激戦必須!新関東リーグPREVIEW SHOW【後編】

山崎冬弥

昨日に続き、新関東リーグ1部のチームを紹介!

 

明治大学体同連サッカー部 (以下:明治体同連)

・昨シーズン 6位

今年の明治体同連のサッカースタイルは堅守速攻で、J1の名古屋グランパスを彷彿とさせる。最終ラインは昨年からほぼ変わっておらず、実力と経験値は申し分ないため、堅い守備と縦に速い攻撃は多くのチームを苦しめることになるだろう。ロングボールを主体とする攻撃で、如何に中盤でセカンドボールを回収できるかが、勝利の鍵となる。学内戦は準優勝と悔しい思いをした分、この大会では結果を残したい思いは強く、ウノゼロ目指し堅実に勝ち点を積み重ねていく勝ち方で、昨年以上の成績を目指す。

注目選手は名門静岡学園出身で、サークル界きっての技巧派ボランチである長倉利憲(3年=静岡学園高校)だ。攻撃だけでなく、豊富な運動量で守備にも貢献するなど、間違いなく明治体同連の心臓であり、彼がチームをまとめあげ勝利を導くことが出来るのか、注目である。

 

早稲田大学HUMAN F.C.  (以下:早稲田ヒューマン)

・昨シーズン 7位

タレント揃い、技術派集団早稲田ヒューマンは持ち前の個人技で相手を制するパスサッカーで昨年以上の成績を狙う。今年の学内戦では準決勝で敗れ、惜しくもアットホームカップ関東大会出場権獲得を逃すなど、今年は未だ思うような結果を残すことができていないものの、個人技と選手層はサークル界随一で、強豪チーム出身者が数多く在籍することもあり、個性豊かなタレントが揃っている。タレント達をまとめ上げ、技術力で相手を圧倒することが出来れば優勝も見えてくるだろう。

早稲田ヒューマンの注目選手は、松本ヨーディエ侑大(3年=千葉県立柏南高校)。180センチを超えた恵まれた体格の持ち主で、前線でのボールキープが特徴である。また高校サッカーの名門流経大柏高校の下部組織で磨いた技術は今も健在で、攻撃の起点となるプレーに注目だ。

 

 

明治大学生田蹴友会 (以下:明治生田)

去年最下位だった明治生田はジャイアントキリングを密かに狙う。一年生の頃から試合に出場していた選手が多い生田は注目選手山田大晴(2=国士舘)を守護神GKとし、無失点優勝を目指している。コロナの影響を受け、全体練習ができなかったことで各々の自主練が続いたものの、メモリアルカップでベスト4の戦績を残し、今最も勢いに乗っているチームである。

 

立教大学サッカー愛好会 (以下:立教愛好会)

・昨シーズン2部A2位

昨年の新関東リーグ2Aにて1部昇格を決めた立教愛好会。学内戦では優勝したものの、新関東カップ、メモリアルカップでベスト16と、納得のいかない結果で終わっているため、この大会にかける思いは他のチームよりも強い。そんな立教愛好会の注目選手は野村航輝(3=三田学園)だ。卓越した足元の技術と瞬間的なスピードで相手を抜き去り、ゴールに迫る立愛のテクニシャン。そして、高田悠生(2=真岡)。フィジカルの強さとボールキープ力が武器であり、収める能力は今大会屈指。この2人を中心に繰り広げられる立教愛好会の攻撃に期待したい。

 

中央大学サッカー同好会 (以下:中央サカ同)

・昨シーズン2部B1位

昨年の新関東リーグ2Bで見事優勝を果たし1部昇格を決めた中央サカ同。今年のプレミアカップでは惜しくもフースバルにPKまで持ち込んだものの惜敗し、同じ中央大学としても打倒フースバルで燃えている。そんな中央サカ同の注目選手は田島利基(3=狭山ヶ丘)だ。身長を生かしたヘディングが武器。ウイイレでいう「スパサブ」持ちでメモリアルカップでは試合終盤にSBからCFに移り、劇的な点を決めている。また、信岡光(1=日大藤沢)もキーマンである。中央サカ同のロメロ・ルカクと呼ばれ、強靭な肉体でボールをキープしポストプレーが得意。シュート技術は中央サカ同屈指であり、この2人のFWで強豪揃いの新関東リーグで大量得点を狙う。

