【特別企画】Leo the footballにインタビュー!「Leo the football」編!

BeYonD 編集部

みなさんおうち時間はいかがお過ごしですか?

前回に続き今回も、分析官兼サッカーYoutuberとして登録者数10万人を誇る「Leo the football(レオザフットボール)」さん(以下レオさん)にインタビュー!「サークル」の印象などを伺った前回に続いて今回は、Twitterで募集した質問も織り交ぜながら「レオさん自身」について深掘りしていきます!

※新型コロナウイルスによる自粛のためzoomによるインタビューを行いました。

image1

–レオさんはいつからサッカーを観始めたのですか?

見始めたのは2001年からです。アメリカのプロレスを観るためにSKY Perfec TV(スカパー!)に入り、J SPORTSに加入しました。そこで今僕も出演しているFoot!を放送している局のJ SPORTSがラ・リーガの中継をしていて、深夜にバルセロナやレアル・マドリードの試合を観て、面白いなと思って好きになりました。

–サッカーのプレー経験はありますか?

学生の頃はバスケをやっていて、遊びで先輩にフットサルに誘われて、とかはあったけど、部活に入って、とかは全然ないです。

–プロレスやバスケ、フットサルなど色々なスポーツが出てきましたが、なぜ「サッカーNEWS Youtuber」になったのですか?

さっき話したように、たまたまサッカーが好きになって、サッカー雑誌に載る選手たちの記事を、ヒーローや歴史上の偉人を見るような感覚で見ていました。それがある時、YouTubeでサッカーゲームチャンネルをやっている「ちゃまくん」に誘われて、『サッカーの話をするおじさん』みたいな感じで喋り始めました。その動画にくるコメントが承認欲求を満たすようで嬉しくて。だから、もともとあった趣味のところに、人からのニーズが出てきたという感じです。

image0

–現在の「分析」や「戦術」の知識はどのように身につけましたか?

最初は、「分析」と言えるようなことはしていませんでした。例えば、昔のレアル・マドリードだったら、左サイドのジダンが中に入ったから、空いたところにロベカルが上がっていったな、とかその程度でした。けど、YouTubeのコメントで「このチームはどうですか」とか聞かれるたびに、適当なことは答えられないので、もっと詳しく試合を観て「ここがこうなっていたのか」、っていうのを毎日繰り返していたら、知識がどんどん増えていったという感じです。

–誰かに戦術や分析にについて教わったことはありますか?

特定の「誰か」に教わったということは一度もありません。でもそれでいうと、先生ってわけじゃないけど、YouTubeで頂けるコメントは嬉しいものも批判的なものも全部含めてその都度自分に影響を与えていると思います。僕より戦術について色んなことを知っている人も当然いると思いますが、動画編集の際に「この言い方をすると人はどう捉えるか」を客観的に考えることを通して、その人たちよりも「不特定多数の人へわかりやすく伝える練習」ができていると思います。

–試合の分析を長時間して疲れた時はどう対処していますか?

寝てます。(笑)椅子に座ったまま。30分くらいして起きて、多少頭がスッキリした状態でまた映像を観始めます。布団に入っちゃうと、戻ってこれなくなっちゃうじゃないですか。座ったままだと、体勢がきついから自動的に30分くらいで目が覚めるんです。携帯の充電が1%だったのが、10%くらいになって何とか家に帰るまで持たせるみたいな。そんな感じで、何とか動画を作り終えるまで走りきるような感じです。

image2

–動画を作る上でコアなファンもサッカー初心者も楽しめるようにするために心掛けていることはありますか?

自分が喋りたくないことは喋らないことですかね。「情熱」というのは1つのピースだと思っていて、よく「論理か情熱か」と言われると思いますが、「論理」の中に「情熱」が入っている。だから、僕が動画を作るときは、「人が何を見たいか」に加えて「自分が何をしたいか」、それから「他では見れないか」の3つを意識しています。

–最後に、レオさんの夢を教えてください!

