【マガハイ直前!】昨年度Best4サークルにインタビュー vol.1

BeYonD 編集部

 

みなさん、お疲れ様です!!BeYonD編集部です!夏の大会に向け、各サークル活気がましている時期ではないでしょうか??

9月8日より、第41回サッカーマガジンカップオープン大会2023が開催されます。5日間に渡り、各チームが鎬を削りあう間違いなくサッカーサークル界最大級の大会です!また、各サークル髪を染めることも多く、41回という伝統を持つ「祭り」のような一面もあります!

そこで今回は昨年度マガハイベスト4という成績を残した、早稲田大学HUMAN F.C.(以下:早稲田HUMAN)、慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:慶應理工)の選手にインタビューをしました!今回の大会に向けて熱い思いが語られています!!必見です!!

早稲田大学 HUMAN F.C.

まずは、早稲田HUMANにインタビューしていきます!今回インタビューに協力してくれたのは、キャプテンの竹野豪さんです!昨年度マガジン杯ベストイレブンに加え、得点王を獲得している実力者です!

-それでは早速インタビューしていきます!まず、昨年の良かったところは何でしょうか?

間違いなく雰囲気!!
HUMANが一番盛り上がってた自信あるし、みんながめちゃめちゃ仲良くなれたってところが大きい!ほんとに去年のマガハイは1番HUMANらしいHUMANを見せれたと思ってる!

 

-とても良い雰囲気で大会に臨めてたんですね!逆に悪かった部分などはありますか?

ゆーてほとんどないんやけど、応援の部分が一番悔しいかな!去年も常に移動しながら各チームの応援に行ってたけど、まだまだやりたいしもっともっとできたかなっていう部分が反省点!
あ、あと宿帰った時にもっと遊べば良かったかな。最初は鬼ごっこしたり卓球したりWiiしたりめちゃくちゃ遊んだけど最後の方は疲れて寝るの早すぎたんで今年は遊び尽くします!笑

 

-なるほど!確かに去年は試合時間が被ることがあってなかなか他チームの試合を見れない時もあったよね。疲れた中でも楽しさを見出せるのがマガ杯のいいところだね!じゃあ、そんなHUMANの注目選手を教えてください!

それはもちろんCチームキャプテンの柳澤京介だよね!190センチを超える長身イケメンで、誰もが予想できない奇想天外な行動により敵味方全てを惑わすスーパープレイヤー!そんな京介が今年はキャプテンという役職でどのようなプレーをするのか期待してる!

-Aチームだけでなく全てのチームに注目していきたいですね!今年のマガ杯の意気込みをお願いします!

今年はマジで楽しみ!ABCともに仕上がってるし、HUMANとしてタイトルも全然夢じゃないとは思ってます!HUMANらしく死ぬほど盛り上がって周りのサークル全部圧倒して一番楽しんだサークルはうちって胸張って言えるように頑張ります!

 

-そうだね!絶対優勝したいね!優勝を目指していく上で戦いたいチームがあれば教えてください!

稲穂キッカーズかな!間違いなく因縁のライバル!悔しい思いをさせられることも多いので、ここで一つ勝って次に繋げたいかな!

 

-去年のマガ杯で負けてるから同じ舞台でリベンジしたいよね!最後に一言お願いします!

すっげーばかやって、盛り上がって、笑って、泣いて、最高に楽しいthe青春!なこの大会HUMANが一番に盛り上がって、周りのサークルを巻き込んで全員でマジで最高な大会にしたいです!!

 

-ありがとうございました!

優勝を目指すだけではなく、楽しむ心を忘れない大切さを語ってくれました!今年のHUMANがどのような盛り上がりを見せるのか注目です!

慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部

続いては昨年度3位慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部です!

代表して現在4年生の中嶋快さんにインタビューしてみました!

-昨年のマガジン杯を振り返って良かった点を教えて下さい!

Aは3位、Bは9位、また全試合無失点という成績を残せたこと!

ABお互い応援し合って、最高の雰囲気で全員で戦えたことです!

 

-逆になにか反省点等はあったりしますか?

