【BMOM81】金子凌大(3年=早大本庄)アイドルを愛する硬派な漢が中央フースバルの攻撃をシャットアウト。推しメンの誕生日にチームを無失点に導く

BeYonD 編集部

残留のためになんとしても勝ち点が欲しい早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)は爆発的な攻撃力がウリの中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と勝ち点1を分け合った。

中央フースバルがボール支配率70%近く保持する中で辛抱強く猛攻を耐え続けた、この日の早稲田グスタDF陣の集中力は圧巻であった。

そんな早稲田グスタDF陣を背中で引っ張っていたのがDFリーダーの金子凌大(3年=早大本庄)である。中央フースバルの決定機を体を投げ出してブロックし続ける姿はまさにゴールを守る硬派な漢であった。

image

打点の高いヘディングと冷静沈着なカバーリング、落ち着いたボール捌き。CBとして申し分のないバランスのとれた選手である。この日も持ち前のヘディングの強さを見せつけるだけでなく、攻撃時には攻撃の起点として最終ラインから丁寧にボールを繋いでいく姿が印象的であった。相方である関(1年=浦和レッズU-18)に注目がいきがちであるが、関が自由にプレーできるのも”金子がいる”という安心感があってからこそと言っても過言ではない。

そんな彼はONの時はサッカーに全力を捧げる一方、OFF時には恵比寿中学、ももいろクローバーの熱狂的なファンであるというから驚きだ。

この日が推しメンの誕生日である金子は「強豪中央フースバル相手でしたが勝つつもりで試合に臨もうと思ってました。推しメンの一人である私立恵比寿中学の中山莉子ちゃんが誕生日だったので推しのパワーをもらって試合に臨みました

とこの試合にかける意気込みを語ってくれた。


推しメンの誕生日に負けは許されない金子は試合中、中央フースバルの猛攻を耐えながら「1点取られたらポンポン点を取られる気がしたので、意地でも点はやらない。心が折れそうになった時は中山莉子ちゃんを頭に浮かべ勇気とパワーを貰ってました。
と試合を振り返った。

武器であるヘディングを行う頭で、そんなことを考えていたのは驚きであるが確かにこの日の金子は神懸っていた。

後半15分にはフースバルの決定的なミドルシュートをスライディングで間一髪のところでブロック。劣勢時には声を張り上げチームを鼓舞した。決して目立つ選手ではないが、気が使えるチームに1人はいてほしいプレーヤーである。

image

しかし現在はチームの中心である金子も1部昇格を果たした昨年時は出場機会に恵まれていなかった。その悔しさゆえに今年のチームに懸ける思いは並々ならないものがある。

昨年度のDFライン4枚全員が現4年であったため、イチから構築することとなった今年のDFラインについて金子は「個々の能力が去年より劣る分、試合中のコミュニケーションはDF内で取るように意識しています。何よりも関が入ってくれたことで安定感が増したのが1番でかい」
とコミュニケーションの大切さとCBの相方を絶賛した。


次節早稲田グスタは明治生田との裏天王山を控える。絶対に負けられない1戦に対して金子は
生田との試合が1部に残留できるかを決めると言っても過言ではないと思うのでCBとして相手を無失点で抑えたい。絶対に勝ちます」と語ってくれた。

早稲田グスタが明治生田攻撃陣を抑え残留圏内から抜け出せるかはアイドルオタクの金子にかかっている。

早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.07.05

【BeYonD History vol.1】“真面目老害” 古平翔太編

新企画がスタートしました! 今回はBeYonD内部でメンバーの紹介も交えながら各メンバーがどうしてBeYonDに入ってどんな気持ちで活動しているのか等、普段の記事だけでは分からない内情を発信していけ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.03.06

【新歓記事vol.4】新入生必見!!立教大学&法政大学サッカーサークルを比較してみました!!

こんにちは!BEYOND編集部です!3月に入り多くの新入生はどのサークルに入るか悩んでいる時期ではないでしょうか?今回は、法政大学、立教大学の4サークルについてまとめてみました!是非サークル選びの参考…

read more 山崎夏果
コラム 2018.10.19

【新関東リーグ 2018】1部 第1節・第2節ハイライト

先日10月13.14日に集中開催形式で新関東リーグ1部 第1節と第2節が開催された。 例年、集中開催は第4節と第5節で行われていたが、今年は異例の開幕戦スタート。 リーグ戦の勢いに大きく影響を与え…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.07

新チーム始動インタビュー第2弾”中央大学フースバルクラブ 若杉俊介”

2017年になり、新チームが始動した中央大学フースバルクラブ。キャプテンの若杉俊介(2年=新潟明訓)を取材した。 (写真 左はキャプテンの若杉、右は副キャプテンの大石) 2015-20…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.05.21

【BMOM122】鹿野鉱樹(1年=専大松戸)1年生ながらチームの攻撃を牽引!同点弾で勝利に大きく貢献した法政工体連の新戦力!

5月18日ATSU FOOTBALL FIELDにて、新関東カップ2回、明治大学グルービーキッズ(以下:明治グルービー)vs法政大学工体連サッカー部(以下:法政工体連)が行われた。 昨年度のリー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.28

【新歓記事2021】vol.4 慶應義塾大学サッカーサークル その2

    新歓記事vol.4では、vol.3に引き続き慶應義塾大学の3チームを紹介します! FC e.l.f ・チーム名 FC e.l.f. ・自…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.18

【高校別OB座談会vol.7】昨年全国出場を果たした強豪校!桐蔭名物麻婆唐揚げとは…?

中大同好会4年山本璃來、中大フースバル2年橋本光一郎、慶應リコタイ4年石井諒、法政学団連3年町田晃司、早稲田稲穂キッカーズ3年景山亜月、慶應キッカーズ3年堀口創平、元立教愛好会4年鈴木志遠、明治エスペ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.10.29

【キャプテン特集】全員が入って良かったと思えるサークルへ

みなさんこんにちは! リーグ戦も始まり、ほとんどのチームがあと約1か月で3年生が引退してしまいます。 そんな中、今年2部から昇格しノリに乗っている 立教サッカー愛好会主将(以下:立愛) …

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.04.05

【新歓記事2021】vol.11日本大学サッカーサークル

【新歓記事2021】最終回は、日本大学の特集記事です! 学部ごとにキャンパスが異なる日本大学だからこそ、サークルごとにそれぞれの良さが出てますね! 新入生はぜひサークル選びの参考にしてもらえると嬉…

read more 大田智輝
コラム 2023.09.07

【明日開幕】第41回マガジンカップ オープン大会2023の概要と展望

サッカーサークル日本一を決めるマガジンカップ、通称マガ杯が今年も長野県菅平で開催される。 今年は東京近郊の大学に加えて関西地方や東北地方から総勢64チームが、サークル日本一の座をかけて凌ぎを削る…

read more 東 孝太郎

-PICKUP CIRCLE-