【特別企画】Leo the footballインタビュー!サッカー分析編!

BeYonD 編集部

みなさんおうち時間はいかがお過ごしですか?

今回は、分析官兼サッカーYoutuberとして登録者数10万人を誇る「Leo the football(レオザフットボール)」さんにインタビューしました!Leo the footballさんは去年早稲田の稲穂キッカーズ(以下稲穂に分析官として来て、「レオザの分析」という企画をしたことで知っている方も多いのではないでしょうか。「レオザの分析」についてや「サッカーサークルのイメージ」を色々聞いてきたので、是非おうち時間のお供にしてください!

※新型コロナウイルスによる自粛のためzoomによるインタビューを行いました。

s__23797799

 

−レオザの分析で稲穂と約2週間くらい関わっていたと思うのですが、ぶっちゃけ稲穂の最初のイメージはどうでしたか?

応募者の子が「絶対優勝したい」というすごく熱意のあるメールをくれたので、自分も熱い気持ちで最初の練習に行ったんですよ。そしたら稲穂のみんなは誰?という感じで、僕の方が引かれたって感じですかね(苦笑)とても熱意のある子たちだと思っていたら、なんか違うぞという感じでした。

 

−私たちも応募者の子から詳しくは何も聞かされていない状況でした(笑)急にYoutuberが来て、最初はみんな戸惑っていたと思います。

でも企画を通して、最後はみんなと仲良くなれてすごく嬉しかったです。積極的に僕のとこに聞きに来てくれる子もいましたし。

 

最終的にはレオさんがいるのが当たり前になっていましたね。レオザの分析の中で、何が一番大変でしたか?

大変なことばっかりでしたねぇ。強いていうなら人間の部分ですかね。最初信頼してもらうまでが特に大変でした。みんなのことも何も知らなかったので、もっと知っていたらスムーズにいったのかもしれませんね。あとは、戦術の共有ですね。攻撃に関して技術的なこと以外を言われることはなかなかないと思うんですよ。ポジショニングのこととか。攻撃の戦術を植え付けるのは、他のことよりもエネルギーを使ったかなと思います。

s__23797802

 

−監督がいない中で、知らない輪の中に分析官として入っていくのは相当大変だったろうなと思います。逆に嬉しかったことはなんですか?

嬉しいこともたくさんありましたね。考えた戦術が機能した瞬間も嬉しかったですし、いろんな子が信頼して聞きに来てくれるのも嬉しかったですね。公式戦で敵の分析を元にスカウティングして、先制点取った時も嬉しかったなぁ。やっぱり分析官として、初めて現場に立ってその分析の効果が現れたときはとても嬉しかったです。

 

−紅白戦や公式戦で点が決まると、ガッツポーズして喜んでいた姿が印象的でした。企画を通してサッカーサークルの良さを感じることはありましたか?

試合に出ていない人の応援が熱いなと感じましたね!チームのメンバーが応援してくれると、サボっちゃいそうなところも走れますしね!試合に出れない三年生も率先してチームのために応援してるのはすごいですね。一番大事なのは気持ちを作るところで、それがチーム内でできているところはサークルの良さだなと思いました。

 

−確かにみんなで応援するのは、サークルならではの良さかもしれませんね。

Jリーグの羽生さんも、自分の大学ではこんなに応援してもらえなかったと言っていましたし(笑)やっぱりそこはサークルの物凄いストロングポイントだと思います。

 

−雰囲気面以外のサッカー面はどうでしたか?

稲穂に関してはオーソドックスのサッカーをやっているなと思いました。責任感が強いので、失点に繋がるミスをしないプレーを選びがちというか…。そのせいで結果失点に繋がるプレーがありましたね。戦犯はいないけど、ヒーローもいないみたいなサッカーだなと思いました。サークル全体だと指導者がいないので、技術的なこと以外の思考をまとめる人がいないので一人ひとりの戦術理解力にばらつきがあるなと思いました。

s__23797801

 

−サッカーサークル全体がもっと盛り上がるためには何が必要だと思いますか?

