【BMOM】神山知也(2年=座間)エスペ期待の2年生エースが2発で勝利を呼び寄せた!

BeYonD 編集部

10月27日に行われた第3節は、明治大学エスペランサ(以下:明治エスペ)と明治大学体同連生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の明治ダービーとなった。明治エスペは前半から積極的にゴールを狙い、守備でも明治生田を完封し勝利を収めた。この試合で2ゴールをあげ、圧倒的な決定力を見せた明治エスペの41番神山知也(2年=座間)をBMOMに選出した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

試合後に勝利を噛みしめる明治エスペの和の中にいた神山選手に、BMOMに選出されたことを伝えた。本人は少し驚いた様子だったが、周りは納得の眼差しだった。緊張しながらも爽やかな表情で、熱い気持ちを語ってくれた。

まずは、この試合に対する思いを語ってくれた。
「自分たちは昇格組ということで、常にチャレンジャー精神を持って戦うということを試合前から話し合っていました。明治ダービーということで、チーム全員の勝ちたいという思いが一つになってそれが結果に結びついたと思います。」

続いて、得点シーンを解説してもらった。1点目は、前半15分のフリーキックで正確なボールに対して、ダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。

「セットプレーがチームの得点源であると考えていました。初戦からセットプレーがチャンスになると思っていたので、得点を取ることを狙っていました。ファーサイドに回り込み合わせるという形を、キッカーと共有していました。それが出せたので良かったと思います。」

冷静な分析と事前の準備によって、実ったゴールであったように感じられた。

後半10分のクロスに合わせ、試合の行方を左右させた2得点目についても振り返ってもらった。

「普段の練習からアーリークロスの練習をしていて、得点シーンもサイドバックから同じ様な形でクロスが上がったので信じて走り込みました。ボールが良かったので合わせることができました。」

2得点の大活躍も味方のアシストを讃える、謙虚な一面を見せてくれた。

最後に次節以降の意気込みを聞いた。「結構厳しい試合が続くと思いますが、1試合ずつ常に全力で戦って、それが結果につながればいいなと思います。」

明治エスペは次節、今年度マガ杯王者のフースバルと対戦となる。神山選手の決定力に注目だ。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.07.08

【新関東カップ2017】大会総括(MVP、得点王)

4月29日に始まり、2カ月に及んだ新関東カップ2017は早稲田大学稲穂キッカーズの大会3連覇という形で幕を閉じた。 今回はその大会を簡単に振り返り、大会MVPと得点王の選手を紹介していく。 &…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM4]MF三村翼(3年)直接FKで決勝点。攻守で存在感を示す

驚異のセカンド回収率 三村   明治大学体同連サッカー部は、中央大学サッカー同好会との生き残りを賭けた下位決戦。 結果は1-0で明治体同連が勝利した。この大事な決勝点を挙げたのは、キ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.04

[BMOM1]MF新井裕貴(3年) “いぶし銀”のプレーで中盤を支配

【アットホームカップ決勝戦】味の素スタジアム西競技場 早稲田大学稲穂キッカーズ 2-1 法政大学学団連サッカー部 ”いぶし銀”の仕事人 背番号4番。エンジ色のユニフォームを着た、この男には"いぶ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.05

【新関東リーグ2017・1部第5節】王者稲穂が一つ抜け出し、残留争いはまだまだ目が離せない展開に

【新関東リーグ2017】 集中開催2日目はzozoparkから鹿島ハイツに舞台を移し、応援が許された環境での試合に全試合盛り上がりを見せた。   第1節以来勝利を挙げられていな…

read more 森井 貴弘
コラム 2019.05.21

【BMOM122】鹿野鉱樹(1年=専大松戸)1年生ながらチームの攻撃を牽引!同点弾で勝利に大きく貢献した法政工体連の新戦力!

5月18日ATSU FOOTBALL FIELDにて、新関東カップ2回、明治大学グルービーキッズ(以下:明治グルービー)vs法政大学工体連サッカー部(以下:法政工体連)が行われた。 昨年度のリー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.19

【新関東リーグ2部フォトギャラリー】第2節・中央大学サッカー同好会vs早稲田大学HUMAN F.C

中央大学サッカー同好会 この試合柔らかいタッチで相手を翻弄。タメを作れる選手だ。後半には見事なボレーシュートを見せた鯖坂(1年=多摩大目黒)。 身長180センチオーバーから繰り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.05.08

【新歓記事vol.10】元幹事長に聞いてみました!新歓の極意!

こんにちは!BeYonD編集部です! 4月も終わりに差し掛かり、各サークル新歓活動も盛り上がってきているのではないでしょうか。ということで今回の記事は新歓をする側の2,3年生に向けた内容になって…

read more 野口日向
コラム 2017.04.26

【Guam Championship決勝戦】フォトギャラリー

12番天下谷(3年=実践学園)が先制ゴールを挙げ、歓喜のLiberteイレブン 東洋Liberteは同点に追いつかれるも、長身を生かした16番西岡(3年=東久留米総合)がドンピシ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.15

【BMOM9】 MF大石元気(2年)がチームを残留に導く決勝点

多摩の暴れ馬   中央大学フースバルクラブは第6節に、明治大学体同連サッカー部と対戦し、1-0で勝利した。5位と低迷していたチームを救ったのが、左SH38番の大石 元気(2年=藤枝東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.15

【BMOM69】”圧倒的存在”遊佐拓矢(3年=川越南)が成蹊の頂点に導く決勝弾!!

8月17日に行われた成蹊大学学内戦の決勝戦。 成蹊大学アースエラスティックサッカー(以下:ARSE)と成蹊大学フットサルクラブ(以下:SFC)が頂点を争った。 前半からギア全開のARSEに押さ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-