【BMOM11】 妹尾 空(3年)が守備の要として勝利に貢献

BeYonD 編集部

超高層ヘディングマシーン 妹尾

 

明治大学グル―ビーキッズは第6節に、青山学院大学理工サッカー部と対戦した。結果は1-0で明治グル―ビーが勝利した。グル―ビーは後半開始早々に奪った1点を守り抜いた執念の勝利であった。その堅い守備の中心にいたのが、妹尾 空(3年=作陽)だ。この試合でも得意の空中戦で敵を圧倒し、攻撃の起点を潰し続けた。さらに、的確なコーチングでDFラインを統率し、無失点に抑える活躍を見せた。

img_3033

試合を振り返り「無失点に抑えられたのもチーム全員の活躍があってのものなので、非常に感謝している」と共に戦った仲間を称賛した。試合に関して、「まず個人として、相手の10番の裏とその下の27番のところを抑えることを意識してプレーした。またチームとして、主力を欠いた中での試合だったので、堅守速攻を意識して臨んだ。1点決めてから、ボールを回してくるのがわかっていたので、ラインを低く保ち最後のところで囲んで奪おうという戦術がうまくフィットした」とコメントした。大柄で身体能力が高いうえに賢い頭脳も兼ね備えている。妹尾の爆発的な跳躍力から繰り出されるヘディングは一級品だ。そのヘディングする姿から、高校時代のあだ名は「ヘディングマシーン」。妹尾のヘディングを見ると度肝を抜かれるであろう。妹尾は次節に向けて「フースバルさんとは今の代になって初の対戦となるので、どうなるかわかりません。しかし、中大さんとの相性はいいのでいいイメージで試合に臨めそうです」と話した。最終節のフースバル戦に勝利すれば、2位と好成績でリーグ戦を終えることができる。重要な最終節でも「ヘディングマシーン 妹尾」に注目だ。

また余談になってしまうが、応援団長の齋藤(4年=鶴岡南、通信制高校)にも注目となる。

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.05.31

【BMOM49】巽健(3年=都立三鷹)”持っている男”のシュートセンスがジャイアントキリングを巻き起こす!

1回戦から勝ち進んできた首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は昨年2部上位で慶應義塾大学の学内戦を制した慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)と対戦した。 格上との対戦となった八雲…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.26

【新入生必見!同好会チームガイドvol.2】早稲田大学編その2

各大学でそれぞれのチームが新歓の準備を進めている今日この頃ですが、 第2回も第1回に引き続き「早稲田大学」を特集します! 今回は、ユニオンリーグ1部で戦う6チームをピックアップしていきます…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.18

【美女マネ特集vol.13】第13回はミス〇〇リンピックにも選ばれたあのチームのマネ!

こんにちは!   夏は暑がり、冬は寒がり、好きな国旗はハンガリーでお馴染みの美女マネです!!   最近非常に寒いですね~。   &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.16

【サッカーを仕事にするということvol.1】第一弾はアマチュアサッカーを支えるあの企業!

新企画、「サッカーを仕事にするということ」が始まります! プレーヤーとしてサッカーに関わることがすべてではなく、様々な形でサッカーに関わっている人にインタビューしていきたいと思います。 第一弾…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.10.17

【新関東リーグ2021・1部第2節マッチハイライト】絶対に負けられないこの戦いを勝ち抜いたのは!?

大雨、強風でかなり気温も低く最悪の天候で行われた第2節。開幕戦と連戦で疲労も溜まっているが、激戦が繰り広げられたその結果がこちら!   早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.09.06

【マガハイ直前!】昨年度Best4サークルにインタビューvol2.

夏休みも後半戦に差し掛かってきたところではないでしょうか。どうもBeyond編集部です!いよいよ開幕を目前に控えた「第41回サッカーマガジンカップオープン大会2023(通称:マガハイ)」に向けて各サー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.05.28

【マネの想いvol.7】”「楽しむこと」を1番に”

本当に久しぶりの更新となりました!第7弾マネの想いを語ってくれたのは、学内戦、稲穂カップ連覇と勢いが止まらない 中央大学サッカー同好会 3年 竹中莉夏さん ー中央大学サッカー同好…

read more 五石有以子
コラム 2016.12.30

激闘!!関東同好会トレセンがスペイン遠征を振り返る!!

2016年12月18日 鹿島アントラーズがクラブワールドカップ決勝戦で欧州王者のレアルマドリードを苦しめていたまさにその時、 関東同好会トレセンの選手達がマドリードの空港へ降り立ちました。 そん…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.24

【BMOM33】 丹羽遼(3年=東海大仰星) バランサーに徹した男のスーパーボレーで延長戦を制し、グアムの切符を掴み取る!

【BMOM33】京都産業大学 ONZE 15番 MF 丹羽遼   Guam Championship本大会・決勝は東洋大学 FC Liberte(以下Liberte…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-