【新関東リーグ2021・1部第6節マッチハイライト】大混戦の新関東リーグ2021一部。順位のの変動の行方は!?

青木優太

11/7()に新関東リーグ第6節が鹿島ハイツで行われた。結果は以下の通り。

 

1試合目は、お互い昨年2部リーグから昇格してきた、立教大学サッカー愛好会(以下、立愛)と中央大学サッカー同好会(以下、サカ同)の昇格組2チームの対戦となった。前半は、得意のポゼッションからゴールを狙うサカ同と堅い守備から速攻でゴールを狙う立愛で両者の良さがお互いに出る展開になった。球際の激しい攻防を見せ、両者譲らずに前半は0-0で終了した。後半5分、立愛8番野村航輝(3=三田学園)のスルーパスに77番高田悠生(2=真岡)が抜け出し混戦となり、6番江田風太(3=都立城東)が倒されPKを得る。これを6番江田がゴール右隅に沈めて待望の先制点となる。その後サカ同も反撃するが、立愛の堅い守備に抑えられそのまま試合終了。立愛が優勝争いに食い込む勝ち点3を手にした。

 

 

2試合目は、現在単独首位を走る早稲田大学稲穂キッカーズ(以下、稲穂)と現在2位に位置をつける明治大学生田サッカー部蹴友会(以下、生田)の上位対決となった。前半からお互いロングボールが多い試合となった。前半30分生田が絶好の位置でフリーキックを獲得するも壁に当たる。一方稲穂は、フリーキック、コーナーキック、クロスでチャンスを作るがなかなか決めきれない。後半20分、稲穂38番双木駿(1年=早大本庄)のクロスに14番小森祥吾(3年=國學院久我山)が頭で合わせて先制する。そして後半30分、36番中塚剛佑(1年=暁星)が抜け出しキーパーをかわしてシュート。これが決まり、試合を決定づけるゴールとなった。上位対決は稲穂が勝利し、単独首位を守る形となった。

 

 

3試合目は、前節今季初勝利を掴み勢いに乗る、2連覇中の早稲田大学FC.GUSTA(以下、グスタ)と現在4位に位置をつける早稲田大学HUMAN FC(以下、ヒューマン)の早稲田ダービーとなった。前半、グスタがフリーキックから4番閔海泓(3年=國學院久我山)が折り返して、18番萩本遥平(2年=國學院久我山)が押し込み待望の先制をあげる。一方後半、ヒューマン28番小山尚紀(1年=静岡学園)が個人技でグスタDF2枚かわして、ワンツーからのシュート。これがゴールに突き刺さり見事に同点に追いつく。そのまま両者譲らずに注目の早稲田ダービーはドローで試合を終えた。

 

 

4試合目は、優勝候補筆頭だが、未だ思うように勝ち点が積めていない中央大学フースバル体同連(以下、フースバル)と今季初勝利がなんとしてでも欲しい早稲田大学理工サッカー部(以下、早理)の対戦となった。前半は、お互いロングボールによって相手の様子を伺う展開となった。お互いの集中した堅い守備により両チーム譲らない。そんな中前半20分、早理6番浅沼拓真(3年=都立国立)からのクロスに80番遠藤佑馬(1年=静岡学園)が合わせて先制する。ここで早理が流れに乗り、チャンスが増える。しかし決めきれない。後半、フースバルも自慢の攻撃力で反撃に出るも早理の集中した守備にシャットアウトされる。このまま試合終了。早理が今季初勝利を掴む形となった。フースは9位に順位を落とし、苦しい状況になった。

 

 

6節は順位の変動が大きく変わる展開となった。優勝候補筆頭であったフースバルが3敗と苦しい状況になったが、まだどのチームも優勝争い、降格争いに参加するかは分からない状況となり、混戦になるであろう。第7節での順位の変動が楽しみである。

