【BMOM11】 妹尾 空(3年)が守備の要として勝利に貢献

BeYonD 編集部

超高層ヘディングマシーン 妹尾

 

明治大学グル―ビーキッズは第6節に、青山学院大学理工サッカー部と対戦した。結果は1-0で明治グル―ビーが勝利した。グル―ビーは後半開始早々に奪った1点を守り抜いた執念の勝利であった。その堅い守備の中心にいたのが、妹尾 空(3年=作陽)だ。この試合でも得意の空中戦で敵を圧倒し、攻撃の起点を潰し続けた。さらに、的確なコーチングでDFラインを統率し、無失点に抑える活躍を見せた。

img_3033

試合を振り返り「無失点に抑えられたのもチーム全員の活躍があってのものなので、非常に感謝している」と共に戦った仲間を称賛した。試合に関して、「まず個人として、相手の10番の裏とその下の27番のところを抑えることを意識してプレーした。またチームとして、主力を欠いた中での試合だったので、堅守速攻を意識して臨んだ。1点決めてから、ボールを回してくるのがわかっていたので、ラインを低く保ち最後のところで囲んで奪おうという戦術がうまくフィットした」とコメントした。大柄で身体能力が高いうえに賢い頭脳も兼ね備えている。妹尾の爆発的な跳躍力から繰り出されるヘディングは一級品だ。そのヘディングする姿から、高校時代のあだ名は「ヘディングマシーン」。妹尾のヘディングを見ると度肝を抜かれるであろう。妹尾は次節に向けて「フースバルさんとは今の代になって初の対戦となるので、どうなるかわかりません。しかし、中大さんとの相性はいいのでいいイメージで試合に臨めそうです」と話した。最終節のフースバル戦に勝利すれば、2位と好成績でリーグ戦を終えることができる。重要な最終節でも「ヘディングマシーン 妹尾」に注目だ。

また余談になってしまうが、応援団長の齋藤(4年=鶴岡南、通信制高校)にも注目となる。

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.03.26

【4/10(火)開催】BeYonD ×Criacao コラボイベント「まだ間に合う!内定直結!?自己表現セミナー」開催決定!

今年も桜が見ごろになってきました。 4年生の多くは思い出がたくさん詰まった大学の卒業式を迎え、社会人に向け本格的な準備を始めている頃でしょう。 そんな中、新4年生は就職活動真っ只中!! …

read more 古平 翔太
コラム 2019.04.23

【サークル × 体育会イベント】早稲田稲穂キッカーズキャプテン 中島剣士郎『実際にはサッカーに熱中する同じ大学生』

3/27(水)に大学サッカー界新たな試みとして開催された「サークル × 体育会」イベント。この日はサークルvs体育会でバチバチの試合が繰り広げられた後に、交流会が開催され、お互いのイメージや価値観を交…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.08.28

【マネの想いvol.9】”何があっても、応援し続ける”

明治大学体同連サッカー部  藤原由衣さん     −体同連としての3年間の結果はどのようなものでしたか? 2年のときが1番強かったと思います。私た…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.11.06

【BMOM112】谷口諒(3年=桃山学院) 立愛の勝利に導く決勝点をアシスト!

10月20日、鹿島ハイツにて新関東リーグ・1部第3節、立教サッカー愛好会(以下:立愛)と慶應義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:慶應キッカーズ)との試合が行われた。 お互いに丁寧にボールをつ…

read more 三木大輔
コラム 2017.09.04

【10/23(月)開催・2019卒対象】第2回BeYonD蹴活イベント開催決定!

みなさんこんばんは! もう夏休みも半分を過ぎてしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか 夏で幹部交代のチームも多くあり、 3年生は就職活動に動き出す時期ですね!   …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.16

【BMOM84】GK那須将司(3年=延岡)気持ちのPKストップで残留に近づく初勝利に貢献

【新関東リーグ2017・1部第6節】Zozopark Honda Football Area 青山学院大学理工サッカー部 0-1 早稲田大学FC.GUSTA 11月11日に行われた新関東リーグ…

read more 森井 貴弘
コラム 2017.02.24

【BMOM27】藤林拓哉(2年=比叡山) とにかく明るい藤林が圧倒的な活躍でHUMAN F.Cを早稲田の頂点に導く

早稲田大学学内戦決勝戦では、圧倒的な得点力で勝ち上がってきたHUMAN F.Cと、優勝候補である稲穂キッカーズを準決勝で倒した早稲田理工サッカー部が相見えた。   この決勝戦でも…

read more 古平 翔太
コラム 2018.09.16

【BMOM104】内海 健太郎(3年=春日部共栄)優勝への立役者は闘志あふれる高い壁!!

全国から65チームが集まりしのぎを削るサークルの全国大会、マガジン杯が9月7日に開催された。 優勝候補としては新関東カップを優勝した中央大学フースバル、昨年の王者である早稲田大学稲穂キッカーズが有力…

read more 落合陸
コラム 2019.07.12

【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新…

read more 狩野幹太郎
コラム 2016.12.16

サッカー同好会都市伝説!?Premier Cupを制する者はマガ杯を制す!

いよいよ明日! 12月17日(土)~18日(日)の二日間で【Premier Cup EAST in 波崎】が開催されます。   そこで今回はPremier Cupについて耳寄り…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-