【特別企画】Leo the footballにインタビュー!「Leo the football」編!

BeYonD 編集部

みなさんおうち時間はいかがお過ごしですか?

前回に続き今回も、分析官兼サッカーYoutuberとして登録者数10万人を誇る「Leo the football(レオザフットボール)」さん(以下レオさん)にインタビュー!「サークル」の印象などを伺った前回に続いて今回は、Twitterで募集した質問も織り交ぜながら「レオさん自身」について深掘りしていきます!

※新型コロナウイルスによる自粛のためzoomによるインタビューを行いました。

image1

–レオさんはいつからサッカーを観始めたのですか?

見始めたのは2001年からです。アメリカのプロレスを観るためにSKY Perfec TV(スカパー!)に入り、J SPORTSに加入しました。そこで今僕も出演しているFoot!を放送している局のJ SPORTSがラ・リーガの中継をしていて、深夜にバルセロナやレアル・マドリードの試合を観て、面白いなと思って好きになりました。

–サッカーのプレー経験はありますか?

学生の頃はバスケをやっていて、遊びで先輩にフットサルに誘われて、とかはあったけど、部活に入って、とかは全然ないです。

–プロレスやバスケ、フットサルなど色々なスポーツが出てきましたが、なぜ「サッカーNEWS Youtuber」になったのですか?

さっき話したように、たまたまサッカーが好きになって、サッカー雑誌に載る選手たちの記事を、ヒーローや歴史上の偉人を見るような感覚で見ていました。それがある時、YouTubeでサッカーゲームチャンネルをやっている「ちゃまくん」に誘われて、『サッカーの話をするおじさん』みたいな感じで喋り始めました。その動画にくるコメントが承認欲求を満たすようで嬉しくて。だから、もともとあった趣味のところに、人からのニーズが出てきたという感じです。

image0

–現在の「分析」や「戦術」の知識はどのように身につけましたか?

最初は、「分析」と言えるようなことはしていませんでした。例えば、昔のレアル・マドリードだったら、左サイドのジダンが中に入ったから、空いたところにロベカルが上がっていったな、とかその程度でした。けど、YouTubeのコメントで「このチームはどうですか」とか聞かれるたびに、適当なことは答えられないので、もっと詳しく試合を観て「ここがこうなっていたのか」、っていうのを毎日繰り返していたら、知識がどんどん増えていったという感じです。

–誰かに戦術や分析にについて教わったことはありますか?

特定の「誰か」に教わったということは一度もありません。でもそれでいうと、先生ってわけじゃないけど、YouTubeで頂けるコメントは嬉しいものも批判的なものも全部含めてその都度自分に影響を与えていると思います。僕より戦術について色んなことを知っている人も当然いると思いますが、動画編集の際に「この言い方をすると人はどう捉えるか」を客観的に考えることを通して、その人たちよりも「不特定多数の人へわかりやすく伝える練習」ができていると思います。

–試合の分析を長時間して疲れた時はどう対処していますか?

寝てます。(笑)椅子に座ったまま。30分くらいして起きて、多少頭がスッキリした状態でまた映像を観始めます。布団に入っちゃうと、戻ってこれなくなっちゃうじゃないですか。座ったままだと、体勢がきついから自動的に30分くらいで目が覚めるんです。携帯の充電が1%だったのが、10%くらいになって何とか家に帰るまで持たせるみたいな。そんな感じで、何とか動画を作り終えるまで走りきるような感じです。

image2

–動画を作る上でコアなファンもサッカー初心者も楽しめるようにするために心掛けていることはありますか?

自分が喋りたくないことは喋らないことですかね。「情熱」というのは1つのピースだと思っていて、よく「論理か情熱か」と言われると思いますが、「論理」の中に「情熱」が入っている。だから、僕が動画を作るときは、「人が何を見たいか」に加えて「自分が何をしたいか」、それから「他では見れないか」の3つを意識しています。

–最後に、レオさんの夢を教えてください!