SNSで試合の動画配信したらもっと盛り上がりそうですね!大会ごとにドキュメンタリーとしてYoutubeとかで配信したら、もっとサッカーサークル関係以外の人にも知ってもらえるしファンも増えそうだなと思います。個々が頑張っている中心部が抜けているのかなと思います。。

 

−面白そうですね!BeYonDとしてももっと社会人の方々や、高校生など幅広い人にサッカーサークルを知ってもらいたいなと思っています。技術面においては何が必要だと思いますか?

試合の中で起きる状況を想定したトレーニングが必要かなと思います。今までやってきた練習を続けるより、今勝つために逆算して練習メニューを考えるの必要かなと思いますね。監督とかいないとなかなか難しいですけどねぇ…

 

−最後に、今後のサッカーサークル界に一言お願いします!

サークルだからとか負い目を感じないでほしいです。サークルだからこそサッカー以外に使える時間もあると思うので、その時間で得たものをサッカーにも活かしてほしいです。

サッカーを人生に、人生をサッカーに活かせる場所としてとてもいいな思います!これからも頑張ってください!

 

ありがとうございました!稲穂にとっても今までにない初めての試みで、とても刺激のある2週間でした。これからもサッカーサークルのことを応援してくれたら嬉しいです。BeYonDとしてもサッカーサークルをより盛り上げるために頑張っていきたいと思います!

インタビュー第二弾では、レオさんが「Leo the football」になった理由や今後の夢を聞きたいと思います。ぜひ第二弾もチェックしてみてくださいね!

 

「Leo the football」のYoutubeはこちらから!

「レオザの分析」第一弾はこちらから!

【特別企画】Leo the footballにインタビュー!「Leo the football」編!

 

s__23797803

 

早稲田大学 稲穂キッカーズのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2022.05.27

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.3

中央大学体同連フースバルクラブB チームPR サークル界日本一を目指す 注目選手 河村達治(3年・中央大学高校):落ち着いたビルドアップで攻撃を組み立てるCB 注目新…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.08.07

【特別企画】マネージャーの実態を聞いてみた!第一弾

こんにちは〜!   長い長い梅雨が明けてくれて、やっとみんなが大好き大好きおまちかねの夏が始まりましたね〜!   太陽ギラギラのもと、白いボールを追いかけて、キ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.18

【18卒サッカー経験者限定招待】採用直結『蹴活イベント』開催決定!

【18卒サッカー経験者限定招待】BeYonD×株式会社アイ・パッション 採用直結『蹴活イベント』開催決定!   サッカーをしながら採用されちゃおう!という企画です。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.15

【BMOM9】 MF大石元気(2年)がチームを残留に導く決勝点

多摩の暴れ馬   中央大学フースバルクラブは第6節に、明治大学体同連サッカー部と対戦し、1-0で勝利した。5位と低迷していたチームを救ったのが、左SH38番の大石 元気(2年=藤枝東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.08.03

【マネの想いvol.5】“勝利の喜びを共有させてくれて、ありがとう”

第5弾となるマネの想いを語ってくれたのは、 慶應義塾大学 慶應キッカーズ 3年 諸星咲奈さん (写真右) ―キッカーズのマネージャーはどんな仕事していますか? 正直1番…

read more 田中菜々美
コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.07.14

【ユニフォーム特集 adidas編】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成ってメーカーやデザイン、ロゴの種類や値段などなど、、悩むポイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.26

【BMOM28】大山銀士(1年=東福岡)悔しさをバネにもぎ取った同点弾

優勝を収めたのは今大会屈指のタレント軍団中央大学フースバルクラブB。Aチームは準決勝で法政学団連に惜敗したが優勝したBチームの中で異彩を放っていたのが大山だ。 1-2で迎えた後半19分に芸術的な…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.01

【BeYonD特別ご招待】浦和レッズvsボルシア・ドルトムント試合観戦&特別セミナー+ドルトムント所属選手交流会イベント開催!!

BeYonDをご覧のみなさまこんにちは!!   本日から7月ということで、 早いもので、2017年も下半期に差し掛かりましたね!   そんな本日7月1日に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.09

【新関東カップ2017】敢闘賞

新関東カップで対価通り新関東1部のチームが上位進出を果たす中、トーナメント上位進出はならなかったものの格上相手にも勇敢に戦い、素晴らしい戦績を残したチームがいたことをみなさんはご存知だろうか。 …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-