【新チーム始動インタビューvol.7】”早稲田大学HUMAN FC”

BeYonD 編集部

強豪ひしめく早稲田大学で毎年存在感を示し、直近の学内戦でも優勝という結果を残した早稲田大学HUMAN FC(以下HUMAN)のキャプテン緒方哲人(新3年=加治木)と幹事長の藤林拓哉(新3年=比叡山)にインタビューしてきた。

2015〜2016シーズン

”一年を振り返って”

新関東1部から落ちてそれまである程度結果を出せていた分、絶望を感じた。チームを立ち上げて間も無くの学内戦は稲穂に負け、カップ戦もタイトルを取るまでには至ってないがリーグ戦までは確かな手応えを感じていたようだ。

img_9952

”ライバル”

去年なら早稲田稲穂が強かった。新関東のリーグで自分達的には1番いい試合内容だったにも関わらず勝てなかった。今年はまだやれてないけどやっぱり稲穂に勝ちたいという気持ちはみんな持ってるかな笑。また去年は明治体動連がなかなか勝てなかった。
個人の選手については
自チームの藤林を挙げた。私情が入るかもしれないけど他のチームにもあまりいない貴重なFW。一言で藤林を表すとすれば規格外でチームは藤林に何度も助けられていると絶賛していた。さらに中央フースバルの大石を挙げ1つ1つのプレーの質が高い選手と語ってくれた。

2016〜2017シーズン

”目標”

第1に1部昇格。また出る大会ぜんぶのタイトル獲りたい。リーグ戦で2部に落ちてから何かを変えなきゃいけないと思い幹部でミーティングをしたそうだ。そこで1部昇格はもちろん出る大会全部優勝しようという意思統一をした。さらにチーム全体で話し合う機会を多く作れたことで全員が同じベクトルを向け、それが早稲田学内戦優勝につながったと話してくれた。

 

 ”注目選手”

やっぱり藤林かな笑と緒方が答えてくれた。規格外のプレースタイルで点を量産し、チームの士気を高めてほしいと語った。またもう1人MFの磯島悠太 (新2年=真岡)を挙げた。ドリブルパス全部できて技術が高い。新2年生だがのびのび自由にやってくれればと幹部2人が期待を寄せた。

img_4824

HUMAN磯島

”チームコンセプト”

まずチーム理念があって、日本一のサークルを大きなコンセプトとして掲げている。またサッカーだけではなく応援などのピッチ外でも存在感を示したいと話してくれた。
戦術面は今はまだFW2人に攻撃は一任し、守備はひたすら我慢するという状態になってしまっている。目指すところは、DFラインでも時間を作って1試合通して試合を優位に進めれるようになること。ざっくりいうと自分達がやっていて楽しいサッカーかな笑。今までのHUMANは堅守速攻だったのに対して今年は点取り合戦になっている。そういう中でも負けないようなチームにしたい。

 

昨年新関東リーグ2部降格と苦い経験をしたHUMAN。新チームになり早くも結果を残した。今までの粘り強い守備にタレント揃いの強烈な攻撃陣が加わった今年のHUMANが大舞台で大躍進する日はそう遠くないだろう。

 

早稲田大学 HUMAN F.C.のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2021.03.30

【新歓記事2021】vol.6 明治大学サッカーサークル

beyond編集部です! 本日は中央大学に続き明治大学の5チームを紹介していきます! ぜひご覧になってくださいナ   明治生田サッカー部蹴友会 ・大学名…

read more 山崎冬弥
コラム 2022.10.11

学生の皆さん、包装業界って知っていますか?

私たちBeYonDプロジェクトのスポンサーをして頂いている株式会社フジキカイ様からのお知らせになります!!包装業界のリーディングカンパニーであるフジキカイ様ですが、そもそも包装業界って学生にはあまり馴…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.12

【BMOM20】長瀬良太(2年) 稲穂の次期王様が1ゴール1アシストの活躍で三ッ葉キッカーズをねじ伏せる

次世代の王様 強風のなかで行われた東西対抗戦は、新関東FLを全勝で優勝した稲穂キッカーズが関西の三ッ葉キッカーズに押し込まれるかたちとなった。前半27分、劣勢の中10番今井(3年=都立駒場)のニアへ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.03

【ユニフォーム特集】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成って難しいですよね、、 メーカーやデザイン、ロゴの種類や値…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.10

【新歓ムービー紹介vol.1】稲穂キッカーズ、A.C.Campione、慶應キッカーズ、フースバル

早稲田大学 稲穂キッカーズ https://drive.google.com/file/d/0B1o_D2myHYM1S1c5aFJ2dUNLZWc/view?usp=sharing 【コンセ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.02

【プレーヤーからマネージャーへ vol.1】フースバル編

今回から、BeYonDの新しいシリーズ企画として、サッカーサークルにおけるプレーヤーからマネージャーへの想いをテーマとした対談を記事にさせていただきました。 第一弾は、中央大学体同連フースバルク…

read more 松本 瑠風
コラム 2018.03.31

【BMOM91】川島優太(1年=東京ヴェルディユース) 慶應学内戦王者奪還に大いに貢献したJ下部育ちのファンタジスタ

3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、慶應義塾大学キッカーズFC(以下:キッカーズ)が、昨年度の慶應学内戦王者、慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)、に先制されたものの、後半中盤…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.06

新人戦2年生大会 予選ダイジェスト「第1グループ〜第4グループ」

第1グループ 法政大学学団連サッカー部と新関東リーグ1部の明治大学体同連サッカー部、昨年の新人戦1年生大会で予選1位通過を果たしたダークホース國學院大学FC ROSSOの3チームで、1位通過をし…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.25

【BMOM109】途中出場の大井川翔(2年=八千代松陰)が値千金の同点弾!!

先週の試合が延期になったこともあり、他のリーグより遅れて開幕した新関東リーグ2部B。 このリーグきっての強豪、日本大学法学部サッカー部(以下=日大法学部)と、慶応大学理工学部サッカー部(以下=慶応リ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-