どこかのチームのスポーツディレクターになって、自分と哲学が合う監督を呼んできて、監督に寄り添った「サッカーをわかっているスポーツディレクター」をやってみたいなと思います。あとは、今オンラインサロンで、「分析官養成部」というのを作っていて、コロナがなければ「サッカー部」も作るつもりでした。分析官養成部の方では、戦術もそうですが、選手が見やすい映像を作れたり、コミュニケーションが取りやすい実用的な分析官を育てられればいいなとも思っていて、そういう風にサッカー中心にマルチに活動していきたいなと思っています。

 

ありがとうございました!今回の企画がレオさんにもサークル界全体にもプラスな影響を与えることを願っています!

「Leo the football」のYouTubeはこちら!

「レオザの分析!」第一弾はこちら!

【特別企画】Leo the footballインタビュー!サッカー分析編!

 

image0

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2021.09.09

【チーム特集】同志社大学 三ツ葉キッカーズ

こんにちは、BeYonD編集部です。 今回は関西同好会リーグ1部や京都府社会人リーグにも所属する関西強豪サークル、同志社大学三ツ葉キッカーズにインタビューさせていただきました!! 三ツ葉代…

read more 渋井颯太
コラム 2016.11.15

【BMOM9】 MF大石元気(2年)がチームを残留に導く決勝点

多摩の暴れ馬   中央大学フースバルクラブは第6節に、明治大学体同連サッカー部と対戦し、1-0で勝利した。5位と低迷していたチームを救ったのが、左SH38番の大石 元気(2年=藤枝東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.10

【チーム特集】中央大学サッカー同好会

  今回は【インスタ企画 良い写いいね大会第二グループ】において、 3430いいねを獲得し見事優勝に輝いた「中央大学サッカー同好会」にインタビューしました。 会長の阿部拓哉…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.16

【BMOM93】中島剣士郎(2年=早大本庄)が稲穂を優勝へ導く意地の一発!

5/13〜14に鹿島ハイツで開催された稲穂カップ2018は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:稲穂)が慶応義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:キッカーズ)を1-0で撃破し稲穂の優勝で幕を閉じた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.10

【新関東カップ2017】ベストイレブン

6月24日、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下稲穂)が明治大学Groovykids(以下グル―ビー)を下し、見事な3連覇で幕を閉じた新関東カップ2017。この大会で活躍した選手からベストイレブンを選出させ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.13

【新関東リーグ2021・1部第7節マッチハイライト】リーグ戦終盤!どのチームも落とせない一戦の行方は!?

11月13日(土)に新関東リーグ第7節が矢田部Gで行われた。結果は以下の通り。 第1試合目は、早稲田ダービー。昨シーズン優勝争いを共にした早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学…

read more 早坂
コラム 2016.11.22

【BMOM14】溝部 賢人(3年) 冷静かつ熱くゴールを死守

九州が生んだ冷静な番人 明治グル―ビーは、先日行われた新関東リーグ最終節で中央フースバルと対戦した。勝利した方が2位という大事な一戦。結果は0-0の引き分け。得失点で明治グル―ビーが上回り、2位でリ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.22

【新人戦1年生大会②】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月9~10日に行われた新人戦1年生大会②において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかった…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.27

【新関東1部リーグ総集編】

【優勝】 早稲田大学稲穂キッカーズ   【得点王】 8得点 10番 MF 今井 淳貴 (3年=都立駒場) 早稲田大学稲穂キッカーズ 【新人賞】 76番 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.10

【BMON114】遊馬幹彦(4年=熊谷西)カンテにアザール?!今回のBMONは多彩なプレーを持つあの男!

11月3日鹿島ハイツで行われた新関東1部第5節。明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同)と立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)のフィジカルとテクニックが相対した。結果から先に言おう。結果は3対3。壮…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-