ほぼパーフェクトでした!

強いて言えば優勝したかったことぐらいです!

 

-それでは今年の意気込みについて聞かせてください! 

今年はリコタイから6チームほど出場するので、絶対に決勝はリコタイ同士で戦います!

 

-最後に!注目の選手を1人あげてください!

鶴我史弥です!

リコタイが誇るフィジカル系センターバックです!その可愛らしい見た目からは想像できないパワフルなプレーに大注目です!

今大会で初めてマガジン杯に参加する部員が多い理工学部体育会サッカー部ですが、気合は十分です!そんなリコタイのサッカーに大注目です!

 

いかがでしたでしょうか?今回はマガジン杯ベスト4の2チームにインタビューをしました!各チームの色、想いが伝わってきたのではないでしょうか?次回は優勝、準優勝の2チームへのインタビューです!

早稲田大学 HUMAN F.C.のチームページ 慶應義塾大学 理工学部体育会サッカー部のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.01

【美女マネvol.23】今回はフォトジェニックセミロングな美女マネ!!

  こんにちは!     最近の異常な暑さに、地球温暖化を改めて感じますね!     温厚な私でも、暑いとつ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.09.06

【マガハイ直前!】昨年度Best4サークルにインタビューvol2.

夏休みも後半戦に差し掛かってきたところではないでしょうか。どうもBeyond編集部です!いよいよ開幕を目前に控えた「第41回サッカーマガジンカップオープン大会2023(通称:マガハイ)」に向けて各サー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.24

今後のサッカーサークル界を牽引する11人を紹介!【後編】

【学年別ROUND 1年生 ベストイレブン】 今回は前回の記事で紹介しきれなかった残りの6人を紹介していきます! 日々の練習から試合のメンバー決めまで、学生たちで運営を行う大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.11.08

【新関東リーグ2020・1部第4節マッチハイライト】リーグ中盤戦。優勝争いの結果は?!

11月8日、新関東リーグ2020・1部第4節@鹿島ハイツ、矢田部Aグラウンドの速報がこちら。 ①中央大学フースバルクラブ VS 早稲田大学理工サッカー部 (以下:中央フースバル、早稲田理工) …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.05

【BMOM102】小竹直輝(2年=新潟明訓)決勝戦で1G1A!初優勝の立役者に!!

7/1(日)、埼玉スタジアム2002第4グラウンドにて、新関東カップ2018の決勝戦が行われ、早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が対戦。 後半…

read more 遠藤瞭介
コラム 2018.03.31

【BMOM91】川島優太(1年=東京ヴェルディユース) 慶應学内戦王者奪還に大いに貢献したJ下部育ちのファンタジスタ

3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、慶應義塾大学キッカーズFC(以下:キッカーズ)が、昨年度の慶應学内戦王者、慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)、に先制されたものの、後半中盤…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.28

【新歓記事2021】vol.4 慶應義塾大学サッカーサークル その2

    新歓記事vol.4では、vol.3に引き続き慶應義塾大学の3チームを紹介します! FC e.l.f ・チーム名 FC e.l.f. ・自…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.23

【美女マネ特集vol.6】第6回は同好会カテゴリー屈指のかわいい集団との呼び声も高いあのチームのマネ!

こんにちは!   今日は勤労感謝の日ですね。   年一回ペースで勤労を感謝されてもあまりしっくりこないですよね。   とりあえ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.02

第2回 マネージャーカレッジ開催!

  みなさんこんばんは! 10月になったはずなのにまだまだ暑い日が続きますね。。。 秋らしくなるのはいつ頃? . さて、前回ご好評いただいたマネージャーカレッジ? 第2回の開催が決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.11.20

【新関東リーグ2022・1部・5節マッチハイライト】終盤戦に向け、勢いをつけたのはどのチームだ!?

中央大学体同連フースバルvs早稲田理工サッカー部 前半は互いに譲らず0-0で終える。後半22分中央フースバル27番大久保廉(2年=新潟明訓)のロングフィードに抜け出した33番大塚信太朗(2年=座間)…

read more 大田智輝

-PICKUP CIRCLE-