 

昨日に続いて昨シーズンの1部6位〜8位、2部から昇格した2チームの計5チームを紹介してきた。

今シーズンの10チームはいかがだったでしょうか。

昨年、2部への昇格がなかったため、例年より2チーム多いことで試合数も増える。加えて、コロナの影響で思うような活動ができなかったチームが多いことで、難しいシーズンになることが予想されるが、選手達には全試合全力で挑んで欲しい。

どこのチームも実力は拮抗しており激戦になること間違いなし。例年より盛り上がるこの新関東リーグを是非楽しんでほしい。

Written by

山崎冬弥

touya

Keywords

Recommend

コラム 2021.03.28

【新歓記事2021】vol.4 慶應義塾大学サッカーサークル その2

    新歓記事vol.4では、vol.3に引き続き慶應義塾大学の3チームを紹介します! FC e.l.f ・チーム名 FC e.l.f. ・自…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.27

【マネの想いvol.8】"無冠の代とは言わせない"

–稲穂キッカーズ(以下稲穂)は練習がすごく厳しいことで有名ですよね。 週3回、午前に2時間練習します。早いときは8時から。2時間集中して練習を行います。遅刻は絶対にだめで、1年時からプレマネ関係なく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.21

【新人戦1年生大会②】総集編

【優勝】成蹊大学FC kanoa 安定した守備と厚みのある攻撃を武器に優勝という最高の結果を収めた。準決勝では法政PASSION AとPK戦までもつれ込むなど苦しい試合もたくさんあったはずだが勝…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.28

【チームの根vol.1】 “責任と誇り” 慶応キッカーズ58th 宮武勇旗 (3年=サレジオ学院)

サッカーサークルはなにも試合に出ている花形のプレイヤーや、チームの華としてプレイヤーを支えているマネージャーだけではない。彼らがいなくては一サークルとして成り立たない。そんな“根っこ”のような存在がい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.13

【新チーム始動インタビューvol.7】”早稲田大学HUMAN FC”

強豪ひしめく早稲田大学で毎年存在感を示し、直近の学内戦でも優勝という結果を残した早稲田大学HUMAN FC(以下HUMAN)のキャプテン緒方哲人(新3年=加治木)と幹事長の藤林拓哉(新3年=比叡山)に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.05.16

【BMOM93】中島剣士郎(2年=早大本庄)が稲穂を優勝へ導く意地の一発!

5/13〜14に鹿島ハイツで開催された稲穂カップ2018は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:稲穂)が慶応義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:キッカーズ)を1-0で撃破し稲穂の優勝で幕を閉じた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.18

【美女マネ特集vol.13】第13回はミス〇〇リンピックにも選ばれたあのチームのマネ!

こんにちは!   夏は暑がり、冬は寒がり、好きな国旗はハンガリーでお馴染みの美女マネです!!   最近非常に寒いですね~。   &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.12

【関西サッカー同好会トーナメント】マッチプレビュー

関東では一足先にカップ戦が開幕しているが… 明日からは遂に、関西でも同好会トーナメントが開幕する。 気になるトーナメント表はこちら! 今年は大阪大学DACOTA、京都大学BONBERS、オチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.01

【就活記事vol.1】早稲田稲穂 米澤直也(4年=早稲田実業)の某大手広告会社の内定獲得に迫る!

某大手広告会社1に就職予定の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)6番米澤直也(4年=早稲田実業)の就職活動に迫った。 早稲田稲穂では、副キャプテンを務め“対人負け知らず”のサイドバックと…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.30

【マネの技術vol.5 】〜プレを支えるテーピングの方法編〜

プレイヤーが足を痛めている…けど試合に出場したい… そんな時に必要なのがテーピング!! いつもプレイヤーがテーピングしている姿を見て、やってあげたいなと思っているマネさんもいるのではないでしょうか…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-