どこかのチームのスポーツディレクターになって、自分と哲学が合う監督を呼んできて、監督に寄り添った「サッカーをわかっているスポーツディレクター」をやってみたいなと思います。あとは、今オンラインサロンで、「分析官養成部」というのを作っていて、コロナがなければ「サッカー部」も作るつもりでした。分析官養成部の方では、戦術もそうですが、選手が見やすい映像を作れたり、コミュニケーションが取りやすい実用的な分析官を育てられればいいなとも思っていて、そういう風にサッカー中心にマルチに活動していきたいなと思っています。

 

ありがとうございました!今回の企画がレオさんにもサークル界全体にもプラスな影響を与えることを願っています!

「Leo the football」のYouTubeはこちら!

「レオザの分析!」第一弾はこちら!

【特別企画】Leo the footballインタビュー!サッカー分析編!

 

image0

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.04.03

【新入生必見!同好会チームガイドvol.9】青山学院大学、立教大学編

本日はMARCHのうち一挙2大学紹介します! スタイリッシュでお洒落なイメージの青山学院大学と立教大学です!!   青山学院大学理工サッカー部 【所属リーグ】 新関東フット…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.29

【審判目線】審判だからこそ分かる、”体育会”と”サークル”の違いとは?

こんにちは!BeYonD編集部です。 大学サッカー界には”体育会”と”サークル”という2つの組織があり、両者の違いは数多く存在します。サッカーのレベルからサッカーに対する熱意までその違いは様々で…

read more 東 孝太郎
コラム 2019.06.02

【BMOM129】小竹直輝(3年=新潟明訓)試合を決めたのはやはりこの男!

5月25日(土)神栖市矢田部サッカー場にて中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)vs慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)の試合が行われた。 主導権を握り何度もチャンスを作る…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.16

【マネの技術Vol.3】もしもの大怪我に備えておきたい技術をあの美女マネが!?〈応急処置編〉

ほとんど起きませんが、1年に数回は起こるのではないでしょうか。素人には判断がつきませんが、応急処置としてできること、してはいけないことがあります。 これを読んで、頼り甲斐のあるマネージャーになろ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.18

【BMOM21】中村悟(3年) 復活のキャプテンが中盤を支配しユニオンリーグ2連覇へ導く

絶対的なキャプテンの復活 ユニオンリーグ・チャンピオンシップで神出鬼没な動きでピッチを駆け回り、中盤を支配した選手がいた。それは、荒友キッカーズキャプテン中村悟(3年=県立船橋)だ。昨年までは、突破…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.06.04

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.8

明治大学ESPERANZA チームPR サッカーも遊びも全力! 注目選手 山崎宙也 (都立三鷹):スピードと技術を兼ね備えたアタッカー! 注目新入生 今…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.21

【美女マネ特集vol.2】第2回は他チームも借りたくなるほどのマネ王国、あのチームのマネ!

お久しぶりです。   先日ついに、ついに、始まった夢の企画。   フォロワーが100人しかいなかったBeYonD公式Twitterで第1回の記事更新をお知ら…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.30

【マネの技術vol.5 】〜プレを支えるテーピングの方法編〜

プレイヤーが足を痛めている…けど試合に出場したい… そんな時に必要なのがテーピング!! いつもプレイヤーがテーピングしている姿を見て、やってあげたいなと思っているマネさんもいるのではないでしょうか…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM2]FW大場駿(4年) 稲穂のインザーギ大場が2ゴールに絡む大活躍

稲穂のインザーギ 大場 第4節、勝ち点9の首位稲穂は勝ち点7と2位につけているフースバルとの天王山に2-0で勝利した。この大事な一戦でFWの97番大場 駿(4年=横河武蔵野Y)は、決勝点となる先制点…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.31

【新関東カップ戦2022 予選リーグ マッチハイライト】決勝トーナメント進出4チームが決定!予選リーグを勝ち抜きベスト8へ駒を進めたチームは!?

5月29日(日)鹿島ハイツにて新関東カップ戦の予選二日目が開催された。この日で第1グループから第4グループの決勝トーナメント進出チームが決まる大事な1日となる。   第1グループ …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-