盤を支配

【アットホームカップ決勝戦】味の素スタジアム西競技場 早稲田大学稲穂キッカーズ 2-1 法政大学学団連サッカー部 ”いぶし銀”の仕事人 背番号4番。エンジ色のユニフォームを着た、この男には"いぶ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.10

【BMOM132】太田陸生(3年=桜丘)勝利へ導くラストプレーの劇的ゴール!!

2019年6月2日に鹿島ハイツで新関東カップ準々決勝が行われた。第1試合の法政工体連サッカー部(以下:工体連)と青山理工サッカー部(以下:青理)の試合はラストプレーでゴールを決め、劇的な展開で終了。2…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.07

【同好会情報vol.10】マガジン杯とは?

みなさん夏休みどのようにお過ごしでしょうか?9月に入り、 暑さもなくなり秋らしくなってきましたね!   しかしこの大会なしでは夏は終われない…   そ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.21

【同好会基礎情報vol.6】夢のグアムへの切符をかけて…”Guam Championship”とは?

大学生のみなさんなら長期休みを利用して、一度は"海外でバカンスしてみたい" なんて考えたりしますよね? ハワイ、セブ島、サイパン、グアム… もしもサッカーの大会で優勝したらグアムに行…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-