【新関東カップ2022 ベスト4マッチハイライト】プライドをかけた戦い!決勝の舞台に立つのはどのチームか!?

杉本 竣平

第1試合早稲田稲穂vsFC立教

昨年度王者で2連覇を狙う早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と明治大学Groovy Kidsを下し快進撃を続ける立教大学FC立教(以下:F立)さいたまスタジアムでの決勝一番乗りをかけた試合は序盤から動き出す。
前半7分F立は4番神戸政宗(3年=帝京大可児)のセットプレーから0番久米陸斗(4年=川越西)が頭でうまく合わせ先制点を決める。
このままでは終われない早稲田稲穂はサイドを中心に猛攻を仕掛けるも、F立キャプテン2番上山直弥(3年=桐光学園)を中心とした固い守備で序盤の1点を守り抜き試合終了。F立が昨年度王者を下し決勝進出を決めた。

 

第2試合中央サカ同vs明治体同連

予選含めて3試合15得点と大会1の得点力で勝ち上がった中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)と昨年度準優勝の早稲田理工サッカー部を倒しベスト4へとコマを進めた明治大学体同連(以下:明治体同)の試合は序盤から球際が激しく白熱した展開となった。
前半15分中央サカ同は30番三輪大翔(2年=専修大松戸)が中盤で相手を一枚はがし前線の24番信岡光(2年=日大藤沢)へ絶妙なスルーパスを送るとファーへ落ち着いて流し込み中央サカ同が先制点をあげる。
さらに後半、相手DFのパスをカットした71番渡辺礼恩(3年=真岡)がそのままシュートをはなち貴重な追加点を得る。試合終盤には明治体同もセットプレーの流れから22番岡本和真(3年=明中八王子)が最後に押し込むもそのまま試合終了。中央サカ同が逃げ切り決勝戦へとコマを進めた。

 

以上の結果により中央大学サッカー同好会VS FC立教が7月2日にさいたまスタジアム第二グラウンドでの決勝を戦うこととなった。

Written by

杉本 竣平

sugimotosyunpei

Keywords

Recommend

コラム 2018.06.30

【BMOM101】小川潤之助(3年=杉並FC)同好会カテゴリーNo.1キーパー!?

6月30日、中央大学フースバルクラブ(:以下 中央フースバル)と日本大学法学部サッカー部(:以下日法サッカー部)が決勝への駒をかけて鹿島ハイツにて対決が行われた。 先に日法サッカー部8番(名前)…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.09.19

【特別企画】Jユース出身の私たちが大学サッカーサークルを選んだ理由[前編]

今回の記事は、高校時代にはJユースに所属していたが、大学ではサッカーサークルを選んだ早稲田大学HUMANFC(以下:ヒューマン)の3選手に迫ります。 大野友太郎(4年=ロアッソ熊本ユース)、鈴木…

read more 大田智輝
コラム 2017.06.26

【新関東カップ2017決勝】フォトギャラリー

重戦車23番小田島(3年=國學院久我山)は6番米澤(3年=早実)を突破することはできず。対する米澤は得点に絡む活躍で注目のマッチアップは明暗が分かれた。   22…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.31

【BMOM80】川田朋典(3年=高松北) 劇的スーパーゴールでチームを勝利に導く!

BMOMに輝いた。と言うよりは選ばざるを得なかった。 明治大学Groovy kids(以下明治グルービー)は1節で大敗を喫し、2節では先制しながらもPKにより追いつかれドロー。 そしてこの試合…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.02

【BMOM55】藤田和也(3年=暁星国際) フランス帰りの爽やかボーイが1G1Aの活躍で勝利に導く!

【新関東カップ2017 4回戦】鹿島ハイツ第2グラウンド 日大理工サッカー部 1-4 立教サッカー愛好会 MF藤田和也(3年=暁星国際) 新関東カップ2017 4回戦。日本大学理…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.02

【プレーヤーからマネージャーへ vol.1】フースバル編

今回から、BeYonDの新しいシリーズ企画として、サッカーサークルにおけるプレーヤーからマネージャーへの想いをテーマとした対談を記事にさせていただきました。 第一弾は、中央大学体同連フースバルク…

read more 松本 瑠風
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔
コラム 2021.09.14

【BeYonD History vol.4】頼れる前会長、小川雄矢

BeYonD History一年ぶりの復活です!! BeYonD History vol.1とBeYonD History vol.2、 BeYonD History vol.3もぜひ見てみて…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.04

【必見!】足つり予防の新しい提案!

夏も佳境を迎え、気づけば9月に突入してしまいました。コロナウイルスの影響からサークル活動がうまくやれない中、苦労しながらこの夏を過ごしたチームも少なくないのではないでしょうか。今後も練習などを行ってい…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-