なお、慶應大学理工学部サッカー部はコロナウィルスの影響で活動が出来ず、2021年新関東リーグは全試合不戦敗となった。

[第6節]

立教サッカー愛好会10中央サカ同

早稲田稲穂20明治生田

早稲田グスタ11早稲田ヒューマン

早稲田理工10中央フースバル

 

[順位表]

Written by

青木優太

yuta

Keywords

Recommend

コラム 2017.02.12

【マネの想いvol.4】”プレを支え、プレに支えられたマネージャー”

3年マネージャー特集 第三弾 明治大学KNIGHTS 鈴木志歩さん 「1人だったけど、みんなのおかげで1人じゃないと思えた」 −明治大学KNIGHTS(以下knights)に入った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.20

【マネの技術Vol.1】消毒液は使わない?プレが怪我した時に使える技術〈応急処置編〉

マネージャーをしていると、プレイヤーの怪我の手当ては日常茶飯事。でも、なんとなく知っている知識でなんとなく行っていませんか?是非この記事を読んで応急処置をマスターし、知識と技術をもったマネージャーにな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.21

【美女マネ特集vol.2】第2回は他チームも借りたくなるほどのマネ王国、あのチームのマネ!

お久しぶりです。   先日ついに、ついに、始まった夢の企画。   フォロワーが100人しかいなかったBeYonD公式Twitterで第1回の記事更新をお知ら…

read more 上野澄人
コラム 2019.06.15

【BMOM133】後藤諒(3年=八千代) 立教愛好会縁の下の力持ちが緊張の取材デビュー!

6/8(土)@鹿島ハイツ第5グラウンドにて行われた新関東カップ準決勝。立教大学サッカー愛好会(以下:立教愛好会) vs 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:慶應リコタイ)は前半2点を挙げ、勢い…

read more 小口 瑞乃
コラム 2017.01.19

新チーム始動インタビュー第3弾”明治大学Groovykids 竹井伸吾”

昨年度、高い技術を備えたタレント達が躍動し、新関東カップベスト4、明大カップ準優勝や新関東リーグ2位と好成績を収めた明治大学Groovykids。そのタレント軍団を率いた澤井(3年=ジェフ千葉Y)に代…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.08

【BMOM60】三谷朋司(3年=国泰寺) 超強力攻撃陣を牽引し続けるマエストロ

超強力攻撃陣を牽引し続けるマエストロ 三谷朋司(3年=国泰寺)   関西同好会トーナメント準決勝京都産業大学ONZE(以下ONZE)対立命館大学CRACKS(以下CRACKS…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.05

【新関東リーグ2019一部・第4節】最大の山場である早稲田ダービー。FC.GUSTAが執念の逆転勝利!

開幕からしっかりと三連勝を収め、今節も勝利し優勝に向け弾みをつけたい早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。対するは3節を終え3位となんとしてでも今節勝ち点3をもぎ取り優勝争いに関わりたい早稲田大学F…

read more 高澤航平
コラム 2017.11.24

【新関東FL2部自動昇格戦】マッチプレビュー 最高峰の舞台”新関東1部”へ昇格するのは

先週19日に、最終節を消化した新関東FL2部。各ブロック1位のみが1部昇格の道を許された狭き門をくぐり抜けたのはAブロックからは慶應義塾大学キッカーズFC(以下慶應キッカーズ)、Bブロックからは大方の…

read more 浅川大樹
コラム 2017.01.18

【美女マネ特集vol.13】第13回はミス〇〇リンピックにも選ばれたあのチームのマネ!

こんにちは!   夏は暑がり、冬は寒がり、好きな国旗はハンガリーでお馴染みの美女マネです!!   最近非常に寒いですね~。   &nb…

read more 上野澄人
コラム 2020.07.14

【ユニフォーム特集 adidas編】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成ってメーカーやデザイン、ロゴの種類や値段などなど、、悩むポイ…

read more 小川雄矢

-PICKUP CIRCLE-