【BMOM】神山知也(2年=座間)エスペ期待の2年生エースが2発で勝利を呼び寄せた!

BeYonD 編集部

10月27日に行われた第3節は、明治大学エスペランサ(以下:明治エスペ)と明治大学体同連生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の明治ダービーとなった。明治エスペは前半から積極的にゴールを狙い、守備でも明治生田を完封し勝利を収めた。この試合で2ゴールをあげ、圧倒的な決定力を見せた明治エスペの41番神山知也(2年=座間)をBMOMに選出した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

試合後に勝利を噛みしめる明治エスペの和の中にいた神山選手に、BMOMに選出されたことを伝えた。本人は少し驚いた様子だったが、周りは納得の眼差しだった。緊張しながらも爽やかな表情で、熱い気持ちを語ってくれた。

まずは、この試合に対する思いを語ってくれた。
「自分たちは昇格組ということで、常にチャレンジャー精神を持って戦うということを試合前から話し合っていました。明治ダービーということで、チーム全員の勝ちたいという思いが一つになってそれが結果に結びついたと思います。」

続いて、得点シーンを解説してもらった。1点目は、前半15分のフリーキックで正確なボールに対して、ダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。

「セットプレーがチームの得点源であると考えていました。初戦からセットプレーがチャンスになると思っていたので、得点を取ることを狙っていました。ファーサイドに回り込み合わせるという形を、キッカーと共有していました。それが出せたので良かったと思います。」

冷静な分析と事前の準備によって、実ったゴールであったように感じられた。

後半10分のクロスに合わせ、試合の行方を左右させた2得点目についても振り返ってもらった。

「普段の練習からアーリークロスの練習をしていて、得点シーンもサイドバックから同じ様な形でクロスが上がったので信じて走り込みました。ボールが良かったので合わせることができました。」

2得点の大活躍も味方のアシストを讃える、謙虚な一面を見せてくれた。

最後に次節以降の意気込みを聞いた。「結構厳しい試合が続くと思いますが、1試合ずつ常に全力で戦って、それが結果につながればいいなと思います。」

明治エスペは次節、今年度マガ杯王者のフースバルと対戦となる。神山選手の決定力に注目だ。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.11.06

【新関東リーグ2019・第4節マッチハイライト】集中開催初日終了!まだまだ優勝も残留もわからない!

2019年11月3日、鹿島ハイツにて新関東リーグが開催された。今シーズン二回目の集中開催となった今節。 第3節までが終了し、優勝争いの勢力と残留争いの勢力が分かれるようになった。 そのような面で、…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.05

【美女マネvol.21】第21弾はプリティ八重歯でY字バランスを繰り出す美女!!

  お久しぶりです!   久しぶりすぎて気まずいですね!!   成人式などで久しぶりに会う友達も、最初何を話せばいいかわからなくて写真撮りが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.02.14

【BeYonD History vol.5】創設者が明かすビヨンド誕生秘話とサークル界への想い

大学サッカーサークル・同好会情報を発信している私たちBeYonD(以下:ビヨンド)は今年度で7年目を迎えます!!突然ですが、そんな私たちビヨンドがどのようにして誕生したか気になりませんか?? 今回の…

read more 大田智輝
コラム 2018.06.13

ドイツの地で海外サッカー挑戦をしてみませんか??同好会で磨いたその実力を海外でみせつけよう!

同好会選手の皆さん!こんにちは、初めまして!FC BASARA Mainzです。 もうすぐ4年に1度のサッカーの祭典、ワールドカップが開催されますね。 日本代表選手のうち、7名もの選手がブンデスリ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.11

新チーム始動インタビュー第4弾”青山学院大理工サッカー部 亦野陸生”

2年前の夏の祭典マガジン杯で圧倒的な力を見せつけて優勝した青山学院理工サッカー部。当時1年生でその優勝をピッチで経験した亦野陸生(2年=八千代)。亦野は今年度、青山理工のキャプテンになった。新チームと…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM9】CB福田拓也(3年) 先制点を挙げ勝利に貢献

 攻守の要  福田   第5節、4連勝で勝ち点12と首位を走る稲穂は、勝ち点1差の立教愛好会と対戦した。結果は誰もが驚いただろう。5-0で稲穂が大勝した。稲穂の攻撃陣が爆発するきっか…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.24

【新関東FL2部自動昇格戦】マッチプレビュー 最高峰の舞台”新関東1部”へ昇格するのは

先週19日に、最終節を消化した新関東FL2部。各ブロック1位のみが1部昇格の道を許された狭き門をくぐり抜けたのはAブロックからは慶應義塾大学キッカーズFC(以下慶應キッカーズ)、Bブロックからは大方の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.10

【BMOM132】太田陸生(3年=桜丘)勝利へ導くラストプレーの劇的ゴール!!

2019年6月2日に鹿島ハイツで新関東カップ準々決勝が行われた。第1試合の法政工体連サッカー部(以下:工体連)と青山理工サッカー部(以下:青理)の試合はラストプレーでゴールを決め、劇的な展開で終了。2…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.12

【BMOM 68】桐ヶ谷拓実(3年=久喜北陽) 安定したセービングで2連覇を達成!!

8月11日、アットホームカップ文教大学学内戦決勝が文教大学第三グラウンドにて行われた。 2年連続アットホームカップ本大会出場権獲得を目指す文教大学Flip F.C.(以下:Flip)は、文教大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.05

【BMOM30】SB嶋方翼(2年=農大二高)左サイドをシャットアウトし悲願の初タイトル獲得

本日、GuamChampionship予選が鹿島ハイツにて行われた。決勝戦は立教大学サッカー愛好会、慶應大学理工学部サッカー部というカード。結果は1-1の同点で50分間が終了した。そして、PK戦の末、…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-